ワイモバイルにMNP転入する手順 実際にauから乗り換えてみました

最終更新日:

ワイモバイルにMNP転入する際の流れ

以下は、筆者がauからワイモバイルに乗り換えた際の流れです。

1. 月曜日11時、auから電話でMNP予約番号を取得。

2. 月曜日14時、Y!mobileオンラインストアから申し込む。「お申込み完了のお知らせ」が届く。
 月曜日15時、「加入審査開始のご連絡」メールが届く。

3. 水曜日9時、「出荷完了のお知らせ」メールが届く。

4. 水曜日19時、商品(SIMカード)が届く。

5. 土曜日17時、電話で切り替えを行う。⇒ 6分後、auのSIMカードが不通になり、ワイモバイルのSIMカードで電話・ネットが使えるようになる。

6. 日曜日21時、「手続き完了のご連絡」メールが届く。

では、1つずつ詳しく見てみましょう。

MNP予約番号を取得する

ワイモバイルにMNP転入すると決めたら、まずは現在ご利用中の携帯会社からMNP予約番号を取得します。この予約番号は現在お使いの電話番号と紐づけられるため、携帯会社を変更後も以前と同じ電話番号を使い続けることが可能になります。

キャリアから取得する場合

MNP予約番号の取得方法は、キャリアの場合、電話・ショップ・ウェブの3択です。しかし、auとソフトバンクではウェブから予約番号を取得できるのはガラケー契約者に限られるため、スマホ契約者は電話かショップに出向いて取得する必要がります。ドコモの場合、スマホ契約者であってもウェブ(My docomo)から取得可能です。

・ソフトバンク
一般電話から:0800-100-5533
ソフトバンク携帯電話から:*5533
受付時間:9時~20時

・ドコモ
一般電話から:0120-800-000
ドコモの携帯電話から:151
受付時間:9時~20時

・au
一般電話・au携帯電話から:0077-75470
受付時間:9時~20時

格安SIMから取得する場合

格安SIMの場合、キャリアと違いウェブからMNP予約番号を取得するのが一般的です。また、予約番号の申請をしてから取得までに数日かかる場合もあります。

・UQモバイル
0120-929-818(9時~21時)
所要日数:即日

・LINEモバイル
マイページの「MNP転出・解約」から
所要日数:3日程度

・mineo
マイページの「解約・MNP予約番号発行」から
所要日数:即日

・楽天モバイル
メンバーズステーションの「MNP予約番号発行・確認」から
所要日数:当日または翌日

・IIJmio
会員専用ページの「MNP予約番号の発行・確認」
所要日数:4日程度

・OCNモバイルONE
マイページまたは電話(0120-506506)10時~19時
所要日数:3営業日程度

MNP転入でワイモバイルに乗り換える際の費用

MNPでワイモバイルに乗り換える際にかかる最低費用は、現在契約中の携帯会社で発生する「MNP転出手数料」の約3,000円です。実店舗でワイモバイルに申し込む場合は、それに加えて事務手数料として3,000円かかります。Y!mobileオンラインストアから申し込めば、事務手数料はかかりません。※Yahooモバイルからの申し込みは事務手数料が発生します。

乗り換えの際に発生する費用は、乗り換えるタイミングや契約状況により、他の費用がかかる可能性も考えられるので、事前に確認しておきましょう。

auの更新月を確認する方法 更新期間3カ月っていつからいつまで?

※ドコモ、ソフトバンク、auなどは、MNP予約番号を電話で取得する際、オペレーターの方が解約時に発生する正確な費用を教えてくれます。

MNP転出手数料

MNPの転出元で必ずかかるのが「MNP転出手数料」です。一般的な金額は3,000円ですが、携帯会社により異なります。

キャリアのMNP転出手数料
●ソフトバンク:3,000円
2013年9月28日から2019年9月12日の期間に契約をした方で次の項目に該当する場合は5,000円。
・みまもりケータイ
・シンプルスタイル(プリペイド携帯電話)
・スマート一括
・SIMカード単体で契約後、3ヵ月以内に転出する場合

