楽天モバイル、機種変更時のeSIMの再設定方法

楽天モバイルのeSIMを利用しているユーザーが機種変更する場合、新しい端末でeSIMを再設定する必要があります。今回、筆者はiPhone 12の購入を機に、iPhone SE(第2世代)で利用していたeSIMをiPhone 12で再設定したので、その手順をご紹介します。

eSIMの再発行手数料は無料

楽天モバイルは2020年10月12日から、これまで3,000円かかったeSIMとSIMカードの交換・再発行手数料を無料にしました。11月からはさらに、各種手数料をすべてゼロ円にする取り組み「ZERO宣言」を発表し、MNP手数料や契約時の事務手数料なども無料化しました。

【公式】ZERO宣言

ということで楽天モバイルでは、毎月の利用料金が1年間無料になるだけでなく、機種変更時にeSIMの再設定をする際の費用も一切かかりません。

my楽天モバイルからeSIMを再発行する

新しいスマホにeSIMを再設定するには、まずはmy楽天モバイルにアクセスして、「SIM交換」の手続きを行います。

初めて楽天モバイルのeSIMを申し込む方は、以下の記事を参考に申し込みを進めてください。

iPhoneに楽天モバイルUN-LIMITのeSIMを設定する方法

my 楽天モバイルにアクセスする

楽天モバイル公式サイトにアクセスして、画面右上のメニューを開き、[my 楽天モバイル]をタップします。

my 楽天モバイルにアクセスする

ログインする

ログインする

楽天会員の[ユーザーID][パスワード]を入力して、[ログイン]をタップします。

「メニュー」を開く

メニュー

my楽天モバイルが開いたら、右上のメニューをタップします。

「契約プラン」を開く

メニューの中から[my 楽天モバイル]をタップして、[契約プラン]をタップします。

契約プラン

「各種手続き」から「SIM交換」を選択する

[各種手続き]をタップするとメニューが表示されるので、[SIM交換]をタップします。

SIMカード交換

「再度ダウンロード」を選択して「再発行」する

「SIM交換・再発行の理由」を選択します。機種変更の方は[再度ダウンロード]を選択して、[再発行する]をタップします。

再度ダウンロード

申し込み内容の確認

変更する

「申し込み内容の確認」が表示されます。問題なければ、[次へ進む]をタップします。

「申込番号」をタップする

変更する

以上で、SIMの再発行手続きが完了し、my楽天モバイルのトップページが表示されます。

続いて、eSIMを利用する端末でQRコードを読み取るために、パソコンや別の端末からmy楽天モバイルにアクセスして[申込番号]をタップします。「申込番号」はmy楽天モバイルのトップページに表示されています。

「準備中」のラベル

eSIM再発行の申し込みが完了すると、申込番号の横に「準備中」のラベルが表示されます。申し込みから30分くらい経つと、旧機種のiPhone SE(第2世代)で楽天モバイルの電波を受信しなくなりました。恐らくこの時点で、新機種のiPhone 12でQRコードを読み込めば、eSIMは利用可能になっていたのだと思います。

しかし、「準備中」のラベルに変化がなかったため、とりあえず待つことに。翌日になってもまだ「準備中」のままだったため、しびれを切らして、iPhone 12でQRコードを読み込んだところ、問題なくeSIMを利用できました。ということで、「準備中」のラベルに気を取られず、さっさとQRコードを読み込んでしまいましょう。

「開通手続きをする」をタップ

変更する

「お申し込み回線」の欄にある[開通手続きをする]をタップします。

QRコードが表示される

変更する

QRコードが表示されます。このコードを、eSIMを利用する端末で読み込んでください。

iPhoneでQRコードを読み込む方法と、eSIMの設定方法は、こちらの記事で解説しています。

【公式】楽天モバイル

関連記事

最新情報



上へ戻る