TeachMe iPhone  >   iPhone  >   iPhone 小技

AirDropの使い方と設定方法

AirDropを使えば、近くにいるiPhone・iPadユーザーと写真、ビデオ、メモ、書類などを簡単に共有することができます。

AirDropを設定する

AirDropを使用する際には、次の条件を満たす必要があります。

・送る側と受け取る側がBluetoothとWi-Fiの通信範囲内にいる。

・送る側と受け取る側がBluetoothとWi-Fiをオンにする。

・受け取る側がAirdropの受信設定を「連絡先のみ」または「すべての人」に設定する。

そのうえで、以下の手順で設定します。

コントロールセンターを呼び出す

iPhoneの画面右上から下に向かってスワイプし、コントロールセンターを呼び出します。コントロールセンターの左上にあるWi-FiやBluetoothが表示されている部分を長押しします。

コントロールセンター
iPhone SE・iPhone 8以前の機種の場合
下から上にスワイプ

iPhone SEまたはiPhone 8以前の機種の場合は、画面の下から上に向かってスワイプしてコントロールセンターを呼び出します。

AirDropの受信設定をする

AirDropをタップし、AirDropの受信相手を設定します。[連絡先のみ]を選択すると、iCloudで同期されている「連絡先」のみから受信します。※「連絡先のみ」に設定する場合は、iCloudへのサインインが必要です。[すべての人]を選択すると、近くにいるiPhone・iPadユーザー全員から受信が可能になります。※受信可能になるだけで、実際に受信するかどうかは自分で選択できます。

AirDropをタップ

設定完了

設定が完了すると、Wi-FiBluetoothオンになります。AirDropの下には、設定した受信相手(連絡先のみまたはすべての人)が表示されています。

設定完了

AirDropを使う

送る側・受け取る側がともに設定できたら、AirDropで共有してみましょう。ここでは、現在見ているウェブサイトを相手に送ってみます。

共有メニューのAirDropをタップする

safariの画面下部にある共有ボタンをタップし、表示されるメニューのAirDropを選択します。

共有ボタン

共有ボタンをタップ

共有相手をタップ

共有可能な相手が表示されるので、共有する相手をタップします。

「デバイス」の欄には、同じApple IDでログインしているデバイスが表示されます。
「その他の人」の欄には、それ以外のデバイスが表示されます。

写真は複数送信できる
写真

「カメラロール」の写真を共有する場合、他の写真をタップで選択すると、複数の写真を一回で送信できます。

相手側に許可を求める

相手側には、左下図のように「辞退/受け入れる」のボタンが表示されます。相手が[受け入れる]を選択すると、データが読み込まれます。

※送る側と受け取る側が同じApple IDでログインしているデバイスの場合、「辞退/受け入れる」の選択肢は表示されず、自動的にデータが読み込まれます。

相手側の画面

相手が受け入れた場合は[送信済み]、辞退した場合は[辞退]と表示されるので、受け取ったかどうかがわかります。

受け入れ・辞退の表示
AirDropで共有できるもの
マップ

AirDropで共有できるものは、共有ボタンが表示されるものすべてです。左図のように「マップ」アプリにも共有ボタンが出てきますし、ワード・エクセル等の書類系ファイルも共有できます。

共有できない場合

相手のアイコンをタップしても「待機中...」と表示されたまま、いつまで経っても相手側にAirDropの通知が行かない場合があります。そういう時は、相手のアイコンをタップしてAirDropを一度中断し、再度開始すると簡単に共有できたりします。また、相手側のデバイスがスリープ状態の場合、AirDropはできません。

共有画面

関連記事

iPhone 小技

TeachMe iPhone メニュー



上へ戻る