●ドコモ:3,000円 
2019年9月30日までに提供している料金プランを契約の場合は2,000円。

●au:3,000円

申し込み時の注意点

ワイモバイルにオンラインで申し込む窓口は2つあります。1つはソフトバンクが運営するY!mobileオンラインストア(www.ymobile.jp/store)です。通常、「Y!mobileオンラインストア」という場合、こちらのサイトを指します。一方、ソフトバンクはYahoo!のサイト内でもY!mobileオンラインストア(ymobile-store.yahoo.co.jp)を運営しており、こちらのサイトはYahoo!モバイルと呼ばれることもあります。

ワイモバイルとヤフーモバイルの違い

どちらから申し込みをしても、商品やサービスに違いはありませんが、キャンペーンやスマホの値段が異なる場合があるので、申し込み前に比較してみると良いかもしれません。

ワイモバイルの申し込み方法 全手順

ワイモバイルとヤフーモバイルの最新キャンペーン情報

申し込みに必要なもの

ワイモバイルの申し込み時に必要なものは、以下の3点です。
1. MNP予約番号
2. 本人確認書類
3. クレジットカード

●MNP予約番号
申し込み時に「MNP予約番号」「転入予定の携帯電話番号」「MNP予約番号の有効期限」が必要となります。MNP予約番号の有効期限はどこで取得しても15日間ですが、Y!mobileオンラインストアから申し込む場合、有効期限が10日間以上残っている必要があります。

もし日数が足りない場合、もう一度MNP予約番号を取得しなおしてください。予約番号は通常、何度でも無料で取得できます。

●クレジットカード
Y!mobileオンラインストアで契約する場合、支払い方法はクレジットカードに限られます。月々の支払いは口座振替(銀行引き落とし)も可能なので、希望される方は契約後にワイモバイルショップで変更手続きをするか、電話またはMy Y!mobile(会員専用ページ)から「支払方法変更申込書」を取り寄せて郵送してください。

【公式】支払い方法(口座振替/クレジットカード)の変更方法を教えてください。

●本人確認書類
ワイモバイルの契約には本人確認書類が必要です。オンラインストアで申し込みする際、本人確認書類の写真のアップロードを求められます。本人確認書類として認められるものは以下の通りです。

・運転免許証

・健康保険証または住民基本台帳カード + 公共料金領収書・住民票のいずれか

・日本国パスポート

・マイナンバーカード(個人番号カード)

・身体障害者手帳

・療育手帳

・精神障害者保健福祉手帳

・特別永住者証明書

・在留カード(旧外国人登録証) + 外国パスポート

※アップロード時の注意点

アップロー画面

本人確認書類アップロード画面

アップロードできるファイル形式はJPEGで、ファイルサイズは5MB以内です。写真がぼやけたり、影が入ったり、被写体が小さかったりするなど写真に不備があると、後日再送信を求められ手続きに時間がかかってしまうので、一度下記の公式ページに目を通しておくと良いと思います。

【公式】本人確認書類の送付について

転出元の名義と契約名義が異なる場合

転出元(契約中の携帯会社)の名義とワイモバイルで契約する名義は同一である必要があります。もし、家族の誰かを主回線にし、自分は副回線として契約しているなどで契約名義が異なる方は、先に転出元の携帯会社で名義変更したうえでワイモバイルにMNP転入するようにしてください。

以下、各キャリアの名義変更の案内ページです。

ソフトバンク(契約者の名前を変更することはできますか?)

ドコモ(名義変更)

au(au携帯電話機を家族の名義に変更(譲渡)するには、どのような手続きが必要ですか?)

