TeachMe iPhone  >   iPhone  >   標準アプリ  >  Safari

Safari - 最近閉じたタブを復元する

iOS 8のSafariには、一度閉じたタブを復元する機能が備わっています。誤ってタブを閉じてしまったときや、後でもう一度見たいウェブページを探し出すときなどに便利な機能です。


タブボタンをタップする

タブボタン

Safariでウェブページを開き、右下のタブボタンをタップ。

ボタンが表示されていない場合は、画面を下にフリックすると現れます。

【+】を長押しする

タブボタン

現在開いているタブの一覧が表示されるので、画面下の【+】を長押しします。

《最近閉じたタブ》の一覧が表示された

タブボタン

《最近閉じたタブ》が一覧表示されます。この中から復元したいタブを選択すれば、新規タブとして起動します。

《最近閉じたタブ》がリセットされる場合

ホームボタンを2回押すと現れるマルチタスク画面でSafariを閉じたり、設定アプリでサイトのデータを消去したときなどは、最近閉じたタブはリセットされます。

マルチタスキングの使い方

検索履歴を削除する

タブごとの履歴を見る
タブボタン

一度見たウェブページを探し出すには、ブックマーク画面の「履歴」からでもできますが、履歴が大量にある場合は、タブごとの履歴を参照するほうが見つけやすいかもしれません。

タブごとの履歴は、戻るボタンを長押しすると表示されます。

関連記事

iPhone 小技

TeachMe iPhone メニュー



上へ戻る