TeachMe iPhone  >   iPhone  >   カメラ

ポートレートモードの使い方

ポートレートモードはiPhone 11シリーズ(11 / 11 Pro / 11 Pro Max)、Xシリーズ(X / XS / XS Max / XR)、iPhone 8 Plus / 7 Plusに搭載されている複数のカメラレンズを活用し、背景をぼかした写真を撮ることができる機能です。

写真

左:ポートレートモード、右:写真モード

ポートレート(肖像写真)は基本的に人物を撮るためのものだと思いますが、上の写真のように、人物以外でもいい感じの写真になります。被写体を際立たせたいときに使えそうです。

ポートレートの撮影方法

ポートレート

ポートレートの撮影方法は簡単。撮影モードを[ポートレート]に切り替えるだけ。画面に黄色で[被写界深度エフェクト]と表示さているとき、背景ボケ効果が有効です。

カメラの基本操作

ポートレートに照明効果を追加する
iPhone X / 8 Plus

iPhone 11シリーズ、iPhone Xシリーズ、iPhone 8 Plusには、ポートレートモードに5種類の照明効果を加えることができる「ポートレート照明」が搭載されています。

ポートレート照明については、以下の記事で詳しく解説しています。

ポートレート照明の使い方

ポートレートのボケ効果を調整する
深度コントロールスライダ

iPhone 11シリーズとiPhone Xシリーズでは、ポートレートで撮影する写真のぼかし具合を調整することが可能です。

ポートレート写真のぼかし効果を調整する「深度コントロール」の使い方

撮影時の注意点

被写体に近すぎたり、遠すぎたり、明るさが足りなかったりすると、画面上部に「離れてください」「被写体を2.5メートル以内に配置してください」などの指示が表示され、「被写界深度エフェクト」が白黒で表示されます。この状態で撮影しても通常の写真になるので、指示に従い、「被写界深度エフェクト」の表示が黄色になってから、撮影するようにしてください。

ポートレート撮影

通常の写真に変換する

ポートレートモードで撮影した写真は、写真アプリから背景ボケのない通常の写真に戻すことができます。

編集画面を開く

「ポートレート」アルバムを開く

アルバム

写真アプリの[アルバム]を開き、[ポートレート]をタップします。この「ポートレート」フォルダは、ポートレートモードで写真を撮影すると自動で作成されます。

写真を選択する

写真を選択する

編集する写真を選択します。

編集画面に切り替える
右上の[編集]をタップして、編集画面に切り替えます。

編集画面

ポートレートモードを解除する

黄色の[ポートレート]をタップすると、ポートレートモードが解除され、背景ボケがない通常の写真に戻ります。変更を保存する場合は、右下のチェックマークをタップしてください。

ポートレートモードを解除する

関連記事

標準アプリ

TeachMe iPhone メニュー



上へ戻る