ヤフーモバイルとワイモバイルの違い

最終更新日:

ワイモバイルとヤフーモバイルの違いを簡単に言うと、ソフトバンクが運営するモバイルサービスがワイモバイル(Y!mobile)で、ソフトバンクの子会社のYahoo! JAPANが運営するのがヤフーモバイル(Yahoo!モバイル)です。ワイモバイルはY!mobileオンラインストア(www.ymobile.jp/store)のほか、全国に1,000店舗以上のショップを展開しています。一方、ヤフーモバイルはYahoo! JAPAN内でY!mobileオンラインストア(ymobile-store.yahoo.co.jp)を運営していますが、実店舗はありません。

両者ともに「Y!mobileオンラインストア」という同じ名称でオンラインストアを運営しているため、「何が違うの?」と多くの方が疑問に思うことでしょう。結論から言えば、どちらから申し込んでも、商品や料金プラン、通信サービスに違いはありません。購入窓口が異なるだけです。

では、どちらから申し込んでも何も変わらないのかと言うと、実はそうではありません。

ワイモバイルはソフトバンクが運営するサービス

ワイモバイル公式サイトの「企業情報」を見ればわかる通り、ワイモバイルはソフトバンクが運営しています。ソフトバンクの関連会社でもなければ子会社でもありません。ワイモバイルはソフトバンクそのものです。

ではなぜ、ワイモバイル = ソフトバンクというイメージが確立していないかというと、現在の形態に至る過程で、ワイモバイルは様々な企業と合併を繰り返したため、その時々の企業イメージがいまだ残っているためだと思われます。ワイモバイルの元の元を辿ると、1994年に設立されたDDIポケットまで遡ります。のちにウィルコムに名称を変更するDDIポケットは、実はKDDIの子会社でした。

その後、紆余曲折を経て「ワイモバイル」の名称が初めて世に登場したのは2014年、ヤフーが買収を発表した際(のちに中止)のことです。ワイモバイルのロゴがヤフーにそっくりなのは、こうした経緯に由来します。ちなみに、現在のYahoo! JAPANはソフトバンクグループ株式会社の子会社です。

参照:沿革(旧ワイモバイル株式会社)

ヤフーモバイルの販売業者はソフトバンク

ヤフーモバイルは、親会社であるソフトバンクがYahoo! JAPANブランドで運営するオンラインストアです。ヤフーモバイルの「特定商取引法の表示」を見てみると、販売業者はソフトバンク株式会社となっています。つまり、ヤフーモバイルのサイト自体はヤフーが運営主体となるものの、実際に販売しているのはソフトバンクということです。ソフトバンクがヤフーにY!mobileオンラインストアを出店しているイメージです。

ヤフーモバイルが取り扱う商品やサービスはワイモバイルと同じです。どっちから申し込んでも端末やSIMカード、料金プラン、通信サービスはワイモバイルです。

iPhone SE(第2世代)はどっちから購入すべき?

ワイモバイルとヤフーモバイルは、2020年4月に発売されたばかりのiPhone SE(第2世代)を販売しています。

 

ワイモバイル

ヤフーモバイル

iPhone SE
(64GB)

MNP・新規:39,600円~
機種変更:50,400円~

MNP・新規:41,760円~
機種変更:50,400円~

iPhone SE
(128GB)

MNP・新規:46,080円~
機種変更:56,879円~

MNP・新規:48,240円~
機種変更:56,879円~

事務手数料

0円

3,300円

PaqyPay還元

3,000円分(要エントリー)

3,000円分(要エントリー)

PaqyPay還元
※ヤフーモバ
イル独自

-

MNP・新規:5,555円相当
機種変更:3,300円相当
※毎月5日、15日、25日と日曜日
の申し込みのみ。

購入にかかる費用は、ワイモバイルの場合は機種代金のみ、ヤフーモバイルの場合は機種代金+事務手数料(3,300円)です。上の表を見ればわかるとおり、費用はワイモバイルの方が安いです。ヤフーモバイル独自のPayPay還元特典を考慮しても、ヤフーモバイルの方が95円だけお得になる程度(機種変更の場合はどちらも同じ)なので、基本的にはワイモバイルから購入するほうが安く済みます。ただし、両ストアのiPhoneの販売価格やキャンペーンは頻繁に変わるため、購入画面とキャンペーンページを必ず確認するようにしてください。

なお、どちらから申し込んでも3,000円分のPayPayボーナスライトがもらえる「どこでももらえる特典」は、購入前にヤフーモバイルからエントリーしておく必要があります。

ワイモバイル、「どこでももらえる特典」開始 3,000円分のPayPay還元 他キャンペーンと併用可

最大の違いはキャンペーンにあり!

ワイモバイルとヤフーモバイルは、両オンラインストア共通のキャンペーンを展開する一方で、それぞれ独自のキャンペーンも実施しています。2020年9月現在の両者のキャンペーンは以下の通り。

ワイモバイルとヤフーモバイルの最新キャンペーン情報

 

Yahoo!モバイル

Y!mobile

SIM契約・
スマホ契約

どこでももらえる特典:3,000円還元

家族割引サービス:2回線目以降500円割引

下取りプログラム:iPhone Xが19,200円など

おうち割:スマホベーシックプラン毎月500円割引

データ増量無料キャンペーン2:最大3GB増量

60歳以上通話ずーっと無料:かけ放題無料。

-

事務手数料:3,300円が無料

YouTube Premium:3ヶ月無料

SIM契約

SIMカードご契約特典:11,000円還元

PayPayキャンペーン:6,000円還元

スマホ契約

スマホご契約特典:5,555円還元

-

関連記事

最新情報

Y!mobile 最新記事

格安SIM メニュー



上へ戻る