TeachMe iPhone  >   iPhone  >   基本設定

iPhoneのアクティベーションと初期設定

iPhoneを購入または初期化後、電源を入れても、そのままではiPhoneを使用することはできません。すべての機能を使うには、アクティベーションと初期設定を行う必要があります。

初期設定で行う項目は後からでも変更可能です。初期設定で(自分に必要かどうか)よくわからない項目があればスキップして、iPhoneの操作に慣れてきたころに、再度設定を見直すとよいでしょう。

ちなみに、初期設定方法にキャリアによる違いはありません。ソフトバンク、ドコモ、auともに同じ設定となります。

SIMカードがないとアクティベーションできない

アクティベーション(有効化)をするには、iPhoneにSIMカードが入っていないといけません。まだ挿入していない方は、以下の記事を参考にSIMカードを取り付けてください。

ソフトバンクのiPhoneが届いた後の切り替え(開通)手続きと初期設定

ドコモのiPhoneが届いた後の設定方法と開通手続き

auのiPhoneが届いた後の設定方法と回線切り替え

iPhoneの電源を入れる

まず、iPhone側面にあるサイドボタン(またはスリープボタン)を長押しして、iPhoneを起動させます。

サイドボタン

上にスワイプして開く

言語

iPhoneが起動すると、各国の言語で「こんにちわ」と表示されます。画面を上にスワイプして初期設定に進みましょう。

ホームボタンのあるiPhoneの場合は、ホームボタンを押してください。

音声が聞こえたら
言語

iPhoneを起動した際、画面内容が自動で読み上げられる場合があります。これはVoice Overと呼ばれ、画面を見ることなくiPhoneの操作を可能にする機能です。主に視覚障害を持つ方向けのものです。

Voice Overをオフにするには、ホームボタンを3回押してください。

言語

言語

任意の言語を選択します。

※後で設定を変える場合
[設定] > [一般] > [言語と地域] > [iPhoneの使用言語]

国または地域を選択

国または地域

iPhoneを使用する国または地域を選択します。この設定により日付、時刻などの形式が決まります。

※後で設定を変える場合
[設定] > [一般] > [言語と地域] > [地域]

クイックスタート

クイックスタート

iOS 11以降を搭載した別のiPhoneやiPadをお持ちの場合、その端末を近づけるだけで、設定やデータを移行できる「クイックスタート」を使うことができます。

機種変更時に便利!クイックスタートの使い方とデータ移行方法

ここでは[手動で設定]を選択して次に進みます。

キーボード

キーボード

iPhoneで使用するキーボードを選択し、[次へ]をタップします。

※後で設定を変える場合
[設定] > [一般] > [キーボード] > [キーボード]

キーボードの設定

Wi-Fiネットワークを選択

Wi-Fiネットワークを選択してパスワードを入力後、[接続]をタップします。Wi-Fiネットワーク(またはキャリアのデータ通信)を使用できない場合は、画面左下の[iTunesに接続]をタップして設定を進めます。

Wi-Fi

※後で設定を変える場合
[設定] > [Wi-Fi]

Wi-Fiの設定方法

アクティベート

アクティベート

Wi-Fiに接続されたらiPhoneのアクティベートが開始されます。数十秒から数分で次の画面に自動で切り替わり、画面左上のステータスバーにキャリアのロゴが表示されるようになります。

Touch ID

指紋認証機能「Touch ID」の設定を行います。ホームボタンに指を乗せると、指紋のスキャンが始まります。ここでは、[Touch IDを後で設定]をタップして次に進みます。

Touch ID

※後で設定する場合
[設定] > [Touch IDとパスコード] > [指紋を追加]

Touch IDの設定

パスコードを作成

パスコードはTouch IDと同じく、iPhoneのセキュリティ保護と利便性を高めるための機能です。Touch IDを設定した場合、パスコードの作成は必須となります。6桁の数字を入力するか[パスコードオプション]をタップして、他のコードでパスコードを作成してください。

ここでは[パスコードを追加しない]を選択して次に進みます。

パスコード

※後で設定を変える場合
[設定] > [Touch IDとパスコード] > [パスコードをオンにする]

