Gmailの設定方法

iPhoneの「メール」アプリで、Gmailを使用することができます。ここでは、その設定方法をご紹介します。


Gmailでの設定

iPhoneでGmailを使うために、Gmailの「IMAP」が有効になっていることを確認しましょう。通常は、初期設定で有効になっています。

Gmailの【設定】を開き、【メール転送とPOP/IMAP】タブを選択。《IMAPアクセス》の項目で、IMAPを有効にするにチェックを入れます。

同期

Gmail側の設定は以上です。


iPhoneでの設定

【設定】をタップ

ホーム画面

iPhoneホーム画面の【設定】をタップします。

【メール/連絡先/カレンダー】をタップ

設定画面

《設定》画面の中から、【メール/連絡先/カレンダー】をタップします。

【アカウントを追加】をタップ

メール/連絡先/カレンダー画面

《メール/連絡先/カレンダー》画面の中から、【アカウントを追加】をタップします。

【Google】をタップ

アカウントを追加画面

《アカウントを追加》画面が開きます。【Google】を選択します。

Exchangeの利用

2013年1月30日以降、「Exchange」を利用して、Gmailを登録できなくなりました(すでに登録されているものについては使用継続が可能)。これにより、iPhoneの「メール」アプリでGmailを利用する際、プッシュ通知(リアルタイム受信)ができず、フェッチ通知のみになりました。

GoogleのGmailアプリを使えば、プッシュ通知が可能ですが、受信してからメールを表示するまでに時間がかかりすぎるきらいがあります。Gmailをプッシュ通知で受信し、さらに、スムーズにメールを確認したいという方は、iPhoneのメールアプリとGmailアプリを併用すると良いかもしれません。

メールの"プッシュ"と"フェッチ"の違い

"プッシュ"とはメールがサーバーに届くと、リアルタイムでiPhoneで自動受信(設定している着信音がなる)されるもので、それに対し"フェッチ"はリアルタイムでは受信されず、予め設定した定期的な間隔(10分ごと/30分ごと/1時間ごと)、もしくは手動でメールを開いたときにiPhoneがサーバーにメールを取得に行きます。
リアルタイムで受信できるところは"プッシュ"の利点ですが、バッテリーの消費が早いという欠点もあります。

「Gmail情報」を入力する

gmail

名前・・メールの差出人の名前を入力します。

メール・・メールアドレスを「@gmail.com」まで入力します。

パスワード・・パスワードを入力します。

説明・・iPhoneでアカウントを管理する時に表示されます。「Gmail」のままで良いと思いますが、複数のgmailを登録する場合は、区別のつくものにすると良いでしょう。

入力が完了したら、【次へ】をタップします。

同期する項目を選択する

同期

Gmailアカウントの何を同期するかを選択します。例えば、《連絡先》を選択すると、iPhoneの電話アプリの「連絡先」に、Gmailアカウントの「連絡先」が追加されます。

同期する項目を選択し、【保存】をタップすると、同期が開始されます。

完了!

同期

同期が完了すると、左図の画面が表示されます。《アカウント》の項目にGmailが追加されました。

データの取得方法

前述の通り、iPhoneのメールアプリはGmailのプッシュ通知に対応していませんので、データの取得方法はフェッチになります。《メール/連絡先/カレンダー》画面で【データの取得方法】をタップし、次の画面でGmailの項目がフェッチになっていることを確認して、取得間隔を選択します。

同期

Gmailの受信画面を開く

【メール】をタップ

ホーム画面

ホーム画面の【メール】をタップします。

【受信】をタップ

ホーム画面

【受信】をタップすると、受信画面が開きます。

複数のメールアカウントを登録した場合、【受信】は【全受信】と表示され、すべてのメールがここに集まります。

また、「Gmail」や「Hotmail」など、メールアカウントごとの受信ボックスも使用できるようになります。

アカウントの削除
削除

一度登録したメールアカウントを削除する場合は、ホーム画面から【設定】>【メール/連絡先/カレンダー】と開き、アカウントの項目で【Gmail】を選択し、左図の画面で【アカウントを削除】をタップします。

関連記事

標準アプリ・機能