携帯3社、解約後もキャリアメールの利用が可能に

NTTドコモとKDDIは12月15日、キャリアメールについて、回線契約を解除しても、引き続き同じメールアドレスを利用できる有料サービスを開始すると発表しました。ドコモは12月16日から、KDDIは12月20日から開始し、ソフトバンクも年内に開始する見通しです。

ドコモメール持ち運び

ドコモは「ドコモメール持ち運び」サービスを12月16日から開始します。月額料金は1メールアドレスあたり330円。回線解約後31日以内に申し込むか、ahamoへプラン変更する場合は、ahamoへのプラン変更と同時に申し込むと、ドコモメール(@docomo.ne.jp)を引き続き利用できます。申し込み受け付けはドコモショップとウェブ(My docomo、ahamoサイト)から。

【公式】ドコモメール持ち運び

auメール持ち運び

KDDIは「auメール持ち運び」サービスを12月20日から開始します。月額料金はドコモと同じ1メールアドレスあたり330円。auを解約後31日以内に専用サイトから申し込むことで、UQ mobileやpovo、他社に乗り換え後もauのメールアドレス(@au.com/@ezweb.ne.jp)を継続して利用できます。

【公式】auメール持ち運び

関連記事

最新情報



上へ戻る