TeachMe iPhone  >   iPhone  >   メール

Gmailの設定方法

iPhoneにGmailアカウントを追加する

メールアカウントの設定を開く

ホーム画面

ホーム画面の設定をタップします。

設定画面

アカウントとパスワードをタップします。

iOS 10の場合

「アカウントとパスワード」は、iOS 11から新たに加わった項目で、iOS 10にはありません。iOS 10をお使いの方は、メール > アカウントの順にタップしてください。アカウントがない場合は、[メール] > [アカウントを追加]。

同期
メール/連絡先/カレンダー画面

アカウントを追加をタップします。

Googleにログインする

アカウントを追加画面

Googleをタップします。

アカウントを追加画面

Gmailのメールアドレスを入力し、次へをタップします。メールアドレスは「@gmail.com」の部分は省略してもかまいません。

アカウントを追加画面

パスワードを入力し、次へをタップします。

同期項目を選択する

同期する項目を 選択します。gmailの他、Googleのカレンダーや連絡先、メモをiPhoneに同期することができます。必要ない場合は、緑色のスイッチをタップしてオフ(灰色)にします。同期項目を選択したら、最後に保存をタップしてください。

同期

Gmailが追加された

アカウントを追加画面

「アカウントとパスワード」画面に切り替わります。「アカウント」の欄にGmailが追加されました。

メールアプリを開ければ、Gmailが利用可能になっています。

データの取得方法

サーバーに届いたメールのデータを、iPhoneがどのように取得するのか設定します。取得方法はプッシュとフェッチの2通りです。

プッシュとフェッチとは?
プッシュは、サーバーに新着メールが届くと、その都度iPhoneに通知が来るため、新着メールをほぼリアルタイムで受信できます。ただ、iPhoneのGmailはプッシュに対応していないので、フェッチを設定することになります。

フェッチはサーバーにメールが届いてもiPhoneに通知されず、一旦サーバーに保存され、iPhoneで予め設定した間隔(15分、30分、1時間)または手動でメールアプリを起動したときに、iPhoneがサーバーにメールを取得しに行きます。

データの取得方法を設定する

データの取得方法

アカウントを追加画面

「アカウントとパスワード」画面で、データの取得方法をタップします。

データの取得間隔を設定する
Gmailをタップして、フェッチまたは手動を選択します。手動を選択した場合、メールアプリを起動したときだけ、新着メールがあるかないかを確認できます。フェッチを選択した場合、「データの取得方法」画面の一番下にある[自動、手動、1時間ごと、30分ごと、15分ごと]から取得の間隔を選択します。

同期
フェッチで自動を選択した場合

iOS 11から、フェッチのデータ取得間隔に「自動」が追加されました。自動を選択すると、iPhoneが電源とWi-Fiに接続されている場合に限り、プッシュとほぼ同じタイミング(リアルタイム)で新着メールを受信できるようになります。

関連記事

基本設定

TeachMe iPhone メニュー



上へ戻る