TeachMe iPhone  >   iPhone  >   標準機能

コピー・ペースト・カット方法

iPhoneでは、文字編集の際に「コピー・ペースト・カット」をすることができます。もちろん、タッチ操作だけで全てこなせますが、「メール」や「メモ」などの文字編集が可能なアプリでの操作方法と、「Safari」のウェブページなど、文字編集ができないアプリでの操作方法は若干異なります。

文字入力系アプリを起動する

メモを起動

iPhoneで文字編集を必要とするアプリは色々ありますが、今回は「メモ」アプリを利用して説明します。ホーム画面の[メモ]をタップします。

カーソルの移動

「コピー・ペースト・カット」の説明の前に、入力した文字を削除したり訂正したりするときにカーソルを移動する必要があります。カーソルを移動させる方法は3つあります。

画面をタップする
カーソルを移動させたい場所を1回タップするだけでも、カーソルはその場所に移動します。しかし、狙ったところにピンポイントでカーソルを移動させるのは難しい場合があります。

画面を長押しする

カーソル移動

画面を長押しすると、長押ししている指のすぐ上にカーソルが拡大表示されます。そのまま任意の場所までカーソルを動かします。こちらの方法の方が、確実に狙った場所にカーソル移動ができます。

トラックパッド機能を使用する
トラックパッド機能を使用することで、簡単にカーソルを移動させ、そのまま範囲選択をすることもできます。詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

トラックパッド機能、カーソル移動や選択が超ラクになる!

3D Touch非対応のiPhone/iPadでもトラックパッド機能が利用可能に

カーソルは文字編集可能な画面のみ使える

カーソルは文字編集が可能な画面でのみ使えます。受け取ったメール画面やウェブサイトでは使用できません。

コピー&ペースト、カット

編集メニューが表示される

選択、すべてを選択、ペースト

カーソルがある位置をもう一度タップすると、「選択|すべてを選択|ペースト」の編集メニューが表示されます。

範囲を選択する

[すべてを選択]をタップすると、編集可能な文字が全て選択されます。

すべてを選択

[選択]をタップすると、iPhoneが自動で選択エリアを判断します。

選択

選択範囲を変更することも可能です。文字が選択された状態で、選択範囲の前後にある丸がついたカーソルをドラッグすると、上下左右に範囲を広げることができます。

選択範囲を変更する
ダブルタップして範囲選択

選択したい場所をダブルタップすることでも、単語が選択されます。選択範囲の前後にある丸がついたカーソルをドラッグすることで、選択範囲の変更も可能です。

ダブルタップする

ただし、ウェブページなど、文字を編集できないような場面では、画面長押しでないと範囲選択の状態になりません。

コピー&ペースト

コピー

選択範囲が確定したら、その上に表示されている編集メニューの[コピー]をタップします。

次に、ペーストしたい場所で(今回は「メール」アプリを起動)、画面をタップすると表示される編集メニューの[ペースト]をタップします。これで文章がペーストされました。

ペースト
カット&ペースト

カット&ペーストも同様にできます。コピー&ペーストとの違いは、元の文章が消えてしまうことだけです。

ウェブページ(サファリ)の場合

サファリのウェブページなど、文字の編集が不可能な画面でも、コピーすることはできます。

画面長押しでコピー範囲指定

画面を長押しすると、単語が選択されます。選択範囲の前後にある丸がついたカーソルをドラッグすることで、選択範囲の変更も可能です。表示される編集メニューの[コピー]をタップでコピーできます。

長押しで範囲選択

コピーされた文字データはiPhoneのクリップボードに保存されるので、アプリ間を越えてペーストすることが可能です。

まずは画面長押し

この「カット・コピー・ペースト」の機能は、その他多くの文字情報を扱うアプリで利用することが可能です。コピーしてみたいなと思ったら、まずその部分を長押ししてみることです。

関連記事

標準機能

TeachMe iPhone メニュー



上へ戻る