TeachMe iPhone  >   iPhone  >   iCloud

iCloudタブ

iCloudタブは、iPhoneやiPadのSafariで見ているウェブサイトを、別のiPhoneやiPadでも、そのまま見ることができる機能です。

例えば、自宅のMacで、あるウェブサイトを見ていたとします。その後、外出中にiPhoneのSafariを起動すると、先ほどMacで見ていたウェブサイトを、そのまま見ることができるのです。iCloudタブは、Safariのタブを同期するので、ほかのデバイスに移っても、さっき見ていたウェブページをもう一度探し出す必要はありません。

※iCloudって何という方は、iCloudの概要をご覧下さい。


iCloud設定画面で、Safariをオンにする

iCloudタブ

ホーム画面から【設定】>【iCloud】の順にタップして、《iCloud》画面で、Safariオンにします。これで「iCloudタブ」が有効になりました。

iCloudタブを使いたい全てのデバイスでこの設定を行います。

Safariを開き、タブボタンをタップ

iCloudタブ

【Safari】を開き、画面右下のタブボタンをタップします。

画面を上にスワイプする

iCloudタブ

現在使っているSafariのタブが表示されますが、これを上にスワイプします。

iCloudタブが表示される

「iCloudタブ」が表示されます。他のデバイスのSafari上で、現在開かれているすべてのページタイトルが表示されます。各タイトルをタップすると、ページが開きます。

iCloudタブ
他のデバイスと同期させたくない時は?

他のデバイスとiCloudタブを共有したくない時は、プライベートブラウズ機能をオンにしましょう。

関連記事

iCloud

TeachMe iPhone メニュー



上へ戻る