「いつでもカエドキプログラム」を利用して端末を返却してみた

今回筆者は、2021年9月に「いつでもカエドキプログラム」に加入して購入したiPhone 13(128GB)をドコモに返却したので、その際の流れをご紹介しようと思います。

端末購入から12か月目に返却した結果・・・

2021年9月にドコモオンラインショップからiPhone 13(128GB)を購入した際、端末価格は111,672円でした。そして今回、端末の購入から12か月目に返却したところ、支払い不要額は62,040円。結果的に、iPhone 13の購入に支払った額は49,632円でした。

My docomoから端末の返却手続きをする

「いつでもカエドキプログラム」を利用して端末を返却するには、ドコモショップ(またはドコモ取り扱い店)に足を運び店頭で手続きをするか、My docomoから手続きをするかのどちらかになります。しかし、店頭での対応は、旧端末の返却と同時に、新たな端末の購入を伴うときに限られるため、単に端末を返却する場合は、My docomoから手続きするようにしてください。

My docomoにアクセスする

My docomoにアクセスする

My docomoにアクセスして、[お手続き]をタップします。

検索する

検索ボックスをタップして、「いつでも」と入力すると、検索候補に[いつでもカエドキプログラムご利用(郵送)]が表示されるので、これをタップします。

検索する

手続きページに進む

検索結果に表示された[いつでもカエドキプログラムご利用(郵送)]をタップして、[お手続きをする]をタップします。

手続きページに進む

必要事項を入力して手続きを完了する

手続きページが表示されます。当ページで、いつでもカエドキプログラム対象の機種名やプログラム加入日、送付キットの送付先住所を確認できるほか、申込書の電子交付を希望する場合のメールアドレスを入力します。また、同意が必要な注意事項なども表示されるので、同意して手続きを完了してください。

必要事項を入力して手続きを完了する

ドコモから送付キットが届く

送付キット

ドコモから届いた送付キット

「いつでもカエドキプログラムご利用(郵送)」の手続きが完了してから1週間ほどで、「本人限定受取郵便物到着のお知らせ」が届きました。返送用キットは本人限定受取郵便(特例型)で届くため、配達時に運転免許証などの本人確認書類の提示が求められます。

送付キットの中身

送付キットの中身

ドコモから届いた郵送物の中身は以下の通り。
・エアクッション付き袋
・封筒(レターパックライト)
・いつでもカエドキプログラム利用申込書
・いつでもカエドキプログラムお申込手順書

端末返却時の注意点

返却するのは端末本体のみ

返却する端末は、カバーやフィルムなどが付いている場合はすべて取り外したうえで、エアクッション付き袋に入れます。付属品などは一切必要ないので、端末以外のものは袋に入れないでください。

端末を初期化する

返却にあたり、端末内に保存された一切のデータを消去し、各種ロックの解除等(パスコードなど)を実施してください。

iPhoneの場合:ホーム画面から「設定」を開き、「一般」>「転送またはiPhoneをリセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップ。

利用申込書に必要事項を記入する

記入欄は人によって異なるようですが、筆者の場合、「職業欄」が空欄になっていたので記入しました。他にも、生年月日、機種名、製造番号(IMEI)が空欄になっていることがあるようなので、その際は記入してください。「お客様ご署名欄」は全員が必須です。

利用申込みの翌月末までに返送する

レターパックライトの表紙に「ご依頼主」の名前、住所、電話番号を記入の上、端末と利用申込書を同封して、利用申込みの翌月末までに返送してください(ポスト投函でもOK)。

関連記事

最新情報



上へ戻る