UQモバイル節約モード時の速度比較、300Kbps vs 200Kbps

最終更新日:

UQモバイルの主要プランである「スマホプラン」は、月額1,980円から利用できる人気のプランです。無料通話ができて、さらに、ターボ機能をオフにした際や月のデータ容量を使い切った後の速度が300Kbps。通常、格安SIMの低速時の速度は公称200Kbpsなので、1.5倍速ということになります。ちなみに、UQモバイルの他のプランは200Kbpsです。

200Kbpsと聞くと、絶望的に遅いという印象を受けるかもしれませんが、実際に使ってみると、意外といろんなことができたりします。

200kbps(速度制限時)でできること、できないこと

これが300Kbpsとなると、さらにできることの幅が広がります。ということで今回は、スマホプランの節約モード時の公称速度300Kbpsを調査すべく、低速時の公称速度が200KbpsのSIMとともに速度テストを実施しました。

使用端末、計測日、計測場所

使用した端末とSIMの組み合わせは以下の通り。iOSのバージョンは11.3。

・UQモバイル(スマホプラン):iPhone X(ドコモ版SIMロック解除)

・UQモバイル(データ高速プラン):iPhone 6s(ドコモ版SIMロック解除)

・mineo auプラン:iPhone 7(au版SIMロック解除)

・OCNモバイルONE:iPhone 6(ドコモ版)

・楽天モバイル:iPhone 6s(ソフトバンク版SIMロック解除)

・IIJmioタイプA:iPhone 6 Plus(SIMフリー)

計測日:2018年4月2日(月)
計測場所:愛知県名古屋市中心部

速度テストアプリのダウンロード速度

テストアプリ:Speedtest.net
※単位はMbps。

時刻

UQ
300Kbps

UQ
200Kbps

mineo

OCN

楽天

IIJ

8時

0.32

0.22

0.21

0.29

0.21

0.20

9時

0.29

0.19

0.24

0.30

0.19

0.22

10時

0.31

0.20

0.25

0.24

0.20

0.32

11時

0.30

0.27

0.24

0.20

0.18

0.33

12時30分

0.29

0.22

0.18

0.34

0.34

0.20

13時

0.31

0.20

0.22

0.28

0.20

0.33

14時

0.32

0.20

0.23

0.27

0.20

0.28

15時

0.30

0.20

0.21

0.27

0.20

0.26

16時

0.32

0.26

0.22

0.22

0.20

0.28

17時

0.33

0.20

0.22

0.24

0.20

0.22

18時

0.32

0.21

0.20

0.30

0.21

0.12

19時

0.31

0.26

0.20

0.20

0.26

0.16

20時

0.30

0.27

0.21

0.24

0.21

0.30

21時

0.30

0.23

0.21

0.26

0.23

0.24

22時

0.31

0.20

0.22

0.27

0.20

0.18

23時

0.29

0.18

0.24

0.26

0.22

0.20

24時

0.30

0.27

0.23

0.23

0.21

0.24

平均値

0.31

0.22

0.22

0.26

0.22

0.24

速度テストアプリのアップロード速度

※単位はMbps。

時刻

UQ
300Kbps

UQ
200Kbps

mineo

OCN

楽天

IIJ

8時

0.30

0.21

0.19

0.25

0.20

0.26

9時

0.30

0.19

0.19

0.25

0.20

0.20

10時

0.30

0.25

0.19

0.25

0.20

0.19

11時

0.30

0.27

0.20

0.25

0.20

0.20

12時30分

0.30

0.21

0.19

0.29

0.20

0.24

13時

0.29

0.20

0.20

0.26

0.20

0.21

14時

0.29

0.20

0.20

0.25

0.21

0.20

15時

0.30

0.20

0.20

0.29

0.20

0.21

16時

0.30

0.22

0.07

0.25

0.20

0.21

17時

0.30

0.25

0.21

0.25

0.20

0.26

18時

0.31

0.24

0.20

0.25

0.21

0.20

19時

0.30

0.20

0.20

0.27

0.20

0.21

20時

0.31

0.20

0.20

0.24

0.20

0.21

21時

0.31

0.22

0.21

0.25

0.20

0.22

22時

0.30

0.15

0.21

0.25

0.20

0.21

23時

0.30

0.18

0.21

0.25

0.19

0.21

24時

0.31

0.21

0.20

0.24

0.21

0.30

平均値

0.30

0.21

0.19

0.26

0.20

0.22

速度テストアプリのPING(応答時間)

※単位はms(数値が小さいほど速い)。

時刻

UQ
300Kbps

UQ
200Kbps

mineo

OCN

楽天

IIJ

8時

63

77

80

55

51

89

9時

76

60

43

45

49

59

10時

65

65

45

49

52

37

11時

66

68

39

50

49

34

12時30分

62

50

83

82

91

92

13時

66

41

87

57

50

92

14時

52

39

36

53

47

72

15時

64

50

57

60

45

93

16時

70

62

40

48

48

76

17時

78

57

78

43

49

67

18時

74

59

85

54

34

99

19時

60

65

88

49

50

114

20時

62

50

76

50

83

96

21時

66

92

73

55

49

91

22時

64

115

78

53

49

95

23時

72

98

40

48

94

78

24時

62

52

42

41

83

50

平均値

66

65

63

53

57

79

App Storeでのダウンロード速度

ダウンロードしたアプリ:au Wi-Fi接続ツール
アプリのサイズ:3MB
※単位はMbps。

時刻

UQ
300Kbps

UQ
200Kbps

mineo

OCN

楽天

IIJ

8時

0.51

0.38

0.33

0.43

0.33

0.31

12時30分

0.52

0.36

0.20

0.19

0.36

0.24

18時

0.59

0.39

0.34

0.43

0.33

0.21

22時

0.50

0.35

0.35

0.44

0.33

0.32

まとめ - UQモバイルとOCNモバイルONEが速い

スマホプランの節約モード時の速度は、確かに他のSIMより速かったです。時間帯による速度の落差もほぼないので、安心して使うことができると思います。スマホプラン以外で目についたのは、OCNモバイルONEです。数値上でも他の200KbpsのSIMより速かったですし、計測以外の実際の場面においても、他社より速いと感じます。他の格安SIMについてはほぼ横一線といったところで、さしたる違いはありませんでした。

バースト転送について

バースト転送とは、低速通信時の始めの一定量のみ高速通信ができる機能です。サイズの軽いテキストベースのウェブページなら、バースト転送により表示速度が少しだけ速く感じられます。

今回計測した中で、バースト転送の実装を公式サイトで言及しているのは、OCNモバイルONEとIIJmioです。mineoもコミュニティサイトマイネ王で、バースト転送と似た機能を実装しているとコメントしています。

バースト転送機能を実装する格安SIM比較

UQモバイルと楽天モバイルは、公式サイトでバースト転送への言及はないようですが、速度テストアプリを見る限り、初速は1Mbps以上出ているようです。

【公式】UQモバイル5,000円キャッシュバック
SIM単体契約やiPhoneの購入にもキャッシュバック特典が適用。

関連記事

最新情報

UQ mobile 最新記事

格安SIM メニュー



上へ戻る