最高のスマートフォンiPhone 5を待つ理由

このクリスマス休暇にスマートフォンを買おうと考えている人は、アンドロイド信奉者でもないかぎり、来年2012年夏のアップルiPhone 5のリリースを待つべきだとの見解を、米国のInternational Business Timesが伝えています。

新たにデザインされた大きなスクリーンを備え、恐らく最高のスマートフォンになることが約束されているからです。故スティーブ・ジョブズ氏もきっと誇りに思う逸品となる模様です。

あるアナリストは、アップルiPhone 5は、ジョブズの息がかかった「永遠の古典」になるだろうと述べています。かつてジョブズは現場で部下たちと一緒に仕事をし、細かい指示を出すことを好みました。iPhone 5は、そんな彼の、最後の署名入りプロジェクトとなりそうです。待つ価値は十分にある良品とされています。これがリリースされる頃、他のスマートフォンの契約や支払いで身動きできないなんてことは避けるべきかもしれません。

アップルが来年夏にiPhone 5をリリースすれば、それはすぐに世界最高の人気抜群の商品となって、これまでのアップルのアイフォンの売上記録を全て更新するだろうと見られています。これは大袈裟な煽りではありません。ジョブズの直接的な関与を考慮すれば、ほぼ間違いのない事実となるでしょう。

4インチスクリーン

ノキアの幹部が最近、今どきの若者はアイフォンに「うんざり」していると述べたそうですが、とても正しい見解とは言えません。若者には、より良いものやより人気のあるものを貪欲に求める傾向があるだけです。これをiPhone 5が満たすことになるでしょう。まだアイフォンを持っていない人にとって、より大きな4インチサイズのスクリーン(現行は3.5インチ)は、実に魅力的な特徴に映ります。

現行のアイフォンのスクリーンは小さいため、キータッチが少しやりにくく、他のアンドロイドフォンの大きなスクリーンをもつ機種に対して不利となっています。アップルと言えば、エレガントで美しいシンプリシティーを特性としていますが、さらに大きなスクリーンを備えるとしても、メタリックな外装はきっと手の中にフィットすることでしょう。

確かに今現在、iPhone 4Sが発売中です。もし既に購入した人は、勿論、それはそれで良いことです。ある調査では、購入した人の中でも、来年夏のiPhone 5に移行したいと考えている人も多いとのこと。しかし、もし待てるのであれば(iPhone 4Sを買わず、アップルのアイフォン革命に未だ参加しないとすれば)、あと半年ほどの間、iPhone 5のリリースを待つことは、無意味ではありません。

新しく機能が向上する、音声アシスタント機能「Siri」

iPhone 4Sの最大の特徴は、音声アシスタント機能「Siri」でした。これに関しても、来年夏のiPhone 5ではさらにパワーアップした新たな機能が登場する模様で、署名入り音声アシスタント機能などが含まれるようです。 また、メモリー容量の増加は言うまでもなく、より長いバッテリー寿命も期待されています。それにしても、バッテリー寿命はアップルとアイフォンにとっては鬼門でしたが、iPhone 5は4GのLTE(高速新通信規格)との互換性を備えて「世界のテレフォン」を目指すと見られています。

A6 クオッドコアのプロセッサー

プロセッサーに関しては、iPhone 4Sはdual-core A5チップを備えておりますが、iPhone 5はquad-core A6チップを備えるとの見通しです。性能が強力なので、複数のアプリを同時にさくさくと使うことができるでしょう。最近、アップルがAnobit(イスラエルのフラッシュチップメーカー)を買収するという報道があり、さらにiPhone 5の性能アップに益するのではと囁かれています。

以上が、もし今スマートフォン購入を考えているにしても、この休暇シーズンは待った方がいいだろうというInternational Business Timesの見解です。iPhone 5は、ジョブズ自身が肝煎りで手がけたとされ、斬新なデザインになるというアナリストもおります。「iPhone 5は、完全なる再設計となる」と目されており、ジョブズ自身が自分の時間の全てを捧げた大型プロジェクトから生まれるとのことです。やはり、待つ価値はありそうですね。

関連記事

最新情報



上へ戻る