TeachMe iPhone  >   iPhone  >   カメラ

iPhone 13 / 12 / 11:超広角/広角/望遠カメラの使い方

iPhone 13 / 12 / 11の各機種には、通常の撮影時に使用する広角カメラのほか、超広角カメラと望遠カメラ(Proモデルのみ)が搭載されています。使用シーンに合わせてカメラを切り替えて撮影することで、より良い写真を撮ることができます。

iPhone 13 Pro

iPhone 13 Pro

iPhone 13 / 12 / 11は2眼カメラ、Proモデルは3眼カメラ搭載

超広角カメラはiPhone 13、iPhone 12、iPhone 11のみに搭載されていますが、望遠カメラについては、iPhone 7 Plusで採用して以来、iPhoneの上位モデルに搭載されています。

機種

超広角

広角

望遠

13 Pro / 13 Pro Max

13 / 13 mini

-

12 Pro / 12 Pro Max

12 / 12 mini

-

11 Pro / 11 Pro Max

11

-

XS / XS Max

-

XR

-

-

X

-

7 Plus / 8 Plus

-

7 / 8

-

-

超広角/広角/望遠カメラの使い方

Proモデルでカメラを切り替える

Proモデルでカメラを切り替える

iPhone 13 / 12 / 11のProモデルでは、ファインダーに表示される「.5」「1」「3」などのズーム倍率ボタンをタップすることで、カメラレンズを切り替えます。

「.5」が超広角カメラ、「1」が広角カメラ、「3」が望遠カメラです。現在選択しているカメラには「1x」のように、数字の横に「x」が入ります。

なお、望遠カメラのズーム倍率は、13 Pro / 13 Pro Maxが3倍、12 Pro Maxが2.5倍、12 Proと11 Proが2倍と、機種によって異なります。

iPhone 11 Pro

iPhone 13 / 13 miniでカメラを切り替える

iPhone 13 / 13 miniでカメラを切り替える

iPhone 13 / 13 miniは望遠カメラを搭載していないため、ズーム倍率ボタンは「0.5」と「1」の2つのみ。Proモデルと同様に、ズーム倍率ボタンをタップすることで、カメラレンズを切り替えます。

iPhone 12 / 12 mini / 11でカメラを切り替える

iPhone 12 / 12 mini / 11では、ファインダーに表示されるズーム倍率ボタンは「1x」または「0.5x」の一方のみで、ズーム倍率ボタンをタップすることで、「1x」と「0.5x」が切り替わります。

iPhone 12 / 12 mini / 11でカメラを切り替える

デジタルズームを使用する

「.5」「1」「2」「2.5」「3」などの光学ズーム以外の倍率で撮影したいときは、ズーム倍率ボタンを長押しします。すると、コントローラーが表示されるので、左右にドラッグして倍率を変更します。

デジタルズームを使用する

iPhone 13 Pro / 13 Pro Maxは最大15倍、iPhone 12 Pro Maxは最大12倍、iPhone 12 Pro / 11 Pro / 11 Pro Maxは最大10倍、iPhone 13 / 13 mini / 12 / 12 mini / 11は最大5倍のデジタルズームが可能です。

関連記事

iPhone 13 / 12シリーズ

TeachMe iPhone メニュー



上へ戻る