ソフトバンク、「半額サポート+」発表 端末半額 他社ユーザーも利用可

ソフトバンクは9日、機種代金が最大で半額になるプログラム「半額サポート+」を9月13日から開始すると発表しました。既存の「半額サポート」と異なり、ソフトバンク回線を契約していないユーザーでも利用できるのが大きな特徴です。

半額サポート+は、対象機種を48回払いで購入し、25カ月目以降に指定機種を購入した場合、残債が免除されるプログラムです。旧機種はソフトバンクが回収するため、査定条件を満たすことも残債免除の条件となります。プログラム利用料は390円 x 24カ月。10月に施行される改正電気通信事業法の制限を回避するため、他社ユーザーでも利用することが可能です。半額サポート+の提供開始日は2019年9月13日。他社ユーザー向けは2019年9月26日となります。

なお、半額サポート+で購入した端末は、SIMロックがかかります。他社ユーザーが購入しても、購入日から100日はSIMロック解除ができないため、同期間はソフトバンクまたはソフトバンク回線を用いた格安SIMしか使えないので、注意が必要です。

【公式】半額サポート+

関連記事

最新情報



上へ戻る