SIMカードのサイズ

SIMカードのみを契約する場合、SIMカードのサイズを選択する項目が表示されます。

SIMカードのサイズ

ワイモバイルが取り扱うサイズは「nano」「micro」の2種類です。お手持ちのスマホがどちらのサイズに対応するか、確認しておきましょう。使用するスマホがiPhoneの場合、機種に関わらずSIMカードのサイズはすべて「nano」になります。

【公式】他社が販売する携帯電話をワイモバイルで利用する

上記公式ページにアクセスし、使用予定のスマホメーカーをクリックすると「機種名」や「OS」などとともに「SIM形状」の項目が表示されます。この「SIM形状」がSIMカードのサイズになります。

商品到着後の設定方法

商品が届いた後にすべきことは、契約内容やお使いの端末により異なります。最も簡素な場合、ワイモバイルのSIMカードを端末に挿入するだけで、すぐに使えるようになります。切り替え手続きもAPN設定も必要ありません。

郵送物の中身を確認する

郵送物の中身

筆者がワイモバイルのSIMカードを申し込んだのはこれで4回目。過去3回はたかだかSIMカードを送ってくるのにダンボールで届きましが、今回はA4サイズより一回り小さい厚い封筒で届きました。

同封物は以下の通り。
・納品書
・「初めにお読みください」と書かれた冊子
・SIMカード

電話番号の切り替え方法

ワイモバイルのSIMカードで電話番号を使えるようにするには、切り替え手続きが必要です。手続きは全員が必要というわけではありません。申し込み時にメールで届く「【Y!mobileオンラインストア】お申込み完了のお知らせ」に記載のウェブ受注番号により異なります。

ウェブ受注番号が「R」から始まる場合
下記の「ワイモバイルカスタマーセンター切替え窓口」に電話をかけ、切り替え手続きを行います。

電話番号:0800-919-9809
対応時間:10時~19時

音声ガイダンスに従い、以下の入力を行ってください。手続き自体は1分程度で終わります。
1. 切り替えを行う電話番号を入力
2. 契約時に指定した4桁の暗証番号を入力
3. 切り替えの確認(はい / いいえ)
4. 手続き完了

手続きが完了してから1~2時間程度で転出元のSIMカードの表示が「圏外」になります。これで切り替えは完了となるので、ワイモバイルのSIMカードに差し替えてください。これら一連の流れは、同封の「初めにお読みください」と書かれた冊子に説明があるので、そちらも目を通すようにしてください。

ちなみに今回、筆者がオンラインストアからSIMカードを契約したところ、ウェブ受注番号は「R」始まりでした。切り替え窓口に電話をして手続きを完了してからワイモバイルのSIMカードが使えるようになるまでに要した時間はわずか6分でした。

なお、商品を受け取ってから6日以内に切り替え手続きを行わなかった場合、ワイモバイルが切り替えを行うので、ユーザーがすべきことはありません。

ウェブ受注番号が「C」から始まる場合
こちらの場合、ワイモバイルが商品の到着を確認した翌日に、ワイモバイル側が切り替えを行うためユーザー側がすべきことはありません。転出元のSIMカードが「圏外」になったことを確認後、ワイモバイルのSIMカードに差し替えてください。

なお、公式ページに案内がある通り、 ウェブ受注番号が「C」始まりの場合、商品が到着しても転出元のSIMカードが「圏外」になるまでは、開封しないようにしてください。商品到着後であっても契約に至らないケースがあるからです。この場合、商品を返却しないと商品代金を請求されることになるので注意してください。

商品到着後に2回も審査に落ちた実体験

実は筆者、ワイモバイルのSIMカードが届いた後、審査に通らず契約できなかった経験が2回もあります。2回ともウェブ受注番号は「C」始まりでした。当時(2018年4月と6月)MNPの電話番号の切り替えはすべてワイモバイル側が行っていたので、現在のようにウェブ受注番号による切り替え方法の差異はなかったと記憶しています。

さて、ワイモバイルから商品(SIMカード)が届き、さらに「【Y!mobileオンラインストア】切替手続き開始のご連絡」メールも届きましたが、数時間後に「【Y!mobileオンラインストア】審査結果のお知らせ」メールにて、「お申込みを総合的に検討させて頂きました結果(中略)、ワイモバイル通信サービスのご契約を見合わせて頂く事となりました」と審査結果報告がありました。理由については、「具体的な審査内容の詳細につきましては開示致しかねます」とのことでした。

