iPhone 11:電源をオフにする2つの方法

iPhone 8以前の機種では、サイドボタンを長押しすれば電源を切れますが、この操作をiPhone 11や11 Pro、iPhone Xシリーズで行うと、Siriが起動してしまいます。

サイドボタンと音量ボタン(上)を同時押し

iPhone X以降の機種で電源を切るには、サイドボタン音量ボタンを長押しします。音量ボタンは上でも下でもどちらでも構いません。ちなみに、サイドボタンと音量ボタン(上)を同時に押すと(長押しではなく)、スクリーンショットが撮れます。

電源を切る

スライドで電源オフ

[スライドで電源オフ]を右にスライドすることで、電源をオフにできます。電源をオンにするには、サイドボタンを長押ししてください。

スライドで電源オフ

設定アプリから電源を切る

使う機会はあまりなさそうですが、設定アプリからも電源を切ることが可能です。ホーム画面から[設定] > [一般]と開き、画面最下部の[システム終了]をタップ。[スライドで電源オフ]をスワイプすることで、電源がオフになります。サイドボタンが壊れてしまったときなどに、この方法の必要性が生じるかもしれません。

設定アプリ

iPhone 11/Xシリーズ

TeachMe iPhone メニュー



上へ戻る