ソフトバンクのiPhone13が届いた後の開通手続きと初期設定

iPhoneが同梱している箱

ソフトバンクオンラインショップで購入した新型iPhone 13が自宅に届いたら、まずなにをすればよいのか?郵送物を開封し、iPhone 13を取り出し電源を入れるだけでは、電話もネットも使えません。

iPhone 13を使い始めるには、少なくともiPhoneをアクティベートして、いくつかの手順を踏む必要があります。とはいえ、これまでスマホを使ったことがある人なら誰にでもできることですし、煩雑な作業があるわけでもありません。iPhone 13をソフトバンクショップに持っていけば店員さんがやってくれると思いますが、わざわざお店に出向くほうが手間がかかります。数分で終わることなので、自分でやってしまいましょう。

同梱物を確認する

同梱物

以下は、筆者がiPhone SE(第2世代)から機種変更でiPhone 13 Proを申し込んだ際に同梱していたものです。

1. iPhone本体と付属品が入った箱

2. 説明書(新しい機種への切り替え方法)

3. 納品書

MNPや新規で申し込みをした方にはSIMカードも同梱します。また、機種変更の場合も、SIMカードが同梱する場合があります。機種変更でSIMカードが同梱していなかった場合は、これまで使用してきたSIMカードがiPhone 13でも使えます。

iPhone本体が入った箱の中身を確認する

iPhone 13の同梱物

iPhone 13 Pro

iPhone 13 Proの付属物は以下の通り。

1. iPhone本体

2. SIMトレイ取り外しピン、Appleロゴのシール、説明書が入ったケース

3. Lightning(USBケーブル)

iPhone 12シリーズ以降、それまでiPhoneを購入したら必ず付属していたEarPods(イヤホン)と電源アダプタが付属しなくなりました。

高速充電をするには?

アップルはiPhoneを約30分で最大50%充電することを「高速充電」と定義付けており、iPhone 8以降の機種は高速充電に対応しています。iPhone 11までは、18Wの電源アダプタを使用すれば、高速充電が可能でした。

しかし、iPhone 12は、高速充電をするのに20Wの電源アダプタが必要です。iPhone 13の高速充電に必要なワット数は今のところ不明ですが、そのうちApple公式サイトで案内されると思います。なお、電源アダプタの価格は5Wでも18Wでも20Wでもすべて2,200円です。

※SIMトレイ取り外しピンは、説明書やAppleロゴのシールとともに小さな白いケースに収納されています。

ピン

SIMカードの取り付け

SIMカードが同梱している方は、台紙から切り離してSIMカードをiPhone 13に挿入します。SIMカードが同梱していない方は、旧機種で使っていたSIMカードを取り出し、iPhone 13に乗せ換えてください。

【公式】USIMカードの取り付け

SIMカードを台紙から切り離します。SIMカードを指で押し込むと、簡単に外れます。

SIMカードを切り離す

昨年、iPhone 12をMNPで申し込みをした際に届いたSIMカード

iPhone 13とiPhone 12のSIMトレイは、本体の左側面の下にあります(iPhone 11は右側面)。穴が開いている部分にピンをぐっと突き刺すと、SIMトレイが外れます。

SIMトレイ

iPhone 13やiPhone 12の場合、金色のICチップ部分を上にしてSIMカードをトレイに乗せます。iPhoneの機種によっては、ICチップを下向きにしてトレイに乗せるものもあります。

SIMカード

SIMトレイにSIMカードを乗せたら、SIMトレイをiPhone本体に差し込みます。ピンは必要ないので、指でぐっと押し込むようにしてください。

開通(切り替え)手続き

ソフトバンク公式サイトの「商品到着後の設定・開通手続き方法」を見る限り、開通手続きが必要なのは、SIMカードが同梱している機種変更の方とMNPでソフトバンクに転入する方です。iPhoneの旧機種からiPhone 13に機種変更するほとんどの方は、既存のSIMカードをiPhone 13でも使えるため、開通手続きは不要なはずです。

さて、ソフトバクの開通手続きは、ウェブサイトまたは電話で行います。

ウェブサイトから切り替え手続きをする

ソフトバンクオンラインショップにアクセスして切り替え手続きを行います。手続きの受付時間は9時から20時30分まで(年中無休)。

オンライン切替ページを選択する

オンラインショップ

公式オンラインショップの商品到着後の設定・開通手続き方法にアクセスします。切替ページは機種変更とMNPで異なるので、[機種変更はこちら]または[のりかえ(MNP)はこちら]を選択します。

必要項目を入力する

必要事項

入力項目はMNPと機種変更で異なります。

MNP

お申し込み受付番号(16桁の半角英数字)
※本申し込み完了後のメールに記載されています。

生年月日

Eメールアドレス
※本申し込みの際に登録したメールアドレス。

以上の項目を入力したら[手続きを進める]タップしてください。

機種変更

機種変更の場合、My SoftBankをお持ちの方は[My SoftBankアカウントで進む]をタップ。お持ちでない方は以下の項目を入力してください。

ご契約者名

電話番号/データ通信契約番号

生年月日

暗証番号

入力したら[お客さま情報で進む]をタップしてください。

確認画面

メニュー

確認画面が表示されるので、[OK]をタップします。

手続き完了

メニュー

以上で切り替え手続きは完了です。しばらくすると、開通(切替)が完了したことを知らせる「お手続き完了」というメールが届きます。

電話から切り替え手続きをする

以下の番号に電話をかけて、切り替え手続きを行います。

0800-100-2555(自動音声通話)

受付時間は9時~20時30分(年中無休)。手続きには、携帯電話番号と4桁の暗証番号が必要です。

【公式】電話機切り替え手続き(機種変更・のりかえ(MNP)の方)

iPhoneのアクティベートと初期設定

新しいiPhoneは、電源を入れただけではネットも電話も使えません。iPhoneのアクティベートと初期設定を先にする必要があります。

iPhoneのアクティベートと初期設定

iPhoneの初期設定が終わったら、画面右上に電波の強度を示すアイコンが表示されているかを確認しましょう。まだ表示されない場合、しばらくしてからiPhoneの電源を切り、再起動してみてください。なお、5Gの通信エリアは大都市の中心部に限られるため、「5G」の表示が出なくても、「4G」と表示されれば問題ありません。

開通

ソフトバンクメールや留守電など、ソフトバンク固有のサービスの設定方法については、以下の記事を参考にしてください。

ソフトバンクの設定・操作方法

関連記事

最新情報



上へ戻る