携帯3社、2月から「実質0円」撤廃 旧機種も値上げへ

産経ニュースによると、携帯大手3社は29日、総務省に対して携帯電話の実質販売価格が0円になる値引きを撤廃すると報告しました。各社とも行き過ぎた割引額を見直すため、iPhoneなどの端末代を1万円程度値上げする方針です。

ドコモの加藤社長は29日の決算発表で、「2月から実質0円の端末販売を慎む」と明言。割引を減額する対象については、「在庫となっている古い端末も含める」としたことから、最新のiPhone 6sのみならず、iPhone 6などの旧機種も2月から値上げするとみられます。

関連記事

最新情報



上へ戻る