TeachMe iPhone  >   iPhone  >   au

auからMNP転出で他社に乗り換える際の手順と注意点

auから他キャリアまたは格安SIMにスムーズに乗り換えができるように、MNP転出の手順と注意点を解説します。iPhone13シリーズの発売を機に乗り換えを考えている方は参考にしてください。

ワイモバイルにMNP転入する手順 実際にauから乗り換えてみました

auからMNP転出する流れ

1. auからMNP予約番号を取得する。取得方法は電話、ウェブ、店頭から。

2. 転出先の携帯会社に申し込む。その際、MNP予約番号、MNP予約番号の有効期限、現在使用中の電話番号が必要となる。

3.My auにアクセスして、auで購入したスマホのSIMロック解除手続きをする。手続きはauが解約になった後でも可能。

4. ウェブサイトから乗り換え先に申し込んだ場合、商品が手元に届いたら切り替え手続きをする。auのSIMカードが不通になった時点で、auは解約となる。

MNPにかかる費用

auでかかる費用

以前、MNPで他社に乗り換える際、MNP転出手数料と場合によっては契約解除料を支払う必要がありましたが、MNP転出料については2021年4月に、契約解除料は2022年3月31日をもって廃止になりました。

分割支払金の残額

スマホなどの端末の分割支払金が残っている場合、当然ですが、残額を支払わなければなりません。残額の支払は分割のまま支払いを継続するか、一括で精算するかを選択できます。ただし、毎月割等の割引は前月利用分をもって終了します。

解約月の利用料金

月の途中でMNP転出した場合、加入プランにもよりますが、基本的に当月の利用料金は日割り計算はされず、全額請求となります。従って、月初めよりも月末に転出するほうがオトクです。

転出先の携帯会社でかかる費用

携帯各社の事務手数料

以前は、多くの携帯会社が新規契約時に事務手数料を徴収していましたが、今では、オンラインで申し込む場合に限り、手数料は発生しないことが一般的になりました。一方、店頭で申し込みをする場合、3,300円の手数料がかかることが一般的です。

は新規契約の際、名称は様々ですが事務手数料として3,300円(税込み)を徴収しています。これに加えて、SIMカード発行手数料として330円程度を上乗せする会社も存在します。

・ソフトバンク:オンラインは無料、店頭は3,300円

・ドコモ:オンラインは無料、店頭は3,300円

・楽天モバイル:オンライン、店頭ともに無料

・UQモバイル:3,300円

・ワイモバイル:オンラインは無料、店頭は3,300円

MNP予約番号を取得する

MNPで他社にのりかえる際、転出元のauから「MNP予約番号」を取得する必要があります。取得費用はかかりません。取得方法は電話、ウェブ(my auまたはEZweb)、auショップ / トヨタ au取扱店の3通りです。

電話による問い合わせ窓口
一般電話・au携帯電話から:0077-75470 (無料)
受付時間:9時~20時

上記番号に電話をかけ、自動音声案内に従い操作を進めると、オペレーターの方に転送されます。MNP予約番号を取得したい旨を伝えると、解約に関する説明があります。契約解除料などの解約に伴う費用の詳細も教えてくれます。

MNP予約番号は口頭でも教えてくれますが、電話を切った後、SMSでMNP予約番号と有効期限が記載されたメッセージが届きます。

iPhone用SIMのご購入

My auからの手続き方法
1. My auにアクセスする
2. 画面上部「スマートフォン・携帯電話」を選択
3. ご契約内容/手続き
4. お問い合わせ/お手続き
5. MNPご予約

EZwebからの手続き方法
1. EZwebボタン
2. トップメニューまたはauポータル トップ
3. My au
4. 申し込む / 変更する
5. au 携帯電話番号ポータビリティー (MNP)

auが解約になるタイミング

MNP予約番号を取得した後でもauのSIMカードはこれまで通り使えます。転出先の携帯会社にMNPで申し込み、その会社が発行するSIMカードで電話番号が使えるようになった時点で、auは自動的に解約となります。

MNP予約番号は、取得しただけではなんの影響も及ぼしません。もし、MNP予約番号を取得後に気が変わりMNP転出をやめたとしても、なにか手続きが必要になることはありません。

MNP予約番号を取得するタイミング

MNP予約番号の有効期限はauに限らず15日です。この期間を過ぎると、予約番号は無効になるため、再度取得しなければなりません。さらに、転出先の携帯会社にウェブサイトから申し込む場合、予約番号の有効期限が10日ほど残っている必要があります(携帯会社により日数は異なる)。

従って、auからMNP予約番号を取得するタイミングは、可能な限り転出先の会社に申し込む直前が良いです。

なお、最新版iPhoneの発売直後など、購入前に商品を予約する必要がある場合、予約手続きでMNP予約番号が必要になることはありません。在庫が確保され、本契約をする際にMNP予約番号が必要となります。

SIMロック解除について

SIMロック解除の手続きは、オンラインのMy auまたはauショップで受け付けています。auを解約した後でも手続きは可能です。ただし、auショップで手続きを行うと手数料3,300円がかかるので、my auから手続きすることをおススメします。

au版iPhoneのSIMロック解除方法 全手順

au WALLET ポイントについて

auを解約すると、保持しているau WALLETポイントは使えなくなります。従って、ポイントが貯まっている場合は、解約前にau WALLETプリペイドカードにチャージをするか、au WALLET Marketau STARギフトセレクションau +1 collectionなどのショッピングサイトで残ポイントを可能な限り使い切るようにしましょう。

なお、au WALLETプリペイドカードは解約後でもカードの有効期限内であれば引き続きプリペイドカードとして利用できます。ただし、ポイント付与等の特典はなくなります。

転出先の携帯会社に申し込む

MNP予約番号を取得したら、ドコモやソフトバンク、格安SIMなど、のりかえ先の携帯電話会社に申し込みをします。

UQ mobile

参考までに、左図はUQモバイルの申し込み画面です。入力を進めていくと、「MNP予約番号」「予約番号の有効期限」「利用予定の電話番号」を入力する欄があります。

商品到着後の切り替え方法

ウェブサイトからMNP転入で他社に申し込んだ場合、通常、商品到着後に切り替え(開通)手続きをする必要があります。ワイモバイルの一部商品のように、自動で切り替わる場合もありますが、電話またはウェブから手続きを行うのが一般的です。以下の記事で、筆者が実際にMNPで乗り換えた際の手順を解説しているので、参考にしてください。

MNP手順

UQモバイルへMNP転入する手順 申込から回線切り替えまで解説

ワイモバイルにMNP転入する手順 実際にauから乗り換えてみました

楽天モバイルにMNP転入する際の手順と注意点

ahamoにMNP転入する際の手順と注意点

開通手続きと初期設定

ドコモの開通手続きと初期設定

ソフトバンクの開通手続きと初期設定

楽天モバイルの初期設定とMNP開通手続き

UQモバイルの初期設定とSIMカードが届いたらすべきこと

ワイモバイルの初期設定:APN、切り替え、My Y!mobile登録

ahamoの初期設定と開通手続き

eSIMの設定手順

povo、楽天モバイル、ワイモバイル、LINEMO、ドコモ、ソフトバンク、IIJmioのeSIMの設定手順をそれぞれの記事で解説しています。

携帯会社別のeSIM設定手順

関連記事

最新情報



上へ戻る