パスコードを忘れてしまったときの対処方法

パスコードを何度か設定しなおしているうちに、パスコードを忘れてしまった!長らくiPhoneを使っていなかったら、パスコードを忘れてしまった....。そんなときは、リカバリーモードでiPhoneを復元しましょう。

※リカバリーモードでiPhoneを復元すると、iPhoneのデータはすべて消去されます。復元を開始する前に必ずバックアップを取っておきましょう。パスコードを忘れてしまって、ロック画面から身動きが取れなくなっても、過去、iTunesに認証を受けたiPhoneならば、iTunesにバックアップを取ることができます。

iTunesでiPhoneのバックアップをとる


電源をオフにする

パスコードを忘れてしまったiPhoneの電源オン/オフボタンを長押しして、電源を切ります。

スリープボタン

ホームボタンを押しながらケーブル接続する

ケーブル接続

iTunesを起動した状態のPCにUSBケーブルを差し込みます。そして、iPhoneのホームボタンを押しながら、今度はiPhoneにケーブルを繋ぎます。

iPhoneが自動的に起動し、左図の画面が表示されるとリカバリーモードに入ります。ホームボタンから指を離してください。

【復元】をクリック

iTunesにポップアップ画面が表示されるので、【復元】をクリックします。

ok

【復元と更新】をクリック

復元と同時にiOSも更新されるので、【復元と更新】をクリックしてください。使用規約などに同意した後、復元が開始されます。

ok

アクティベート

iPhoneが再起動します。「iPhoneを探す」をオンにしていた場合は、iPhoneをアクティベートするために、Apple IDパスワードが求められるので、入力して【続ける】をクリックしてください。

ok

バックアップから復元する

iPhoneを設定

iPhoneの復元が完了すると、iPhoneの初期設定画面が表示されるので、Wi-Fiの設定等を進めていきます。

《iPhoneを設定》という画面で、iCloudまたはiTunesのバックアップから復元することができます。

関連記事

iPhoneの使い方 - メニュー

PICK UP

iPhone 7 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPad 最新情報

iPad 最新情報

Apple Watch 最新情報

Apple Watch 最新情報