iOS 10 新機能:「手前に傾けてスリープ解除」をオフにする

iOS 10に「手前に傾けてスリープ解除」という機能が搭載されました。対応機種はiPhone 7/6s/SE。iPhoneを手前に傾けるだけで(iPhoneの画面を見る動作)、ホームボタンを押すことなく自動でスリープ解除する機能です。

基本的には便利な機能だと思いますが、iPhoneを手前に傾けたときが、必ずしもスリープ解除をしたいときとは限りません。机の上に置いてあるiPhoneをさっと取って別の場所に移動したいとき、iPhoneを持って走っているときなどは、意図せずロック解除画面が開いてしまいます。

同機能が邪魔だと感じる場合は、設定アプリからオフにすることも可能です。

【画面表示と明るさ】をタップ

ホーム画面から【設定】を開き、【画面表示と明るさ】をタップします。

設定

【手前に傾けてスリープ解除】をオフ

手前に傾けてスリープ解除

【手前に傾けてスリープ解除】のスイッチをオフにします。

これで、不意にスリープ解除することが防げます。

関連記事

iPhoneの使い方 - メニュー

PICK UP

iPhone 7 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone 6s 最新情報

iPhone 6s 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPad 最新情報

iPad 最新情報

Apple Watch 最新情報

Apple Watch 最新情報