パスコードの設定方法


Appとデータ

Appとデータ

すでにApple IDをお持ちでバックアップを取ってある方は、[iCloudバックアップから復元]又は[iTunesバックアップから復元]を選択してください。

はじめての方は、[新しいiPhoneとして設定]または[Androidからデータを移行]を選択してください。

iCloudの設定方法

iPhoneのバックアップと復元方法

iTunesバックアップと復元方法

Apple ID

Apple IDをお持ちの方はここでサインインします。お持ちでない方は[Apple IDをお持ちでないか忘れた場合]をタップして[無料のApple IDを作成]するか、もしくはiPhoneの設定が終わってから改めて作成します。いずれにしても、今後iPhoneを使う上でApple IDは必ず必要となってくるので、早い段階で作成するようにしましょう。

ここでは、["設定"で後で設定]をタップして次の操作に移ります。

Apple ID

※後で作成する場合
[設定] > [iTunes StoreとApp Store] > [Apple IDを新規作成]

クレジットカードなしでApple IDを作る方法


使用規約

使用規約

使用規約に目を通し[同意する]をタップします。

エクスプレス設定

使用規約

エクスプレス設定で[続ける]を選択すると、位置情報サービスなど、いくつかの設定を省略することができます。ここでは、[設定をカスタマイズする]を選択して、個別に設定をしていきます。

位置情報サービス

位置情報サービス

位置情報サービスは、「マップ」や「iPhoneを探す」などのアプリを使うときに必要です。他のアプリでも何かと必要になってくるので、[位置情報サービスをオンにする]をタップします。

※後で設定を変える場合
[設定] > [プライバシー] > [位置情報サービス]

Siri

siri

Siriを使用すると、iPhoneを音声で操作できるようになります。ここでは、[Siriを後で設定する]を選択して次に進みます。[Siriを設定]を選択される方は、画面の指示に従いiPhoneに話しかけてください。

Hey Siriの設定と活用方法

※後で設定を変える場合
[設定] > [Siriと検索] > ["Hey Siri"を聞き取る]

Siriの使い方

iPhone解析

診断

アップルのサービス向上のため、お使いのiPhoneの使用状況データをアップルに送信します。通常は、[送信しない]でよいかと思います。

True Toneディスプレイ

使用規約

True Toneディスプレイは、異なる環境でも色が一貫して表示されるように、iPhoneが自動的に調整する機能です。[True Toneなしを試す]を長押しして、違いを見ることができます。

[続ける]をタップします。

※Ture Toneをオフにする場合
[設定] > [画面表示と明るさ] > [True Tone]

新しいホームボタンの紹介

ホームボタン

iPhone 7と8ではホームボタンが感圧タッチ式になっています。ホームボタンを押すと押した感触はありますが、ボタンが物理的に押し込まれるわけではありません。

圧力を検知してTaptic Engineで反応を返しているのです。「新しいホームボタンの紹介」で[開始]をタップすると、ホームボタンを押したときの"感触"の強弱を3段階で調整することができます。

ここでは、["設定"で後でカスタマイズ]を選択して、次に進みます。

※ 後で設定する場合
[設定] > [一般] > [ホームボタン]

ホームボタンの振動を調整する

拡大表示

iPhone XS Max / 8 / 7 / 6s / 6をお使いの方は、ディスプレイの解像度を「標準」または「拡大」に設定することができます。iPhone 8 / 7 / 6s / 6で[拡大]を選択すると、4インチ画面のiPhone 5や5s、SEと同じ表示領域になります。iPhone 8 Plus / 7 Plus / 6s Plus / 6 Plusで[拡大]を選択すると、iPhone 8 / 7 / 6s /6と表示領域が同じになります(iPhone XS MaxはXSと同じに)。

[表示サイズを選択]をタップして、[標準]または[拡大]を選択し、[次へ]をタップしてください。

拡大表示

※後で設定を変える場合
[設定] > [画面表示と明るさ] > [表示]

画面表示の拡大設定


ようこそiPhoneへ

ようこそiPhoneへ

さあ、はじめよう♪♪

ホーム画面

ホーム画面

これが今後、毎日見ることになるiPhoneのホーム画面です。

ホーム画面の説明と操作方法はこちらのページを参照してください。

関連記事

基本設定

TeachMe iPhone メニュー



上へ戻る