iPhoneの動作が遅いと感じた時にすべき5つのこと

iPhoneを長く使用していると、以前のようなキビキビした動きがなくなってくる場合があります。ここでは、そんなiPhoneのサクサク感を取り戻すための小技5つをご紹介します。米国のHuffington Postが伝えています。

1. 不要なアプリを削除する

iPhone上には、不要なアプリがたくさんのスペースを占めています。iPhoneの設定> 一般> 使用状況をチェックしましょう。どのアプリが最もスペースを多く占有しているか見ることができます。

要らないものがあれば、削除してしまいましょう。めったにやらないゲームがとんでもないスペースを食っていることがあります。さっさとゴミ箱に捨ててしまうことをおススメします!

2. PC同様の対応、ブラウザのキャッシュをクリアする

PCのブラウザのキャッシュをクリアするのが良いことはご存知でしょう。これはiPhoneでも同じ。iPhoneのブラウザの履歴、Cookie、データなどをクリアしましょう。設定> Safari(またはお使いのブラウザ)にて、「履歴を消去」および「Cookieとデータを消去」しましょう。

ここでもし文字がブルーならば、データのクリアが可能です。それを押すだけです。もし文字がグレーならば、データの消去が完了しており、消去すべきものは何もない状況です。

3. 古いメッセージを削除する

自分のiPhoneの使用状況を見た際、「メッセージ」アプリがたくさんのスペースを占めていることに気づいた人もいるかもしれません。特に写真およびビデオがスペースを食っていますが、ここではメッセージの削除方法を紹介します。

まず「メッセージ」アプリをタップして、テキストメッセージの会話画面に行きましょう。ここで削除したいテキストを長押しします。すると、「コピー」または「その他」のオプションが出ます。ここで「その他」を選び、下部にあるゴミ箱をタップすると、テキストをマニュアルで削除することができます。思い切って「すべて削除」をすることもできますよ!

4. 自動アプリのアップデートをオフにする

自動のアプリのアップデートはiOS 7の便利な機能ですが、バッテリー消費が大きく、データ量も結構あります。この自動アップデートをオフにし、Wi-Fiに接続されている時にマニュアルでアップデートすると良いでしょう。

まず設定画面下の方へスクロールダウンして、iTunes & App Storeをタップします。ここで自動ダウンロードにある項目すべてのボタンを左側にして、自動ダウンロードをオフします。

5. 位置情報サービスをオフにする

位置情報サービスをオフにしておくことは、スピード、バッテリー寿命、プライバシーという点で肝心です。あなたがどこにいるかという情報を使うアプリは多いですが、一般にあまり必要なものではありません。

設定> プライバシー> 位置情報サービスにて、すべてのアプリの位置情報サービスをオフすることができます。あるいは必要なものだけ残しておくこともできます。マップのようなアプリは言うまでもなく、位置情報があれば便利です。

しかしfacebookのようなアプリに、あなたの位置情報を知らせる必要はないはずです。位置情報が不要なアプリのそれはオフしておくようにしましょう。

関連記事

最新情報



上へ戻る