ボイスメモ

iPhoneの簡易録音機能です。メールやMSMで送信もできます。ちょっとしたメモ代わりに上手に活用しましょう。


ボイスメモの録音

【ボイスメモ】をタップ

ホーム画面

iPhoneホーム画面の【ボイスメモ】をタップします。

初期画面

初期画面

【録音タイトル】・・・タップすると、これから録音する音源のファイル名をあらかじめ編集できます。

【録音ボタン】・・・タップすると、録音が開始されます。

【完了ボタン】・・・タップすると、録音一覧モードに移行します。

【最後の録音】・・・タップすると、最後に録った録音データが選択された状態で録音一覧モードに入ります。


録音中画面

初期画面もしくは録音一覧画面で【録音ボタン】をタップすると、録音が開始されて録音画面になります。

録音中画面

【一時停止】・・・【録音ボタン】を録音中にタップすると録音が一時停止され、再度タップすると再開されます。アイコンが「停止ボタン」みたいに見えますが、あくまでも一時停止です。一時停止の状態でアプリをシャットダウンしたりするとデータが保存されないので要注意です。

【完了】・・・録音中もしくは一時停止中にタップすると、録音が停止されて【保存画面】に入ります。


保存画面

保存画面

録音のタイトルを入力し、【OK】をタップすれば保存完了です。

ボイスメモの再生

ボイスメモ一覧画面を表示させる

初期画面で【完了】もしくは最後の録音項目をタップするか、録音を終えるかすると、これまでの録音一覧が表示された画面に入ります。

メモ一覧

【編集】をタップすると、録音の削除や名前の変更が楽にできる編集モードに入ります。

【スピーカー】アイコンをタップすると、ヘッドホンを挿していてもスピーカーから再生音が出力されるようになります。ヘッドホンを挿していない状態でオンにすると、音量がより大きくなります。

【録音ボタン】をタップすれば、この画面からも録音を開始できます。

【録音データ】のいずれかタップすると、再生、共有、編集(トリミング)、削除を選択できるメニュー画面に入ります。

任意の録音データを選択

任意の録音データをタップすると、再生、共有、編集(トリミング)、削除が選択できるメニューが開きます。

個別選択

【再生】・・・タップすると、録音が再生されます。もう一度タップすると一時停止です。

【共有】・・・タップすると、メッセージもしくはメールに録音データを添付して送ることができます。

【編集】・・・タップすると、再生と「トリミング」ができます(後の項目参照)。

【ゴミ箱】・・・アイコンをタップすると、その録音を削除できます。


録音データの削除

一覧画面で【編集】

データ一覧画面で【編集】をタップすると、画面左端に【赤いボタン】が出てきます。

削除画面

削除を実行

削除したいデータの左の【赤いボタン】をタップし、右に出てくる【削除ボタン】をタップすれば削除完了です。

削除画面2

ボイスメモをトリミング

トリミング機能を使えば、音源の始めや終わりの不要な部分をカットできます。

個別データの編集画面へ

任意のデータを個別選択した状態で【編集】をタップして編集モードに入ります。

トリミング1

トリミングモードへ

編集画面右手にある【青い線で出来たアイコン】をタップすると、トリミングモードに入ります。

トリミング2

トリミングする

左右両端に見える赤い線を内側に向けてドラッグすることで、始めと終わりの不要な部分をカットできます。ちょくちょく再生しながら微調整し、バッチリな位置を指定しましょう。

トリミング3

トリミングしたデータを保存

【トリミング】をタップすると、保存方法を聞かれます。

【新規録音として保存】・・・トリミング後のデータが「〜のコピー」として作成され、オリジナルはそのまま残ります。基本、こちらを選ぶと良いでしょう。

【オリジナルをトリミング】・・・こちらを選んだ場合、削った部分は二度と復元できないのでよくよく注意しましょう。

トリミング4

関連記事

iPhoneの使い方 - メニュー