ソフトバンクの「トクするサポート+」を解説 iPhone13購入時に加入すべき?

ソフトバンクの「トクするサポート+」は、iPhoneやiPadなどの高額な機種を実質半額で購入できるサービスです。ソフトバンク契約者はもちろんのこと、ソフトバンクの回線契約がない方でも加入できるため、ワイモバイルやLINEMOユーザーにもおススメです。

トクするサポート+の概要

トクするサポート+

「トクするサポート+」は、iPhoneやiPadなどの対象機種を48回払いで購入し、25カ月目以降に機種変更すると、最大24回分の支払いが免除されるサービスです。高価なスマホを実質半額で購入できるため、ソフトバンクユーザーの多くが利用するサービスです。

【公式】トクするサポート+

加入条件

「トクするサポート+」の加入条件はただ一つ。対象機種を48回払いで購入することです。対象機種については、公式オンラインショップで販売しているすべてのスマホとタブレットが対象です。もちろん、最新のiPhoneやiPadも含まれます。

利用条件

24回分の支払いが免除されるには、いくつかの条件を満たさなければなりません。

・端末購入月から25カ月目に新しい機種を購入すること。

・旧機種をソフトバンクに返却すること。

・返却した旧機種が査定基準を満たしていること。

・ソフトバンクへの支払いが滞納していないこと。

機種変更は13カ月目から可能だが...

トクするサポート+の「1年買い替えオプション」を行使すれば、端末購入月から13カ月目以降に機種変更が可能になります。ただし、この場合においても、48回の分割払いのうち24回分の支払いについては、引き続き支払う必要があります。つまり、13カ月目に機種変更しても、その後1年間は旧機種の支払い義務が生じるため、その期間は旧機種と新機種の両方の支払いをする必要があるということです。

25カ月目に機種変更するのが一番オトク

トクするサポート+の特典は、48回払いのうち最大24回分の支払いが免除されることです。この特典を享受するには、25カ月目に機種変更する必要があります。26カ月目以降に機種変更することもできますが、機種変更するタイミングが遅れれば遅れるほど、残債免除の回数は減っていきます。

25カ月目に機種変更 - 24回分の支払い免除
26カ月目に機種変更 - 23回分の支払い免除
27カ月目に機種変更 - 22回分の支払い免除
....

加入すべきか迷っているなら加入すべき

トクするサポート+の加入は、機種の購入時に行います。その時点で、2年後にソフトバクの新機種を購入するかどうかを決められないこともあるかと思います。もし迷ったら、迷うことなくトクするサポート+に加入すべきです。

というのも、トクするサポート+に加入したからといって、将来的に必ず機種変更しなければならないわけではありません。機種変更せず、3年も4年も使い続けたとしても、ペナルティは一切ありません。ただ、残債の免除額が減っていき、4年間経つと完済してしまうので、免除額がゼロになるというだけのことです。

途中でソフトバンクを解約しても問題なし

じつは、トクするサポート+の加入条件に、ソフトバンクの回線契約の有無は含まれていません。つまり、トクするサポート+に加入後、途中でソフトバンクを解約しても問題ないですし、そもそも、初めからソフトバンクの契約が無くてもトクするサポート+に加入できます。

他社の回線契約でソフトバンクからiPhone 13を買う

昨今、ワイモバイルやUQモバイル、そしてLINEMO、ahamo、povoなど、格安料金プランが人気を博しています。通信キャリアの料金プランと比べると、まさに格安なので、多くの方が乗り換えたはずです。

しかし、ワイモバイルとUQモバイルはiPhoneの最新モデルである12と12 miniを2021年になってから発売したものの、LINEMO、ahamo、povoについては、最新モデルの取り扱いはありません。LINEMOとpovoにいたっては、スマホの販売すらしていません。

これらの格安ブランドを利用している方が、最新のiPhone 13を手に入れるにはどうすればいいのか?最も手っ取り早いのはApple Sotreから購入することですが、割引がないので、定価で購入することになります。

そこでひとつの選択肢になりうるのが、トクするサポート+の活用です。ソフトバンクからiPhone 13のみを購入する場合、公式オンラインショップでは手続きができないため、実店舗に足を運ぶ必要がありますが、ソフトバンクの回線契約無しで購入できます。48回払いを選択すれば、トクするサポート+にも加入できます。そして、iPhone 13の購入後25カ月目にソフトバンクから新機種を購入し、iPhone 13を返却すれば、24回分の支払いは免除されます。新機種購入時も、ソフトバンクの回線契約は必要ありません。

買取業者に下取りに出すという手も..

もっとも、Apple StoreからiPhone 13を定価で購入して、次に機種変更する際に、イオシスやツタヤなどでiPhone 13を買取りしてもらう手もあります。金銭面でどちらがお得かは端末の状態によるので、なんとも言えません。もし、キズひとつない状態の美品ならば、買取業者に出すほうが得するかもしれません。

ただ、例えば2年間iPhoneを使用したら、いくらケースとフィルムでがっちりと保護したとしても、どこかにキズがつくはずなので、それを考慮すると、トクするサポート+のほうがお得かもしれません。トクするサポート+では、電源が入らない、本体が破損している、液晶表示が異常など、査定基準を満たさない場合、端末の回収に加えて22,000円の支払いが必要になります。しかし、多少のキズが付いているくらいのことが、査定に影響することはありません。

ちなみに、今から2年前に発売されたiPhone 11を例に取ると、ソフトバンクの当時の販売価格は128GBが95,040円です。これを、トクするサポート+の前身で当時「半額サポート」と呼ばれていたサービスに加入して購入し、25カ月目に機種変更すると、iPhone 11 128GBの支払額は半額の47,520円になります。では、現在、イオシスの同モデルの買取価格がいくらかと調べてみると、51,000円~39,000円だそうです。キズひとつない美品の状態で51,000円です。

2年間iPhone 11を使用し、それなりにキズ等が付いていることを考えると、トクするサポート+を活用するほうがお得かもしれません。

【公式】トクするサポート+

関連記事

最新情報



上へ戻る