TeachMe iPhone  >   iPhone  >   基本設定

Apple IDの作成方法 全手順

Apple IDは、iCloudやApp Store、iMessage、Apple MusicなどAppleの様々なサービスを使用する際に必要となるアカウントです。Apple ID無くしては、iPhoneの良さを最大限に引き出すことは不可能です。もしApple IDを作成していないなら、今すぐにでも作成することをおススメします。

Apple IDの作成方法

Apple IDはiPhoneやiPadのほか、パソコンからでも作成できます。

iPhoneの初期設定時に作成する

iPhoneを初めて起動する際や初期化後に起動する際、アクティベーションや初期設定が始まりますが、その過程でApple IDを作成することができます。

新規作成

設定アプリから作成する

設定アプリからもApple IDを作成できます。iPhoneの初期設定でApple IDを作成しなかった場合、ここで作成するのが最適だと思います。

新規作成

App Storeから作成する

App Storeのアカウント画面からApple IDを作成できます。App Storeで作成する場合、その特性上「お支払方法」を選択する項目がありますが、「なし」を選択することもできるので、クレジットカード等の情報を登録したくない方でも安心してApple IDを作成できます。

新規作成

Apple IDアカウントの管理ページから作成する

Apple公式サイトのApple IDアカウントの管理ページからApple IDを作成できます。パソコンを使用して作成する場合は、当ページで行うのが良いでしょう。もちろん、iPhoneからアクセスして作成することもできます。

新規作成
Apple IDはクレジットカード無しでも作成できる

以前Apple IDの作成には、基本的にクレジットカード情報の登録が必要でした。しかし、現在はどの方法で作成しても、クレジットカード情報が必須となることはありません。

設定アプリからApple IDを作成する手順

他の作成方法と異なり、設定アプリでApple IDを作成すると、作成が完了した時点でiCloud、iMessage、FaceTime、App Storeなど、iPhoneを使う上で重要な役割を果たす機能に自動的にサインインします。従って、iPhoneの初期設定時にApple IDを作成しなかった場合、設定アプリから作成することをおススメします。

設定アプリを起動する

ホーム画面

ホーム画面から[設定]をタップします。

「iPhoneにサインイン」をタップする

サインイン

[iPhoneにサインイン]をタップします。

自分の名前が表示されている場合

自分の名前が表示されている場合、Apple IDは作成済みで、サインインされている状態です。もし2つ目のApple IDを作成するなら、サインアウトして同画面で作成するよりも、Apple IDアカウントの管理ページから作成するほうがいいでしょう。

Apple IDを作成する

[Apple IDをお持ちでないか忘れた場合]をタップして、[Apple IDを作成]をタップします。

新規作成

生年月日を設定する

生年月日

画面下の年月日を上下にドラッグして、生年月日を設定します。設定が完了したら[次へ]をタップします。

子供用のApple ID

13歳未満のユーザーは、Apple IDを単独で作成することはできません。ただし、「ファミリー共有」を使って親の管理の元、子供用Apple IDを作成できます。

姓名を入力する

姓名

[姓] [名]を入力し、[次へ]をタップします。

メールアドレスを選択する

姓名

Apple IDとなるメールアドレスを選択します。

Gmailなどのメールアドレスをお持ちで、それをApple IDとして使用したい方は[無料のメールアドレスを使用]を選択、Appleが提供するiCloudメールをApple IDに使用したい方は[無料のiCloudメールを取得]を選択してください。

ここでは、「無料のiCloudメールを取得」して、説明を続けていきます。

キャリアメールは避けるべし

Apple IDのメールアドレスにキャリアメールを使用するのは避けたほうがいいでしょう。というのも、将来キャリアを解約したときに、メールが使えなくなってしまうからです。メールが使えなくなっても、Apple ID自体が使えなくなるわけではありませんが、Appleから届くメールを受信できないため何かと不便です。

Apple IDのメールアドレスは変更ができるため、解約済みのキャリアメールをApple IDとして使い続けなければならない事態にはなりませんが、将来キャリアを解約する可能性が少しでもある場合、キャリアメールをApple IDに使用するのは避けるほうがいいと思います。

メールアドレスを入力する

姓名

新しく取得するiCloudメールのアドレスを入力します。@icloud.comの部分は変更できないため、それより前の部分を入力してください。

例:abcde@icloud.com

入力が終わったら[次へ]をタップします。

確認画面

姓名

確認画面が表示されます。問題なければ[メールアドレスを作成]をタップします。

パスワードを設定する

姓名

Apple ID用のパスワードを[パスワード][確認]に入力して、[次へ]をタップします。

電話番号の認証をする

姓名

SMSまたは音声通話で電話番号の認証を行います。[国] [番号]は自動で認識され入力されます。「電話番号の確認方法」については、[SMS]が選択されていますが、[音声通話]を選択することもできます。

すべての項目を入力したら[次へ]をタップします。

姓名

メッセージアプリに届く確認コードを入力し[次へ]をタップします。

通常、iPhoneは確認コードを認識し、自動で入力までしてくれます。

利用規約に同意する

利用規約が表示されるので[同意する]をタップし、次の確認画面で再度[同意する]をタップします。

新規作成

iCloudにサインインする

完了

iCloudへのサインインが自動で開始されます。

パスコードを入力する

完了

iPhoneのパスコードを入力します。

Apple IDの作成が完了する

完了

設定アプリのApple IDの画面が表示されます。自分の名前の下に表示されているのが、Apple IDとなるメールアドレスです。

今後はこのメールアドレスとパスワードを使って、Appleの様々なサービスにアクセスできるようになります。

関連記事

基本設定

TeachMe iPhone メニュー



上へ戻る