20日のAppleイベントで発表が期待される新製品を予想

Appleはこのほど、現地時間4月20日午前10時(日本時間4月21日の午前2時)から「Spring Loaded.(春の祭典)」と題したスペシャルイベントを開催すると発表しました。2021年初のオンラインイベントとなる今回、一体どんな「スペシャル」が飛び出すのでしょうか。

iPad Pro

さてこの春、新モデルの登場に最も期待がかかるのはiPadシリーズです。中でも今回のイベントで特に注目を集めているのは最上位機種のiPad Proといえるでしょう。

次期iPad Proは現行のディスプレイと同じ12.9インチと11インチの2種類とみられています。5Gネットワークに対応しているほか、接続にはThunderbolt/USB 4ポートを搭載。またチップには現行(Apple A12Z Bionic)のパフォーマンスを大きく上回り、かつApple M1チップ(MacBook Air、MacBook Pro、Mac miniに搭載)にも匹敵するほどの高い処理能力をもつApple A14X Bionicが採用される見込みです。これによってカメラなど全体の性能が一段とアップすること請け合いです。

一方、12.9インチモデルにのみ搭載される可能性として、高精細で美しい画面や省電力を実現する新技術「ミニLEDディスプレイ」の内蔵が挙げられています。

iPad mini

iPad miniのリニューアルを期待している人も多いことでしょう。第6世代となる次期iPad miniについては2021年に発売との噂があるほか、ディスプレイが7.9インチから8.4インチへと大きくなり、.その分ベゼルが薄くなると伝えられています。昨年のiPad Air 4やiPad Proのような大幅なデザインの刷新は望めないようですが、上下の幅広のベゼルにホームボタンとTouch IDを残した、従来の良さが引き継がれたデザインとなっているようです。

2019年3月以降モデルチェンジのないiPad miniですが、新モデルでは従来のApple A12 BionicからA13または A14チップへのアップグレードをはじめ、数々の進化や新機能、高速化などが期待できそうです。

AirPods

昨年に引き続き今年も、新モデルが登場するのではないかと報じられているAirPodsシリーズ。予想では「AirPods(第3世代)」、AirPods Proに似た、ノイズキャンセリング機能非搭載の「AirPods Pro Lite(仮称)」、スポーツに適したヘッドホン「AirPods X(仮称)」などが挙げられています。

中でも第3世代モデルの発売が有力視されるなか、Appleの情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏のように、発表は年内の見通しだが、今春以降となる可能性が高いとの見方を示す人もいます。

AirTag

AirTag

image - MacRumors

発売が囁かれて久しいAppleのスマートタグ「AirTag(仮称)」ですが、今回のイベントを機に改めて、間もなく発表との注目を集めているようです。

AirTagとは、カバンや鍵、財布など身の回りの物や貴重品に取り付けて、探し物のありかを突き止める小さなタグです。これらの物をうっかり失くした場合に、iPhoneやiPadなどAppleデバイスの「探す」アプリと連携させて、その位置を特定することができます。

AirTagには、Bluetooth(オフライン時の追跡)に加え、超広帯域のU1チップも搭載されている模様。これにより超高精度な位置検出が期待できるほか、電波が届かないような場所に置き忘れた場合でも、例えばiPhoneユーザーのネットワークを使って遠く離れたAirTagを探し出すことができます。 ただし、iPad Proのように今回リリースがほぼ確定と予想されている一部の製品とは違い、AirTagの発表については、やはりまだまだ未確定の要素が多いようです。

さて一方、先日アップデートされた「探す」アプリでは、同ネットワークを使って新たにChipoloの紛失防止タグやVanMoofのe-バイク、Belkinのワイヤレスイヤホンといった他社製アイテムの追跡が可能になりました。

Mac

Appleが、これまでMacに搭載してきたIntel製チップを今後、段階的に自社製のApple シリコンに移行していくことはすでに周知となっており、完了には約2年を要すると伝えられています(2020年6月時点)。

年内には初のApple シリコン搭載モデルが発表されるものと期待されるなか、予想ではiMacシリーズとMacBook Proがその対象になるのではないかとみられています。同時にMacBook Proは、16インチモデルはそのままに、13インチモデルはディスプレイが14.1インチに変更されるとの噂もあるようです。

発売の具体的な時期については定かではないものの、MacBook Proは2021年下半期になる可能性も予測されています。iMacシリーズについてはそれより早い時期、もしかしたら今回のイベントで発表されるのではないかと考えられていますが、一方で、毎年6月に恒例のWWDCまで引き延ばされるとの見方もあるようです。

ところでAppleはこのほど、一部の21.5インチiMacモデル とiMac Proの販売を正式に終了し、これらの製品は公式サイトから姿を消しました。理由は不明ですが、今後の新バージョンのリリースと何かしら関係があるのかもしれません。

Apple TV

2017年9月以降、長らく後継モデルの発表がないApple TV。こちらもAirTag同様、たびたび新モデルの投入が噂されてきました。年内には新製品が発表されるとの報道もありますが、それが今回のイベントなのか、依然として詳細は不明のままです。

米9to5Macによると、最新のApple TVの映像出力は4K/120Hzにまで対応しているとのこと。滑らかで美しい映像が期待されます。また米Bloombergは、「探す」アプリに対応したリモコンが同梱される可能性があると伝えています。

関連記事

最新情報



上へ戻る