iCloudの設定方法

iCloudは、iPhoneやiPadなどのiOS端末に限らず、Windows PCやMacでも使用できます。ここでは各端末の設定方法を説明します。

iCloudってなに?iCloudで使用できる機能とサービス


iPhoneでiCloudを設定する

設定を呼び出す

設定画面

ホーム画面から【設定】を開き、【iCloud】をタップします。

Apple IDとパスワードを入力

サインイン

Apple IDパスワードを入力し【サインイン】します。

Apple IDをお持ちでない方は、画面下の【Apple IDを新規作成】をタップして、Apple IDを作成してください。

すでにiCloudを使用している場合
iCloudアカウントが有効

iPhone購入後のアクティベート時やデバイスの復元時などにiCloudアカウントを設定している場合は、左図のように自分の名前とApple IDが表示され、iCloudが使用可能な状態になっています。

結合

結合

iPhoneに保存されているデータをiCloudにアップロードして結合するかどうかを尋ねられます。

結合するデータがiPhoneにない場合、この画面は表示されません。

位置情報の使用を許可する

位置情報

次に、位置情報の使用を許可するかを尋ねられます。

iCloudの主機能の一つ「iPhoneを探す」を有効にするには位置情報の使用が必須です。

iPhoneを探すの使い方

同期項目を選択する

iCloud設定画面

iCloudで同期する項目を【オン】にします。

複数のiOS端末を所持している場合は、それぞれの機器で同様にiCloudの設定をしてください。

Windows PCでiCloudの設定をする

iCloudはiPhoneやiPadを同期できるほか、MacやWindows PCとも同期が可能です。Windows PCで同期できる項目は、画像(フォトストリーム)、ブックマーク(IE9以降、FireFox22以降、Chrome28以降)、メール、連絡先、カレンダー(Outlook 2007以降)です。


iCloud コントロールパネルをインストールする

Windows PCでiCloudの設定をするには、iCloudコントロールパネルをダウンロードしインストールする必要があります。アップル公式ホームページを開き、【ダウンロード】してください。
※Windows 7 または 8が必須。Vistaは不可。

ダウンロード

iCloud コントロールパネルにサインインする

インストール完了後PCを再起動し、iCloudコントロールパネルを起動させます。Apple IDパスワードを入力し【サインイン】してください。

iCloudコントロールパネル

同期する項目を設定する

同期する項目にチェックを入れ、【適用】をクリックします。iCloud Driveにアップグレードしている場合は、iCloud Driveの項目も表示されます。

iCloudコントロールパネル
Macの場合

Macの場合は、「システム環境設定」に「iCloud」の項目が予め用意されているので、コントロールパネルをインストールする必要はありません。

■ブックマークのオプション
ブックマークの【オプション】をクリックすると、同期するブックマークのブラウザを選択することができます。

ブックマークオプション

ここで選択したブラウザのブックマークがSafariのブックマークと同期されます。

■写真のオプション
写真の【オプション】をクリックすると、【自分のフォトストリーム】【写真共有】のオン / オフおよび同期される写真の保存場所の【変更】をすることができます。

写真オプション

フォトストリームの使い方

共有フォトストリームの使い方

Windows PCからiCloudにアクセスする

Windows PCからもiCloudの各機能にアクセスすることができます。


www.icloud.comにアクセスする

PCからwww.icloud.comにアクセスし、Apple IDパスワードを入力してサインインします。

サインイン

メイン画面

ウェブブラウザから使用できるiCloudサービスは、メール、連絡先、カレンダー、iCloud Drive、iPhoneを探す、メモ、リマインダー。Pages、Numbers、Keynoteにもアクセスできますが、これらを使用するにはiCloud Driveへアップグレードする必要があります。

ブラウザで変更した内容は、iOS端末に自動で反映されます。

メイン画面

iCloud

iPhoneの使い方 - メニュー