パスコードロックの設定

パスコードロックの設定を行うと、ロック解除時にパスコードの入力を求められるようになります。iPhoneのセキュリティを強化したい方は、設定しましょう。


パスコードロックの設定方法

Touch IDとパスコード

ホーム画面にある【設定】アプリを開き、【Touch IDとパスコード】をタップします。

パスコードをオンにする

パスコードロックの設定

《Touch IDとパスコード》の画面で【パスコードをオンにする】をタップしてください。

4桁の数字を入力する

4桁のパスコードを入力し、次の画面でもう一度同じ番号を入力すると、設定は完了です。

4桁の数字を入力する

設定完了

設定完了

《Touch IDとパスコードロック》画面に戻ります。《パスコードをオフにする》に切り替わっていることを確認してください。

以上で、パスコードロックが設定されました。

確認してみましょう

今後スリープ状態からロック解除をすると、パスコードを求める画面が表示されるようになります。

確認

パスコードロックの詳細設定

《Touch IDとパスコード》の設定画面では、以下の詳細設定が行えます。

詳細設定

パスコードをオフにする・・パスコードを解除します。

パスコードを変更・・パスコードを変更します。

パスコードを要求・・iPhoneがスリープ状態になってから、パスコードを要求するまでの時間を設定します。「即時」から「4時間後」の間で設定できます。

簡単なパスコード・・オフにすると、英数字や記号を制限無く使用することができます。

音声ダイヤル・・Siriをオフにした状態で、iPhoneのスリープ時にホームボタンを長押しすると、「音声コントロール」なるものが起動します。音声で電話をかけたりできるのですが、iPhoneをポケットに入れているときなどに、誤操作により勝手に電話をすることがあるので、これを防ぐために「音声ダイヤル」をオフにできます。

ロック中にアクセスを許可・・オンにしておくと、ロック状態でも、パスコードを入力することなく起動できます。

データを消去・・オンにすると、パスコードを10回連続して間違えると、iPhoneのデータが消去されます。

関連記事

iPhoneの使い方 - メニュー