iOSのアップデート方法

機能の改善や修正のため、iOSの新バージョンは随時公開されていきます。最新バージョンがリリースされたら早速アップデートしてみましょう。iOSのアップデート方法は2通り。Wi-Fi経由またはiTunes経由でアップデートを行います。

アップデートを始める前に、不測の事態に備えて、iTunesにバックアップを取っておくことをお勧めします。

iTunesでiPhoneのバックアップをとる

iCloudバックアップとiPhoneの復元方法

iOS8へのアップデート方法と注意点


Wi-Fi経由でアップデートする

Wi-Fi経由でのアップデートはOver The Airアップデートと呼ばれています。これを行うためには、Wi-Fi環境の他に、バッテリ残量が50%以上、又はiPhoneを電源に接続している必要があります。

【ダウンロードしてインストール】をタップする

ソフトウェアアップデート

ホーム画面から【設定】>【一般】>【ソフトウェアアップデート】の順にタップして、左の画面で【ダウンロードしてインストール】をタップします。

利用規約に同意する

利用規約

《利用規約》や《利用条件》の画面が出たときは、【同意する】をタップしてください。

ダウンロードが開始されます。

【インストール】をタップする

インストール

ダウンロードが完了し、インストールの準備が整うと、《ソフトウェアアップデート》画面に【インストール】と表示されます。これをタップすると、アップデートが開始されます。

アップデートが終わるまでに充電やWi-Fiが切れないようにしましょう。iPhoneが自動的に再起動したら、アップデートは完了です。

iTunes経由でアップデートする

次に、パソコンのiTunesを使用してアップデートする方法です。

【ダウンロードしてアップデート】をクリックする

iPhoneをパソコンにつなぎ、iTunesを開きます。iOSにアップデートがある場合は、ポップアップウィンドウが出てきます。【ダウンロードして更新】をクリックしてください。

ポップアップウィンドウが出てこない場合

ポップアップウィンドウが出てこない場合は、iTunes画面左上のデバイスボタンをクリックします。

デバイス管理画面にアクセス

画面左のメニューで【概要】が選択されていることを確認し、【更新プログラムの確認】をクリックしてください。

更新プログラムの確認

ダウンロードが開始される

更新の確認や使用規約に同意した後、ダウンロードが開始されます。

続ける

アップデート中はケーブルを外さないようにしましょう。iPhoneが自動的に再起動したら、アップデートは完了です。

関連記事

iPhoneの使い方 - メニュー