TeachMe iPhone  >   iPhone  >   電話  >  ドコモ

ドコモ 留守電の設定方法(停止 / 再開、呼び出し時間の変更)

ドコモの留守番サービスでは、iPhoneからのダイヤル操作で、留守電の停止 / 再開、呼び出し時間の変更、留守電メッセージの作成・変更などが行えます。

留守番電話サービスの申し込み方法 - ドコモ

留守電を停止する

停止

留守電を停止したいときは、1410に電話をかけます。

留守電停止中に着信があった場合、呼び出し音は鳴り続けます。

iPhoneの電源を切っているときに着信があると、「こちらはNTTドコモです。おかけになった電話は電源が入っていないか、電波の届かない場所にあるためかかりません」とのメッセージが2回流れ、電話が切れます。

留守電を停止しても、留守電の契約自体を解約するわけではありません。

留守電を再開する

再開

留守電を再開したいときは、1411に電話をかけます。

留守電の呼び出し時間を設定する

呼び出し時間変更

留守電に切り替わるまでの時間は0秒~120秒までで設定できます(初期設定では15秒)。

1419に電話をかけ0~120までの数字(呼び出し秒数)とを2回入力します。

呼び出し時間を例えば10秒に設定していても、iPhoneの電源を切っているときに着信があると、呼び出しはされず即座に留守電に転送されます。

留守電の応答メッセージを作成・変更する

応答メッセージ

電話をかけてきた人へ流れる応答メッセージの種類を、「システム音声」「すべて自分の声で登録したメッセージ」「名前のみ自分の声で登録したメッセージ」の3つから選ぶことが可能です。初期設定ではシステム音声です。

「システム音声」から「すべて自分の声」「名前のみ自分の声」に変更する場合
1416に電話をかけ、92を入力します。「すべて自分の声」でメッセージを登録するには2を、「名前のみを自分の声」で登録するには4を入力し、ガイダンスに沿って音声を登録し、最後に#1**を入力します。

「すべて自分の声」から「システム音声」に変更する場合
1416に電話をかけ、923を入力します。

「名前のみ自分の声」から「システム音声」に変更する場合
1416に電話をかけ、925を入力します。

iPhoneの「設定」から発信する

ダイヤル操作番号

ホーム画面から「設定」>「モバイル通信」>「通信事業者サービス」の順にタップすると、留守電や転送でんわ、キャッチホンなどのダイヤル操作番号の一覧が表示され、これらの項目をタップすると発信されます。

ダイヤル操作番号がわからないときは、当画面を参照してみてください。

関連記事

基本設定

TeachMe iPhone メニュー



上へ戻る