TeachMe iPhone  >   iPhone  >   標準アプリ  >  写真

写真やビデオの削除・復元方法

写真アプリでは、写真やビデオを削除すると「最近削除した項目」に一時保存されるため、30日以内なら復元することができます。

「写真」アプリの操作方法・機能 一覧


写真やビデオを削除・復元する

写真やビデオを削除する

不要な写真やビデオを削除してみましょう。写真やビデオを表示し、ゴミ箱ボタン> 【写真を削除】(または【ビデオを削除】)をタップします。

写真を復元

削除した写真を復元する

アルバム

削除した写真とビデオは、30日後に完全に削除されます。30日以内であれば、削除を取り消すことが可能です。

削除した写真とビデオは、《アルバム》の【最近削除した項目】の中に保管されます。

※この機能が有効になるのは、デバイスに保存されている写真やビデオのみで、フォトストリームの写真などには適用されません。

【アルバム】>【最近削除した項目】の順にタップして開いてみましょう。

最近削除した項目

サムネイルの下に、完全に削除されるまでの日数が表示されています。

復元したい写真やビデオをタップしてください。

右下の【復元】をタップして、【写真を復元】を選択すると、削除が取り消されます。

写真を復元

写真を完全に削除する

《最近削除した項目》の中の写真やビデオは、30日後には自動で完全に削除されますが、30日以内に手動で削除することも可能です。左下の【削除】をタップして、【写真を削除】を選択すれば、写真はデバイスから削除されます。※完全に削除すると、復元できなくなります。

写真を削除

まとめて削除・復元する

特定の写真のみではなく、《最近削除した項目》内のすべての写真やビデオを削除・復元するには、右上の【選択】をタップして、【すべて削除】または【すべて復元】をタップしてください。

写真を削除

関連記事

標準アプリ

TeachMe iPhone メニュー



上へ戻る