iPhoneのバックアップと復元方法

iPhoneのバックアップを取る方法は2つあります。1つは、Cloud上にバックアップを取るiCloudバックアップ。これは設定さえすれば、1日1回自動で行われます。主要なコンテンツはバックアップされますが、すべてというわけではありません。もう1つは、iTunesにバックアップを取る方法です。

iCloudにバックアップされるデータの詳細は、アップルのホームページを参照してください。


iCloudバックアップ

【ストーレージとバックアップ】をタップ

iCloud画面

ホーム画面から【設定】>【iCloud】と開いて、《iCloud》画面下の【ストーレージとバックアップ】をタップします。

自動バックアップ

ストーレージとバックアップ画面

iCloudバックアップには自動と手動で行う2通りの方法があります。iCloudバックアップオンにすると、iPhoneが電源に接続され、ロックされ、Wi-Fiに接続している、という3条件がそろえば自動で1日1回iCloudにバックアップされます。

※【iCloudバックアップ】をオンにすると、iTunesに接続しても自動バックアップがされなくなります。

手動バックアップ

【今すぐバックアップを作成】をタップすると、その場でバックアップ作業が開始されます。Wi-Fi環境が必須ですが、電源に接続する必要はありません。

今すぐバックアップを作成

PCでバックアップをとる

確実にバックアップを取るには、手動でPC内にバックアップファイルを作成すると良いでしょう。


iPhoneとPCをつなげ、iTunesを起動する

iPhoneをPCにつなげ、iTunesを起動させます。そして、ライブラリ画面右上の【iPhone】ボタンをクリックします。

iPhoneボタン

【今すぐバックアップ】をクリック

画面左上の【概要】タブが選択されていることを確認して、画面中央の【今すぐバックアップ】をクリックすると、PC内にバックアップファイルが作成されます。

今すぐバックアップ

バックアップ完了

バックアップが完了すると、《最新のバックアップ》の項目に、バックアップを実施した日付と時刻が表示されます。

バックアップ完了

iPhoneを初期化する

iPhoneを使っていて不具合に見舞われたら、まずは、電源を入れなおしてみましょう。画面がフリーズして、通常の電源を落とす操作を受け付けない場合は、強制終了を試みます。それでも問題が解決しない場合は、最終手段として、iPhoneを初期化します。


【リセット】をタップ

一般画面

ホーム画面から【設定】>【一般】の順にタップして、《一般》画面の一番下にある【リセット】をタップします。

【すべてのコンテンツと設定を消去】をタップ

リセット画面

iPhoneを初期化するために【すべてのコンテンツと設定を消去】をタップします。

【すべての設定をリセット】
すべての設定をリセット

【すべての設定をリセット】を選択すると、メールやWi-Fiなどの設定情報はリセットされますが、データ(メール・メッセージの中身、写真、アプリ等)は残ります。

【iPhoneを消去】

iPhoneを消去

【iPhoneを消去】をタップすると、「本当に続けますか?」と聞かれるので、本当に続ける場合は、もう一度【iPhoneを消去】をタップします。

Apple IDのパスワードを入力後、iPhoneの初期化がはじまります。

iCloudバックアップから復元する

iPhoneの初期化が終わり、iPhoneが再起動すると、「言語」や「国または地域」等の設定画面が表示されるので、設定を行います。

※iCloudバックアップで復元するにはWi-Fi接続が必要です。


iPhoneを設定する

設定を進めていくと、《iPhoneを設定》画面がでてきますので、【iCloudバックアップから復元】をタップします。

iCloudサインイン

iCloudで使用しているApple IDパスワードを入力して、【次へ】をタップします。

バックアップを選択

最新のバックアップの他にも以前のバックアップも選択できます。タップすると、復元がはじまります。

PCに保存したバックアップから復元する

PCに保存したバックアップから復元する方法や、iTunesにバックアップを取る方法の更なる詳細情報は、iTunesでiPhoneをバックアップするページをご覧ください。

関連記事

iCloud

iPhoneの使い方 - メニュー

PICK UP 記事