iOS 9で6桁になったパスコードの設定方法

iPhoneには、デバイスに保存されたデータを保護するための機能がいくつか備わっていますが、パスコードはそのさいたるものです。iPhoneの安全性を強化したい方は、必ず設定するようにしましょう。

なお、従来のパスコードは4桁でしたが、iOS 9では6桁に変更されています。


パスコードの設定方法

Touch IDとパスコード

ホーム画面から【設定】アプリを開き、【Touch IDとパスコード】をタップします。

パスコードをオンにする

パスコードロックの設定

【パスコードをオンにする】をタップします。

パスコードを入力する

パスコードロックの設定

6桁のパスコードを2回入力します。

パスコードオプション

iOS 9では、【パスコードオプション】から、英数字、数字、4桁の数字でパスコードを設定することも可能です。ただし、英語のみで設定をすると入力キーボードが小さいですし、英数字の組み合わせだと、キーボードを切り替えるのに一手間かかります。パスコードは毎日のように使用するものなので、数字のみの設定が現実的かと思います。

パスコードロックの設定

設定完了

設定完了

パスコードの入力が完了すると、《Touch IDとパスコードロック》の画面に戻ります。《パスコードをオフにする》に表示が切り替わっていることを確認してください。

確認してみましょう

iPhoneをスリープ状態から起動させ、ロック解除をしてみましょう。パスコードの入力が求められます。このほかにも、電源を入れるときやiOSをアップデートするときなど、セキュリティに関わる場面でパスコードが求められるようになります。

確認
データ保護機能も有効になる

パスコードを設定すると、データ保護機能も有効になります。iPhone に保存されたメールメッセージや添付ファイルを 256 ビット AES を使用して暗号化するための鍵として、パスコードが使用されます。

パスコードロックの詳細設定

《Touch IDとパスコード》の画面では、以下の詳細設定が行えます。

詳細設定

パスコードをオフにする

パスコードを変更

パスコードを要求・・iPhoneがスリープ状態になってから、パスコードを要求するまでの時間を、「即時」から「4時間後」の間で設定できます。

例えば、「5分後」に設定すると、iPhoneがスリープしてから5分間は、パスコードなしでロック解除ができます。

音声ダイヤル・・SiriがオフでiPhoneがロック中のとき、音声コントロールによる電話の発信ができますが、これを無効にすることができます。

Siriと音声コントロールの違いは、Siriはオンライン、音声コントロールはオフラインで情報を取得することです。Siriをオフにすると、音声コントロールは自動的にオンになります。

iPhoneをポケットに入れているときなど、誤操作により勝手に電話をすることがあるので、これを防ぐために「音声ダイヤル」をオフにできるというわけです。

ロック中にアクセスを許可・・各項目をオンにすると、ロック状態でもパスコードなしで各機能にアクセスできるようになります。

データを消去・・オンにすると、パスコードを10回連続して間違えると、iPhoneのデータが消去されます。

関連記事

iPhoneの使い方 - メニュー

PICK UP

iPhone 6s 最新情報

iPhone 6s 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPad 最新情報

iPad 最新情報

Apple Watch 最新情報

Apple Watch 最新情報