意外に知らない「メッセージ」アプリの各種設定方法

iPhoneに標準搭載されているお馴染みの「メッセージ」ですが、意外と知られていない設定方法が多数あります。ここでは、メッセージアプリの各種設定方法をご紹介します。

メッセージではiMessage、SMS、MMSという3種類のメールを送信できます。詳しくはSMS / MMS / iMessageの違いと見分け方をご覧ください。


【設定】をタップする

メッセージの設定を行うには、ホーム画面の【設定】をタップして【メッセージ】を開きます。

設定

iMessageを設定する

「iMessage」をオンにする

iMessage

iMessageとは、iPhoneやiPadなどのApple製品同士で使えるチャットです。「iMessage」をオンにすると使用できます。

Apple IDを設定する

メッセージ

Apple IDを設定しておけば、iPadやMacなどのApple製品と同期してiMessageを送受信することができます。

設定するには、【送受信】をタップします。

Apple IDでサインインする

【iMessageにApple IDを使用】をタップします。Apple IDパスワードを入力し、【サインイン】を押します。

送信

着信に使うメールアドレスを確認する

先ほど入力したApple IDにチェックが打たれていることを確認し、【次へ】をタップすれば設定が完了します。

iMessage

メッセージを開封したことを伝える

開封証明

iMessageでは、あなたがメッセージを開封したことを相手に通知できます。あなたがメッセージを開封すると、相手の画面のメッセージ下に「開封済み」と表示されます。

「開封証明を送信」をオンにする

開封証明

この機能を利用するには「開封証明を送信」をオンにします。

iMessageの代わりにSMSで送信する

SMS

iMessage が利用できない場合に、SMSでメッセージを送信できます。送信を許可するには「SMSで送信」をオンにします。

件名と文字数を表示する

SMS

iMessageやMMSでは件名を送ることができます。件名を送るには、「件名欄を表示」をオンにします。
「文字数」をオンにすると、SMS作成時に、記入中の文字数を確認できます。

着信拒否設定を行う

メッセージを受信したくない連絡先は着信拒否設定に登録しましょう。登録すると、自分から相手にメッセージを送ることはできますが、相手からのメッセージは受信しなくなります。

【着信拒否設定】をタップする

【着信拒否設定】をタップして【新規追加...】を選びます。

着信拒否設定

連絡先を選ぶ

拒否したい連絡先をタップすると設定が完了します。

着信拒否設定

メッセージの保存期間を選ぶ

保存期間を選ぶ

メッセージの履歴を一定の期間後に消去したり、消去しないように設定することができます。【メッセージを残す】をタップして、保存期間を選択します。

メッセージを残す

メッセージを削除する

メッセージを残す

【30日間】または【1年間】を選んだ場合、その期間より前のメッセージは削除されます。【削除】を選ぶとメッセージが削除され、設定が保存されます。

オーディオ/ビデオメッセージの有効期間を選ぶ

iOS 8からオーディオメッセージとビデオメッセージを送信できるようになりました(詳しくはこちら) 。デフォルト設定では、送受信したオーディオ/ビデオメッセージは再生後2分で削除されてしまいます。
どちらも残しておきたいときは《オーディオメッセージ》または《ビデオメッセージ》の【有効期限】を開き、【なし】を選びましょう。

有効期限

iPhoneを耳にあてて再生する

耳にあてて聴く

「耳にあてて聴く」をオンにすると、iPhoneを耳にあてるだけでオーディオメッセージを再生したり、録音できるようになります。詳しい使い方は「メッセージ」アプリ 7つの新機能をご覧ください。

MMSの設定
MMS

au、ソフトバンクでは、この画面でMMSの設定も行えます。

MMSメールアドレスの設定(ソフトバンク)

au - キャリアメールの作成とMMSの設定方法

関連記事

iPhoneの使い方 - メニュー

PICK UP

iPhone 7 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPad 最新情報

iPad 最新情報

Apple Watch 最新情報

Apple Watch 最新情報