フォトストリーム

iCloudのフォトストリーム機能を使えば、iPhoneで撮った写真を自動でPCや他のiOSデバイスに同期することができます。従来のように、写真を取り込むためにUSBケーブルでデバイス同士を繋げる必要はありません!


iPhoneでフォトストリームを使う

【自分のフォトストリーム】をオンにする

【設定】>【iCloud】>【写真】と開き、自分のフォトストリームオンにします。

iCloud画面

アルバムに「自分のフォトストリーム」フォルダが追加される

アルバム画面

【写真】アプリを開き、画面下の【アルバム】を選択すると、《自分のフォトストリーム》フォルダが追加されています。

今後、iPhoneで撮影した写真は《カメラロール》に保存された後、iCloudサーバーにアップロードされ、《自分のフォトストリーム》に写真が同期されます。

他のiOSデバイスやPCでも、同一Apple IDの元でフォトストリームをオンにしていれば、Wi-Fi接続時にiCloudを経由して写真がすべてのデバイスに自動でダウンロードされます。

iCloudに保存される期間

iCloudにアップロードされた写真は、iCloud サーバーに 30 日間のみ保存されます。但し、デバイスにダウンロードされた写真はそのまま残り、iOSデバイスの場合は1000枚まで、PCの場合は枚数に制限なく保存されます。

フォトストリームの写真をiPhoneに保存する

【選択】をタップ

自分のフォトストリーム

【自分のフォトストリーム】を開き、画面右上の【選択】をタップします。

写真を選択する

写真の選択

iPhoneに保存したい写真をタップで選択し、画面下の【追加】をタップします。

アルバムに追加

アルバム画面

アルバムをタップすると、保存されます。

※初めから用意されている「カメラロール」「パノラマ」「ビデオ」は選択できません。

カメラロールに保存する

フォトストリームの写真をカメラロールに保存する場合は、写真を選択して、画面左下の共有ボタンをタップすると、次の画面で【カメラロールに保存】できます。

カメラロールに保存
フォトストリームの写真を削除する
削除

写真を選択して、ゴミ箱をタップすると削除できます。フォトストリーム内の写真を削除すると、同期しているすべてのデバイスのフォトストリームから削除されます。

Windowsでフォトストリームを使う

Windowsでフォトストリームを使うには、iCloudコントロールパネルでフォトストリームをオンに設定する必要があります。
※iCloudコントロールパネルのインストール方法および設定方法は、iCloudの設定方法を参照してください。


iCloudフォト

フォトストリームには、エクスプローラーの「お気に入り」にある【iCloudフォト】および【ライブラリ】>【ピクチャ】>【iCloudフォト】からアクセスできます。

iCloudフォト

アップロード・・PCからiPhoneやその他のデバイスに写真を送りたいときは、このフォルダに入れておけば、自動で転送されます。

共有・・「共有フォトストリーム」をオンに設定している場合、共有フォトストリームの写真は、このフォルダに保存されます。

自分のフォトストリーム・・自分のフォトストリームの写真はこのフォルダに保存されます。

関連記事