テザリング(インターネット共有)

テザリングとは、iPhoneをWi-Fiルーターのようなアクセスポイント(親機)として、タブレットやパソコン、ゲーム機など(子機)をインターネットに接続する機能です。外出先で、これらのデバイスでネットを使用したいときに大変便利な機能です。

親機であるiPhoneと子機の接続方法は、Wi-Fi / USB / Bluetoothの3通り。テザリングに対応する機種は、日本のキャリア版だと、iPhone 5 / 5s / 6 / 6 Plusとなります。

iOS 8の新機能 - テザリング機能が進化した「Instant Hotspot」

設定を呼び出す

ホーム画面

ホーム画面から【設定】をタップします。

インターネット共有を呼び出す

設定画面

続いて【インターネット共有】をタップ。

インターネット共有をオンにする

【インターネット共有】のスイッチをオンにします。iPhone側の設定は以上です。

インターネット共有設定
Wi-Fiをオフにしている場合
Wi-Fiオフ

iPhoneの設定でWi-Fiをオフにしている場合は、ポップアップ画面が表示されます。

Wi-Fiテザリングをする場合は、 ここでオンにします。

ネットワーク名とパスワードを確認する

Wi-Fiテザリングを行うには、Wi-Fiのネットワーク名パスワードが必要となるので、《インターネット共有》画面で確認してください。

ネットワークとパスワードの確認
パスワードを変更する

Wi-Fiのパスワードは、初期設定だとランダムの文字列になっていますが、これは変更可能です。【"Wi-Fi"のパスワード】をタップすると、編集可能な状態になるので、半角英数字で8文字以上のパスワードを入力し、最後に【完了】をタップしてください。

パスワードの変更
ネットワーク名を変更する

Wi-Fiのネットワーク名は、iPhoneのデバイス名と同一です。変更したい場合は、デバイス名を変更してください。

iPhoneの名前を変更する

iTunesでiPhoneの名前を変更する

インターネット共有を開始する

タブレットやパソコンなどの子機側のWi-Fi接続を見てみましょう。親機となるiPhoneのデバイス名がネットワーク一覧に表示されています。通常のWi-Fi接続のように、パスワードを入力してインターネット共有を開始します。

ネットワーク一覧

インターネット共有中

共有中画面

テザリング中は、親機であるiPhoneには、左図のように表示されます。この青い部分をタップすると、インターネット共有の設定画面にワンタップで飛びます。テザリングをオフにする場合は、設定アプリからオフにするより便利です。

ちなみに、同時にテザリングできるデバイスは5台までです。

iPhoneのWi-FiをオンにしてUSBテザリングをする場合

パソコンなどをUSB経由でテザリングすると、1台のみしかテザリングしていないのに、iPhoneの画面に「インターネット共有:2台接続中」と表示されることがあります。これは、USBテザリングとWi-Fiテザリングが同時に行われているためですので、iPhoneのWi-Fiをオフにしてください。

USBテザリング時にステータスバーにWi-Fiマークが表示される件

iPhoneがWi-Fiに接続されている状態で、Wi-FiテザリングまたはUSBテザリングを開始すると、iPhoneのステータスバーに表示されていたWi-Fiのマークは、4G(LTE)や3Gに切り替わります。しかし、USBテザリングの場合はここで、iPhoneの【設定】 > 【Wi-Fi】画面から再度Wi-Fiのネットワークを選択すると、ステータスバーにWi-Fiマークが表示されるようになります。

一見すると、iPhoneを介してWi-Fiのインターネットが子機と共有されているようで、キャリアのデータ通信を使わなくて 済むように思えます。

しかし、実際にはそのようなことはなく、キャリアのデータ通信は消費されています。

関連記事

iPhoneの使い方 - メニュー