TeachMe iPhone  >   iPhone  >   基本設定  >  メール

PC(プロバイダ)メールの設定方法

iPhoneの「メール」アプリは、iCloudメールやGmailなどのほか、PCメールにも対応しています。

Gmailの設定方法

メールアカウントを追加する

[設定]をタップする

設定をタップ

ホーム画面で[設定]をタップします。

[メール] > [アカウント]の順にタップする

[メール][アカウント]の順にタップします。

メールをタップ
iOS 13以前の場合
アカウントとパスワード

iOS 13以前をお使いの場合は、[アカウントとパスワード]をタップします。

[その他]のアカウントを追加する

[アカウントを追加]を開き、[その他]をタップします。

アカウントを追加をタップ

メールアカウントを追加する

[メルアカウントを追加]をタップします。名前メールアドレスパスワード、他のメールアカウントと区別するために自分が分かりやすい説明を入力して、[次へ]をタップします。

メルアカウントを追加

アカウント情報を保存する

アカウント情報を保存する

アカウントの情報を入力していきます。IMAP/POPを選択し、《受信メールサーバ》と《送信メールサーバ》のホスト名ユーザ名パスワードを入力します。

入力できたら右上の[保存]をタップします。

同期する項目を選ぶ

同期する項目を選ぶ

IMAPを選んだ場合は、同期する項目をオン/オフで選択し、[保存]をタップします。

アカウントが追加された

アカウントが追加された

以上でアカウントの追加が完了しました。

メールボックスを確認する

ホーム画面から[メール]を開き、作成したアカウントの受信ボックスが追加されているのを確認できます。

メールボックスを確認

メールの取得間隔を設定する

iCloudメールやHotmailなど、プッシュメールと呼ばれるメールは、サーバに新着メールが届くと自動でiPhoneに通知が届きます。今回設定したような「その他」のメールは、プッシュメールとは違い、一定の時間ごとにiPhoneが新着メールの有無をチェックします。チェックの間隔は自分で指定することができます。

[データの取得方法]を選ぶ

データの取得方法

では、新着メールをチェックする間隔を指定してみましょう。ホーム画面から[設定] > [アカウントとパスワード]を開き、[データの取得方法]をタップします。

フェッチにチェックを入れる

作成したメールアカウントが「フェッチ」になっていることを確認します。(「フェッチ」になっていなければ、作成したメールアカウントをタップして[フェッチ]にチェックを入れます。)

フェッチにチェックを入れる

取得間隔を選ぶ

取得間隔を選ぶ

取得間隔を選びます。15分ごと/30分ごと/1時間ごとから選択できます。バッテリーの消費を抑えたいときはなるべく長い間隔を選びましょう。自動でメールを取得させないようにするには[手動]を選びます。これで設定が完了します。

関連記事

基本設定

TeachMe iPhone メニュー



上へ戻る