音楽やYoutube動画をタイマーで自動停止させる方法

iPhoneで音楽を聴きながら眠りにつくという方は多いと思いますが、朝まで再生されっぱなしだったり、途中で音楽が邪魔に感じてきて、消してしまいたい....、でも眠い....。なんてことはよくあることです。しかし、iPhoneには設定した時間に音楽を自動停止する機能が備わっています。「ミュージック」アプリの他に、Youtubeやniconico動画アプリでも使えます。

タイマーを起動する

iPhoneのホーム画面から【時計】アプリを起動させ、画面下の【タイマー】をタップします。

タイマー
コントロールセンターから起動する
コントロールセンター

コントロールセンターから【タイマー】ボタンをタップすると、一発でタイマー画面に移動します。

タイマーを設定する

タイマーの設定

《時間》と《分》のホイールを上下に回してタイマーを設定します。設定時間の最大は23時間59分です。

【タイマー終了時】をタップする

タイマー終了時

タイマーが切れた際の動作を設定するために、【タイマー終了時】をタップします。

【再生停止】を選択する

再生停止

通常通りにタイマーを使う場合は、ここでアラーム音の選択を行います。タイマーが設定時間を迎えた際は、そのアラーム音が鳴ります。

しかし、音楽を設定時間に停止させる場合は、画面を一番下までスクロールさせ、【再生停止】を選択します。

最後に【設定】をタップ。

カウントダウンを開始する

カウントダウン

《タイマー》画面に戻り、設定は完了です。【開始】をタップすると、カウントダウンが始まります。

あとは、「ミュージック」で音楽をかけたり、Youtubeやniconico動画アプリなどで動画を再生しましょう。バッテリを食うので、iPhoneをスリープ状態にしておくのもいいですね。時間が来れば、自動停止します。

※音楽をかけたあとに、カウントダウンを開始しても問題なく停止します。

Siriを使って設定する
Siri

タイマーの設定には、Siriを使うこともできます。

「タイマーを20分に設定してください」などと話しかければOKです。

ただし、Siriを使う場合は、あらかじめ「タイマー終了時」の設定で「再生停止」を選択しておく必要があります。

関連記事

iPhone 小技

TeachMe iPhone メニュー



上へ戻る