とはいえ、審査に落ちた理由は明白で、審査に落ちる約半年前にワイモバイルを新規契約 → 審査に落ちる約3週間前に解約してMNP転出 → 別の電話番号でMNP転入で申し込んだところ審査に落ちました。約2カ月後に再度MNP転入を試みましたが、結果は同じでした。ワイモバイルの店員さんにも確認しましたが、やはり、短期間にこのようなややこしい動きをすると、一定期間は再契約ができないようです。ちなみに、今回、契約に至ったのは最初に審査に落ちてから約1年後のことでした。

ワイモバイルに限らず他の携帯キャリアでは、短期間に解約すると、その後一定期間は再契約できない仕組みになっているようです。

審査に落ちた際の商品の返却方法

筆者が商品到着後に審査に落ちた際、「【Y!mobileオンラインストア】審査結果のお知らせ」という表題のメールに、商品の返却方法が案内されていました。

「すでに商品が到着している場合は、 後日返却キットをお送りさせていただきますので、箱・取扱説明書を含む一式を下記宛先へご返送ください。」

しかし結局、返却キットは送られて来なかったため、返却はしませんでした。筆者の場合、注文したのはSIMカードのみでした。さすがに、iPhoneなどの端末を注文した場合は返却キットが送られてくるはずなので、忘れずに返却するようにしましょう。

SIMカードの挿入方法

SIMカード

iPhoneのSIMカード挿入口は端末の側面にあります。iPhoneを購入した際に付属していたSIMカード取り外しピンを使い、端末にワイモバイルのSIMカードを挿入してください。取り外しピンがない方は、クリップや安全ピンなどで代用してください。

SIMカードをiPhoneに挿入する

iPhone 11 / 11 Pro以外の機種はAPN設定不要

格安SIMをiPhoneで使う場合、通常はAPN(アクセスポイント名)と呼ばれるインターネットに接続するための情報をiPhoneに設定する必要がありますが、ワイモバイルではiPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max以外の機種においてAPNは不要です。SIMカードをiPhoneに挿入するだけですぐに使えるようになります。

キャリア別iPhoneのSIMロック解除方法と受付条件

お使いの機種がiPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro MaxまたはAndroidの場合は、以下の記事を参考にしてAPNを設定してください。

iOS:APN構成プロファイルのインストール方法

AndroidのAPN設定方法

iPhoneを新たに購入した場合はデータを移行する

MNP転入を機にiPhoneを買い替えるなどした場合は、iPhoneのクイックスタート機能を使って、データを移行します。

クイックスタートの使い方とデータ移行方法

iPhoneのデータ移行機能と言えば以前は、iCloudバックアップiTunesバックアップしかありませんでしたが、今では移行元のiPhoneと移行先のiPhoneを近づけるだけでデータ移行ができる機能や、Androidから移行できる機能なども備わっています。

ちなみに、iCloudバックアップとiTunesバックアップの違いは、データをiCloudに保存するかパソコンに保存するかの違いの他、バックアップの対象データも微妙に異なります。両方ともバックアップできないデータ(iTunes Storeで購入したコンテンツなど)や設定(パスコードなど)もありますが、新しいiPhoneで再ダウンロードしたり再設定すれば、ほぼ元のiPhoneと同じ状態に復元できます。

【公式】iOS デバイスのバックアップについて

My Y!mobileにログインする

マイワイモバイル

PC版My Y!mobileの管理画面

ワイモバイルの契約者向けサービス「My Y!mobile」では、スマホやパソコンから利用料金やデータ通信量の確認、契約内容の変更、メールの設定などをオンライン上で行うことができます。Wi-Fiをオフにすればパスワードがなくてもログインできますが、パスワードがないと閲覧できないページもあるので、初期パスワードの変更は初めにやっておきましょう。

⇒ My Y!mobileにログインする

関連記事

最新情報

Y!mobile 最新記事

格安SIM メニュー



上へ戻る