【Apple Pay】複数登録したカードの中からメインカードを設定する

Apple Payでは、クレジットカードやSuica、プリペイドカードを最大8枚まで登録することができます。複数のカードを登録する場合、最初に登録したカードが「メインカード」として設定されますが、これは後から変更可能です。

メインカードはTouch IDに指を乗せ、iPhoneを読み込み端末にかざすだけで決済できるので、最も使用頻度の高いカードを設定しておくと便利です。

Walletからメインカードを変更する

Walletを起動する

Wallet

Walletを起動します。一番手前のカードが現在メインカードに設定されているものです。

メインカードを変更する

メインカードに設定したいカードを長押しすると、すっと上に浮き上がるので、そのまま最前列にドラッグします。

メインカードを変更する

メインカードが切り替わった

「"〇〇"がメインカードになりました」との表示が出るので【OK】をタップしてください。これで、メインカードが切り替わりました。

カード情報

設定アプリからメインカードを変更する

Apple Payの設定画面を呼び出す

設定

ホーム画面から【設定】を開き、【WalletとApple Pay】をタップします。

【メインカード】をタップする

メインカード

画面を下にスワイプして、《支払い設定》の欄の【メインカード】をタップします。

メインカードを変更する

メインカードに設定したいカードをタップしてチェックマークを付けます。

メインカード

完了ボタンなどはないので、これでメインカードが切り替わりました。

関連記事

iPhoneの使い方 - メニュー

PICK UP

iPhone 7 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone 6s 最新情報

iPhone 6s 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPad 最新情報

iPad 最新情報

Apple Watch 最新情報

Apple Watch 最新情報