LINEモバイル速度比較:ソフトバンク回線 vs ドコモ回線 vs au回線

最終更新日:

計測方法

速度テストアプリ
使用した計測アプリはSpeedtest.net。8時から24時まで毎時間計測。

App Store
App Storeでのアプリのダウンロード時間を計測し、転送速度を割り出しました。ダウンロードしたアプリはWeblio英語辞書。ネット利用者が増える8時、12時30分、18時、22時に実施。

Safari
約90KBの画像20枚を挿入したhtmlページ(1.8MB)をSafariで開き、すべてのファイル(cssやジャバスクリプトなど全26個)を読み込むまでの時間を、Safari Webインスペクタを用いて計測しました。ウェブページを開いた際にiPhoneのステータスバーに出る、くるくる回っているアイコンが消えるまでの時間です。

計測した時間帯は8時、12時30分、18時、22時。それぞれ3回ずつ、都度キャッシュを削除して計測し、数値の近い2つを採用しました。 ウェブページの読み込みに関しては、複数のファイルの読み込みが同時進行で行われるのに加えて、サーバーとの通信回数など諸々のことが関わってくるため、データの転送速度を表す単位であるbpsではなく、読み込みに要した時間を記載しました。

使用端末、計測日、計測場所

使用端末

・ソフトバンク回線:iPhone 12(ソフトバンク版SIMロック)

・ドコモ回線:iPhone 12 Pro(ドコモ版SIMロック)

・au回線:iPhone 12(au版SIMロック)

計測日:2020年10月28日(水)
計測場所:愛知県名古屋市中区栄

計測結果

速度テストアプリのダウンロード速度

時刻

ソフトバンク回線

ドコモ回線

au回線

8時

50.47

9.88

1.92

9時

51.60

15.83

77.37

10時

50.89

18.86

29.01

11時

47.88

23.89

10.73

12時30分

1.87

1.50

0.70

13時

4.25

8.69

1.00

14時

34.56

27.78

20.63

15時

51.51

48.24

14.90

16時

61.20

34.89

1.43

17時

33.14

11.40

1.80

18時

3.85

2.18

0.71

19時

3.85

3.44

1.34

20時

38.88

24.16

1.90

21時

51.49

41.16

1.85

22時

52.84

28.04

6.63

23時

67.99

23.78

29.89

24時

65.09

35.33

28.16

※ 速度の単位はMbps。

ソフトバンク回線とドコモ回線は、格安SIMとしては合格点を付けられる内容でした。ネット利用者が急増する昼休みの時間帯においても1Mbps以上の速度が出ていましたし、帰宅ラッシュの18時も速度が極端に落ち込むことはありませんでした。

一方、au回線の方は、ソフトバンクとドコモの両回線に比べるとかなり見劣ります。昼休みの時間帯は0.7Mbps出ていたので悪くありませんが、16時から21時までの速度がいずれも2Mbpsを上回らなかったのは良くありません。

ソフトバンク回線:速度テスト結果の詳細

ドコモ回線:速度テスト結果の詳細

au回線:速度テスト結果の詳細

App Storeでのダウンロード速度

ダウンロードしたアプリ:楽天ペイ
アプリのサイズ:44.9MB

時刻

ソフトバンク回線

ドコモ回線

au回線

8時

119.73(3秒)

3.45(1分44秒)

5.13(1分10秒)

12時30分

2.9(2分4秒)

1.03(5分48秒)

1.13(5分17秒)

18時

9.45(38秒)

1.71(3分30秒)

1.58(3分48秒)

22時

119.73(3秒)

119.73(3秒)

51.31(7秒)

※ 速度の単位はMbps。

App Storeでのアプリのダウンロード速度については、ソフトバンク回線は文句なし、ドコモ回線とau回線はまずまずといったところ。22時の速度は3回線ともかなり高速ですが、これはLINEモバイルに限ったことではなく、他の格安SIMでも同様の傾向があります。

Safari ウェブページの読み込み速度

計測したウェブページ:自作ページ(サイズ1.80MB)

時刻

ソフトバンク回線

ドコモ回線

ドコモ回線

8時

2.72秒

2.78秒

13.13秒

3.31秒

2.89秒

9.48秒

12時30分

12.02秒

8.48秒

21.57秒

13.2秒

6.49秒

35秒

18時

5.61秒

7.88秒

25.88秒

5.77秒

5.89秒

28.71秒

22時

2.24秒

2.83秒

12.42秒

3.49秒

3.44秒

5.43秒

ソフトバンク回線は、12時30分を除けば、快適にウェブの閲覧ができる速度が出ていました。12時30分は多少のもたつきを感じるでしょうが、同時間帯の格安SIMの速度としては、及第点以上です。

ドコモ回線については、全時間帯で問題なし!と言いたいところですが、気になることがありました。ウェブページの読み込みテストは8時、12時30分、18時、22時にそれぞれ3回づつ計測をし、数値の近い2つを採用しています。今回のドコモ回線の結果は、採用しなかった3つ目の数値がどれも良くなかったので(8時と18時が約13秒、12時30分と18時が約30秒)、安定性がかけていました。

au回線については、全時間帯で読み込みに10秒以上を要していたので、これは良くありません。格安SIM選びの候補から外すことをおススメします。

まとめ - 選ぶならソフトバンク回線とドコモ回線の二択

今回の速度テストでわかる通り、LINEモバイルを契約するなら、ソフトバンク回線かドコモ回線の二択です。au回線は素直にあきらめるべきだと思います。

ソフトバンク回線とドコモ回線ならそこそこの速度が出るし、LINE利用時のデータ通信量がゼロになるなどのメリットもあるので、契約するに値するかもしれません。

ただし、キャリアのSIMカードを使ってきた方がLINEモバイルにのりかえると、やはり物足りなさを感じるはずです。利用料金に大きな差があるので、当然と言えば当然ですが..。

もし、キャリアと同程度の速度で、かつ毎月の料金を抑えたいなら、ソフトバンクのワイモバイルか、KDDIのUQモバイルを検討してみてください。格安SIM選びは、この2社を差し置いては考えられません。どちらも通信速度に関しては、他の格安SIMとは比べ物にならないほど高速です。

当サイトでは、今回LINEモバイルを計測した同じ方法で、ワイモバイルとUQモバイルの速度テストを定期的に実施しているので、下記の記事も格安SIM選びの参考にしてください。

速度比較:ワイモバイル vs UQモバイル

【公式】LINEモバイル

関連記事



上へ戻る