TeachMe iPhone  >   iPhone  >   基本設定  >  3D Touch

Live Photosを壁紙に設定する

iPhone 6s / 6s Plusの新機能「Live Photos」は、ホーム画面やロック画面の壁紙として設定することができます。何かが便利になるといった類の機能ではありませんが、壁紙を見飽きてしまっている方は、「動く壁紙」にしてみるのもいいかもしれません。

iPhone 6sの新機能 - Live Photosの使い方


APPLE WALLPAPERからLive壁紙を設定する

【設定】を開く

ホーム画面の【設定】を開き、【壁紙】>【壁紙を選択】タップします。

設定画面

【Live】をタップする

選択

APPLE WALLPAPERに【LIVE】という項目があるのでこれをタップします。同項目は、iPhone 6s / 6s Plusのみ表示されます。

Live Photosを選択する

Live

デフォルトで用意されているのは全部で9つ。iPhone 6s /6s Plusのパッケージに描かれていたデザインも含まれていますね。

壁紙に設定したいデザインを一つ選択してください。

プレビュー画面

プレビュー

壁紙のプレビューが表示されます。画面を強く押して実際の動き具合を確認後、【設定】をタップします。

iPhone 6s / 6s PlusのLive壁紙は、プレビューの通り、画面を強く押さないと動きません。しかも動くのはロック画面のみ。

Apple Watchのように、スリープ解除すると自動的に動き出すともっとおもしろいのですが...。

画面を選択する

画面の選択

最後に、壁紙を設定する画面を選択します。

以上で、壁紙の設定は完了です。

確認してみましょう

結構いい感じですね。

ホーム画面

写真アプリからLive壁紙を設定する

自分で撮影した写真は、写真アプリの共有メニューから壁紙に設定することも可能です。

共有ボタンをタップする

共有ボタン

写真アプリを開き、壁紙に設定したい写真を表示させ、左下の共有ボタンをタップします。

【壁紙に設定】をタップする

壁紙に設定

選択した写真がLive Photosの場合は、サムネイルに《LIVE》と表示されます。

画面下のメニューから【壁紙に設定】をタップしてください。

写真の移動と拡大・縮小もできる

自分で撮影した写真は、APPLE WALLPAPERと違い、プレビュー画面で写真の移動と拡大・縮小ができます。必要であれば、画面をドラッグして調整しましょう。あとは、APPLE WALLPAPERを設定した際と同じ流れになります。

プレビュー

確認してみましょう

ロック画面

ロック画面を強く押すと、写真が動き出します。

関連記事

iPhoneの使い方 - メニュー

PICK UP

iPhone 7 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPad 最新情報

iPad 最新情報

Apple Watch 最新情報

Apple Watch 最新情報



上へ戻る