TeachMe iPhone  >   iPhone  >   iCloud

iCloudバックアップとiPhoneの復元方法

iPhoneのバックアップを取る方法は2つあります。1つは、Cloud上にバックアップを取るiCloudバックアップ。これは設定さえすれば、1日1回自動で行われます。主要なコンテンツはバックアップされますが、すべてというわけではありません。

もう1つは、iTunesにバックアップを取る方法です。iPhoneをパソコンにつなげる必要がありますが、より確実にバックアップを取りたいときは、iTunesにバックアップを取ることをおすすめします。

iTunesでiPhoneのバックアップをとる


iCloudバックアップ

iCloudバックアップの対象データ

・アプリのデータ

・Apple Watchのバックアップ

・デバイスの設定

・ホーム画面とAppの配置

・iMessage、テキスト (SMS)、MMS メッセージ

・iPhone、iPad、iPod touch 上の写真とビデオ

・Appleサービスからの購入履歴 (音楽、映画、テレビ番組、App、ブックなど)

・着信音

・Visual Voicemail のパスワード (バックアップ時に使っていた SIM カードが必要)

iCloudは5GBまでの容量を無料で利用できます。容量が足りない場合は、iPhoneの設定アプリからストレージプランを変更してください。料金プランは50GB(月130円)、200GB(月400円)、2TB(月1,300円)の3つです。

※ [設定] > [ユーザー名] > [iCloud] > [ストレージを管理] > [ストレージプランを変更]

「設定」をタップする

設定を開く

ホーム画面の[設定]をタップします。

自分の名前をタップする

ユーザー名をタップ

設定から、自分の名前をタップします。

「iCloud」をタップする

icloudをタップ

次に[iCloud]をタップします。

「iCloudバックアップ」をタップする

icloudバックアップをタップ

iCloudの機能一覧が表示されるので[iCloudバックアップ]をタップします。

「iCloudバックアップ」をオンにする

icloudバックアップをオンにする

[iCloudバックアップ]のスイッチがオフになっている場合はオン(緑色)にします。

iCloudバックアップは、以下の3つの条件がそろったときに自動で1日に1回iCloudにバックアップされます。

・iPhoneがWi-Fiに接続されている
・iPhoneがロックされている(スリープ状態)
・iPhoneが電源に接続されている

iCloudバックアップをオンにすると、iTunes経由の自動バックアップはオフになる

「iCloudバックアップ」をオンにすると、iPhoneをパソコンに接続した際に自動で行われる、iTunes 経由のバックアップがオフになります。

iCloudバックアップとiTunesの自動バックアップを併用することはできないので、通常はiCloudバックアップを使い、定期的にiTunesで手動でバックアップを取るという方法がいいかもしれません。

今すぐバックアップを作成する

[今すぐバックアップを作成]をタップすると、その場でバックアップ作業が開始されます。Wi-Fi環境が必須ですが、電源に接続する必要はありません。

今すぐバックアップを作成

バックアップが完了する

バックアップ完了

「バックアップを作成中」の表示が消え、前回のバックアップの時間が表示されると、バックアップは完了です。

iPhoneを初期化する

iPhoneを使っていて不具合に見舞われたら、まずは、電源を入れなおしてみましょう。画面がフリーズして、通常の電源を落とす操作を受け付けない場合は、強制再起動を試みます。それでも問題が解決しない場合は、最終手段として、iPhoneを初期化します。


