iCloudの設定方法

iCloudは、iPhoneやiPad、iPod touchのみならず、Windows/Macからも使用できます。ここでは各デバイスの設定方法を説明します。


iPhoneの設定

【iCloud】画面を開く

設定画面

ホーム画面から【設定】>【iCloud】の順にタップします。

Apple IDとパスワードを入力

サインイン

Apple IDパスワードを入力し【サインイン】します。

Apple IDをお持ちで無い方は、画面下の【無料のApple IDを作成】をタップして、Apple IDを作成しましょう。

すでにiCloudを使用している場合

iPhone購入後又はiOS 7にアップデート後の初期設定時に【iCloudを使用】を選択した場合は、すでにApple IDとiCloudが結合済みになっていて、iCloudが使用可能な状態になっています。

サインイン

左図のように、アカウント欄にApple IDが表示されている場合は、iCloudが使用可能な状態にあります。

結合

結合

SafariのデータやリマインダーをiCloudに結合(同期)するかを尋ねられます。【結合しない】を選択しても、次の画面で同期項目を設定できます。

同期項目を選択する

同期項目

iCloudに同期する項目を【オン】にします。この画面で【オン】にした機能が自動的にiCloudに同期されます。

※画面下の【ストーレージとバックアップ】については、iCloudバックアップと復元方法をご参照下さい。

iCloud コントロールパネルの設定

iCloudはiCloudコントロールパネルを使い、Windows PCとも同期ができます。同期できる項目は、画像(フォトストリーム)、ブックマーク(IE、FireFox、Chrome)、Outlook 2007以降です。


iCloud コントロールパネルをインストールする

Windows PCをiCloudに同期させるためには、iCloudコントロールパネルをダウンロードしインストールする必要があります。アップル公式ホームページを開き、【ダウンロード】しましょう。
※Windows 7 または 8が必須。Vistaは不可。

コントロールパネル

iCloud コントロールパネルにサインインする

インストールが完了すると、iCloudコントロールパネルが起動します。Apple IDパスワードを入力し【サインイン】しましょう。

サインイン

同期する項目を設定する

同期する項目にチェックを入れ、最後に【適用】をクリックします。対応するOutlookがPCに入っている場合は、Outlookの項目も表示されます。

iCloudコントロールパネル
Macの場合

Macの場合は、「システム環境設定」に「iCloud」の項目が予め用意されているので、コントロールパネルをインストールする必要はありません。

ブックマーク

ブックマークの項目の【オプション】をクリックすると、同期するブックマークのブラウザを選択することができます。

ブックマークオプション

写真

写真の項目の【オプション】をクリックし、「iCloudフォトの場所」の項目の【変更】から、フォトストリームの写真が保存されるフォルダを変更することができます。

写真

※フォトストリームの使い方は、こちらのページを参照してください。


ウェブブラウザを使う -www.icloud.com-

iCloudにはPCのウェブブラウザからもアクセスできます。


www.icloud.comにアクセスする

www.icloud.comにアクセスし、Apple IDパスワードを入力してサインインします。

サインイン

メイン画面

ウェブブラウザから使用できるiCloudサービスは、メール、連絡先、カレンダー、メモ、リマインダー、iPhoneを探す。そして、beta版として英語表記のみですがPagesなども使用できます。

メイン画面

iCloud

iPhoneの使い方 - メニュー

PICK UP 記事