iPhone 12、デュアルSIMの5G対応は年後半のアップデートで可能に

アップル初の5G対応機種となったiPhone 12の4つのモデル。しかし、発売当初はeSIMを用いたデュアルSIMモードを使用する場合、どちらのSIMにおいても5G通信はできないようです。

iPhone12

アップルの従業員とみられる人物はこのほど、「iPhoneの5Gについて知っておくべきこと」と題されたアップルの内部資料を、英語圏のウェブ掲示板Redditに投稿しました。それによると、デュアルSIMモードでは、どちらの回線も5G通信は非対応で、4G通信しかできないとのこと。ただし、eSIMのみを使えば、5G通信は可能と記されています。

米MacRumorsは、この内部資料を本物だとしたうえで、米通信会社のVerizonから入手した内部資料に、以下の説明を見つけた伝えています。

「アップルは年後半に予定しているiOSのアップデートで、デュアルSIMの5G通信を可能にする。それまでの間eSIMユーザーは、物理的なSIMカードをiPhone 12またはiPhone 12 Proから取り外したうえで、5G通信をしなければならない」

国内携帯キャリアのeSIM対応状況

SIMカードとeSIMの2回線を1つのスマホに設定できるのがeSIMです。プライベートと仕事で別の電話番号を使用したい場合や、携帯キャリアと格安SIMの両方を使いたい場合などに活用できます。

しかし、国内でiPhone向けにeSIMプランを提供する携帯キャリアは、iPhone 12を発売できなかった楽天モバイルしかないのが現状です。いずれ、国内でもeSIMは普及するでしょうが、現在のドコモ、au、ソフトバンクの3強体制が続く限り、それはゆっくりとしか実現しないのではないでしょうか。

関連記事

最新情報



上へ戻る