au版iPhoneのSIMロック解除方法 全手順

最終更新日:

当記事では、auで購入したiPhoneをMy auにアクセスして、自分でSIMロック解除する方法を解説します。My auの受付時間は9時~21時30分。手数料はかかりません。SIMロック解除の手続きはauショップ店頭でも受け付けていますが、3,000円の手数料が発生します。My auでの手続きは、iPhoneの操作ができる人なら誰でもできるような簡単なものなので、自分でやってしまいましょう。

SIMロック解除の受付条件については、年々緩和されてきているものの、機種や購入日、支払方法によりそれぞれ異なるので、詳細を知りたい方は以下の記事で確認してください。

キャリア別SIMロック解除の新条件と手続き方法

SIMロック解除の可否はMy auから確認できるので、条件に合致するかどうかよくわからない方は、とりあえず、当記事の説明に従って操作を進めてみてください。

My auからSIMロック解除手続きをする手順

公式サイトにアクセスする

My au

au公式サイトのSIMロック解除のお手続きにアクセスします。画面を下にスクロールして、[SIMロック解除のお手続き(My Au)]をタップします。


ログインする

ログイン画面が表示される場合は、[ログイン]または[au IDとパスワードを入力してログインする]をタップして、ログインしてください。すでにログイン済みの方は、[暗証番号]を入力して[次へ]をタップします。

アクティベーション

SIMロック解除の可否を確認する

SIMロック解除の可否を確認する

当ページでは、対象端末の以下の項目を確認できます。

・購入日
・機種名
・IMEI/MEID(端末製造番号)
・SIMロック解除可否

SIMロック解除が可能な場合、[1]の横にチェックを入れて、ページ下の[次へ]をタップします。


内容を確認する

確認

確認ページが表示されます。問題なければ、[解除の理由]を選択して、[この内容で申し込む]をタップします。


手続きが完了する

完了

以上でMy auでの手続きは完了です。このままの状態でも、特に何の変化もなくiPhoneを使い続けることができますが、SIMロック解除が完了したわけではありません。


手続き完了後のSIMロック解除方法は2通り

auまたはau系格安SIM以外のSIMカードをお持ちの方は、他社のSIMカードに差し替え、後述する手順を進めてください。SIMカードは解約済みのものでも問題ありません。以前、海外で購入した契約切れのSIMカードでSIMロック解除を試みたことがありますが、できませんでした。SIMカードなら何でもよいというわけではないようです。

SIMカードをiPhoneに挿入する

他にSIMカードがない方は、iPhoneをバックアップした後、初期化して復元すれば、SIMロック解除が完了します。

これらの操作方法はAppleのサポートページに説明があるので、そちらも参照して下さい。

初期化・復元してSIMロック解除する際の注意点
他社のSIMカードがない場合、iPhoneをバックアップしてから初期化(リセット)して復元すれば、SIMロック解除は完了します。しかし、iPhoneをパソコン(iTunes)に接続せずこれらの操作を行うと、いつもと変わらず復元され、本当に完了したかどうかを確認することができません。

それでは不安だという方は、iPhoneをUSBケーブルでパソコンにつなぎ、iTunesを起動した状態で初期化・復元するようにしてください。iPhoneのバックアップ・復元は、iCloudバックアップでもiTunesバックアップでもどちらでも構いません。

初期化が終わったあたりで「デバイスからアクティベーション情報を取得できなかったため、iPhoneをアクティブにできませんでした。」というiTunesの画面が出るかもしれませんが、問題ないのでそのまま先に進めてください。

復元が完了すると、以下の画面が表示されます。

iTunes

au以外のSIMカードに差し替えた際の手順

了解をタップする

au以外のSIMカードを挿入すると、「アクティベーションが必要です」と表示されます。[了解]をタップして、画面を下から上にスワイプします。iPhone 11とXシリーズ(X / XS / XS Max / XR)以外の端末では、ホームボタンを押してください。

iTunes

アクティベート

「アップデートが完了しました」と表示されたら、[続ける]をタップします。アクティベートが始まります。

アクティベーション

Apple IDにサインインする

アクティベート

Apple IDパスワードを入力して、【次へ】をタップします。

SIMロック解除完了

ホーム画面

アクティベートが完了すると、ホーム画面に切り替わります。これで、SIMロック解除は完了です。今回はauで購入したiPhone 11 Pro Maxに、ソフトバンク回線のワイモバイルのSIMカードを挿入して操作を進めたので、ロック画面やコントロールセンターのステータスバーに表示されるキャリアロゴが「Softbank」に変わりました。

※iPhoneの最新機種(iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max)以外にワイモバイルのSIMカードを挿入すると、キャリアロゴは「Y!mobile」と表示されます。

SIMロック解除をした端末で格安SIMを使う場合、基本的に格安SIM各社が提供するAPN構成プロファイルをインストールする必要があります。

ワイモバイルの初期設定:APN、切り替え(MNP)、My Y!mobile登録

UQモバイルの初期設定とSIMカードが届いたらすべきこと

ただし、親会社がソフトバンクのワイモバイルと、KDDIのUQモバイルについては、iPhoneの機種によりプロファイルのインストールは必要ありません。SIMカードをiPhoneに挿入するだけで使えます。

ワイモバイル、iPhone XR以前の機種でAPN設定不要

UQモバイル:iPhone 8以降のモデルのみAPN設定が必要

また、ソフトバンクドコモのSIMカードを使う場合においても、プロファイルのインストールは必要ありません。もちろん、今まで使っていたauのSIMカードも、これまで通り使うことができます。楽天モバイルについては、iPhoneで使う場合、APNの設定をしないとテザリングが使えません。

iPhoneで楽天モバイルUN-LIMITを使用する際の注意点

関連記事

Y!mobile 記事一覧

格安SIM メニュー



上へ戻る