iTunesでiPhoneのバックアップをとる

iTunesでは、iPhoneなどのiOSデバイスをバックアップする機能が備わっています。iPhone本体でもiCloudを利用したバックアップが可能ですが、iTunesではそれに加えてPCにデータを保存しておくことができます。

iPhoneをバックアップする

デバイス管理画面にアクセスする

iTunesにiPhoneを接続し、画面左上にあるデバイスボタンをクリックします。

デバイス管理画面にアクセス

概要を選択する

デバイス管理画面が表示されるので、左のメニューから【概要】をクリックします(※初期状態で選ばれています)。

デバイス管理画面が表示

今すぐバックアップ

「バックアップ」の欄にある【今すぐバックアップ】をクリックすると、すぐにPCにiPhoneのデータがバックアップされます。

PCにバックアップする

自動的にバックアップ

iPhoneをPCに接続した際、自動的にPCにバックアップをするには、「自動的にバックアップ」の項目にある【このコンピュータ】にチェックを入れます。次回以降、iPhoneをPCに接続したときに自動でバックアップされるようになります。

PCにバックアップする
iCloudバックアップとiTunesの自動バックアップは併用できない

iTunesの自動バックアップを有効にするには、iPhoneの設定でiCloudバックアップをオフにする必要があります。iCloudバックアップがオンのまま【このコンピュータ】にチェックを入れても、iTunesの自動バックアップはされません。

iCloudバックアップとiPhoneの復元方法

バックアップデータを暗号化する

PCに保存するバックアップデータは暗号化することができます。このオプションを選択すると、iPhoneに保存されているパスワードなどのデータもバックアップされるようになります。

「自動的にバックアップ」の項目にある【このコンピュータ】にチェックを入れると同時に、【iPhoneのバックアップを暗号化】にもチェックを入れておきます。

バックアップデータを暗号化する

サブウインドウが表示されるので、【パスワード】を入力し最後に【パスワードを設定】をクリックしてください。

パスワードを設定

iCloudにバックアップする

iCloudバックアップの設定は、iPhoneの【設定 】>【iCloud】>【バックアップ】でiCloudバックアップをオンにします。iTunesの画面で【iCloud】にチェックを入れても、iPhone本体でオフになっていたら、iCloudバックアップは有効にはなりません。

iCloudバックアップとiPhoneの復元方法

iCloudバックアップをオンにした場合でも、【今すぐバックアップ】をクリックすることでPCにもバックアップをすることができます(自動でバックアップされないだけで、手動で可能)。

iCloudにバックアップする
iCloudとPCのバックアップの使い分け

iCloudでバックアップをする利点は、PCに接続することなく手軽に行える点にあります。デバイスをPCに接続する機会が少ない人にも便利な機能といえます。iCloudは5GBまでなら無料で利用でき、月額100円で+20GB、月額400円で+200GB、月額1,200円で+500GB、月額2,400で+1TBまでと容量を増やすことも可能です。

iCloudで保存されるデータは、カメラロール内の写真とビデオ、デバイス設定、アプリのデータ、ホーム画面とアプリの配置、iMessage、テキスト(SMS)やMMSメッセージ、着信音、Visual Voicemailです。購入したコンテンツそのものは保存されず、購入した情報のみが保存されます。ちなみに、iTunes Storeで購入したものではない映画や音楽はiCloudのバックアップ対象外となります。

iCloudのアカウントがなかったりサーバにデータを保存しておきたくないという人は、PCにバックアップにとっておくことをオススメします。また、写真のデータ等が1GB以上もあるときなどは、PCでバックアップするほうが短時間で済みます。

PCでバックアップを行う場合も、iPhoneなどのデバイスと同期される映画や音楽、Podcastやアプリ(本体やキャッシュ以外のデータや設定等は保存されます)などはバックアップされません。

iCloud側で大容量のデータはバックアップしないようにしておき、iTunesで手動でPCにバックアップをとるようにするのもいいでしょう。

デバイス環境設定で確認

PCにバックアップしたデータの確認をする

ショートカットの[Ctrl] + [,]キー(マッキントッシュの場合は[command] + [,]キー)を押して環境設定画面を開き、上部タブから【デバイス】をクリックします。

デバイスのバックアップの中に表示されているものが、このPCに保存されているバックアップのデータです。暗号化したバックアップデータには鍵マークが付きます。

PCにバックアップしたデータの確認をする

PCにバックアップしたデータの削除

すでに手元に無いデバイスのバックアップや、不要になったバックアップデータを削除することもできます。

まず、削除したいバックアップデータを選択し【バックアップを削除】をクリックします。

PCにバックアップしたデータの削除

続けて【削除】をクリックしてください。

削除をクリック

バックアップから復元する

PCに保存したバックアップから復元する

デバイス管理画面の自動的にバックアップの項目内にある【バックアップを復元...】をクリックします。

iCloudにバックアップする
バックアップを復元する前に

PCにバックアップしたデータから復元する前に、あらかじめiPhoneの【設定】>【iCloud】にある【iPhoneを探す】をオフにしておく必要があります。

iPhoneを探すの使い方

バックアップを選択して復元

バックアップが複数ある場合は、iPhoneの名前から復元したいデータを選択し、【復元】をクリックします。

バックアップを選択して復元

バックアップの復元が完了

バックアップからの復元が完了するとサブウインドウが表示されます。

バックアップの復元が完了

関連記事

iPhoneとの連携



上へ戻る