強制再起動の方法

iPhone 8以降
音量を上げるボタンを押してすぐに放し、音量を下げるボタンを押してすぐに放します。電源ボタンをAppleのロゴが表示されるまで押し続けます。

iPhone 7、iPhone 7 Plus
上部のボタンと音量を下げるボタンを同時に押し、Apple ロゴが表示されるまでそのまま押し続けます。

iPhone 6s以前
ホームボタンと上部のボタンを同時に押し、Apple ロゴが表示されるまでそのまま押し続けます。

リセットを呼び出す

ホーム画面から[設定]を開き、[一般]> [リセット]の順にタップします。

リセットを呼び出す

「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップする

すべてのコンテンツと設定を消去

iPhoneを初期化するために[すべてのコンテンツと設定を消去]をタップします。

すべての設定をリセット
すべての設定をリセット

[すべての設定をリセット]を選択すると、メールやWi-Fiなどの設定情報はリセットされますが、データ(メール・メッセージの中身、写真、アプリ等)は残ります。

消去前のバックアップ確認

消去前にバックアップ

消去する前に、バックアップを取るかの確認画面が表示されます。すでにバックアップがとってある場合は、[今すぐ消去]をタップします。

「バックアップしてから消去」をタップすると、すぐにバックアップが始まります。

パスコードを入力する

パスコードを入力

パスコードを設定している場合は、パスコード入力画面が表示されるので、設定しているパスコードを入力します。

「iPhoneを消去」をタップする

iPhoneを消去

消去するかの確認画面が2回表示されるので、どちらも[iPhoneを消去]をタップします。すぐに初期化が始まります。

eSIMをお使いの場合
eSimの場合

eSIMを使用している場合は、モバイル通信プランを残して消去するかどうかの確認画面が表示されます。eSIMを残したまま消去する場合は、[モバイル通信プランを残してすべてを消去]をタップします。「すべてを消去」をタップすると、eSIMも消去されます。

iCloudバックアップから復元する

iPhoneの初期化が終わりiPhoneが再起動したら、iCloudからデータを復元しましょう。

iPhoneを設定する

アクティベート

iPhoneの初期化が終わりiPhoneが再起動したら、言語や国、Wi-Fiなどを設定する画面が表示されるので、設定を進めていきます。詳しい設定方法は以下の記事を参考にしてみて下さい。
iPhoneのアクティベーションと初期設定

クイックスタート

クイックスタート

iOS 12.4以降を搭載した別のiPhoneをお持ちの場合は、簡単に設定を移行することができるクイックスタートが使用可能です。クイックスタートについてはこちらの記事を参考にしてください。
クイックスタートの使い方とデータ移行方法

iCloudバックアップから復元する

iCloudバックアップから復元

設定を進めていくと、「Appとデータ」という画面が出てくるので、[iCloudバックアップから復元]をタップします。

iCloudサインイン

iCloudサインイン

iCloudで使用しているApple IDパスワードを入力して、[次へ]をタップします。

確認コードを入力する

確認コード

Apple ID確認コード入力画面が表示されます。信頼している電話番号または同じApple IDでサインインしている端末に確認コードが送られるので、確認コードを入力します。

利用規約に同意する

利用規約に同意

利用規約が表示されるので[同意する]をタップします。

バックアップを選択

バックアップを選択

iCloudに保存されているバックアップの一覧が、デバイスの名前とバックアップを取った日付とともに表示されるので、復元するバックアップをタップします。

iPhoneのバックアップのほか、iPadなどその他のデバイスのバックアップから選択することもできます。

バックアップから設定

バックアップから設定

続けて、位置情報サービスやSiri、iPhone解析の設定をする画面が表示されるので設定を進めていきます。詳しくは以下の記事を参考にしてみて下さい。
iPhoneのアクティベーションと初期設定

復元に使用したバックアップの内容によっては、画像のような「バックアップから設定」画面が表示され、バックアップから設定を復元することもできます。画像の場合は[続ける]をタップすると、位置情報サービスとiPhone解析の設定がそのまま引き継がれます。

iCloudから復元

iCloudから復元

設定が全て終わると、iCloudバックアップから復元が始まります。

Appとメディアの復元

アプリインストール中

設定の復元が完了してホーム画面が表示されると、アプリのインストールが始まります。すべてのアプリのインストールが終了したら、iCloudからの復元は完了です。

PCに保存したバックアップから復元する

PCに保存したバックアップから復元する方法や、iTunesにバックアップを取る方法は、iTunesでiPhoneをバックアップするページをご覧ください。

関連記事

iCloud

TeachMe iPhone メニュー



上へ戻る