ワイモバイルのiPhone 12はお得か?Appleストア、携帯3社と比較

最終更新日:

ワイモバイルからiPhone 12 / 12 miniが発売されましたが、本体価格や毎月の利用料金はAppleストアで購入した場合や大手通信キャリアと契約した場合と比較すると、ワイモバイルのお得度はどれほどでしょうか。色々と検証してみました。

まずはiPhone12の仕様や特徴を知りたいという方は、以下の記事で詳細を解説しているので参照してください。

iPhone 12 最新情報

iPhone 12 / 12 miniの価格 Appleストアとの比較

iPhone12

※表示価格はすべて税込み。

Y!mobileオンラインストアが販売するiPhone 12 / 12 miniは、新規または他社から乗り換え(MNP)の場合18,000円割引、機種変更の場合7,200円割引されます。割引適用後の価格をAppleストアの価格と比較すると、新規・MNPはワイモバイルで購入する方が安くなり(iPhone 12 256GBはAppleストアの方が安い)、機種変更はAppleストアで購入する方が安くなります。

ちなみに、Y!mobileオンラインストアでは、実店舗で3,300円かかる事務手数料は無料です。

iPhone 12の価格

 

64GB

128GB

256GB

販売価格

110,880円

116,640円

131,040円

割引

・新規・他社から乗り換えの場合18,000円割引
※ソフトバンクからの番号移行とソフトバンクMVNOからのMNP除く

・機種変更の場合7,200円割引

割引後価格

新規・MNP

92,880円

98,640円

113,040円

機種変更

103,680円

109,440円

123,840円

Appleストアの価格

94,380円

99,880円

111,980円

iPhone 12 miniの価格

 

64GB

128GB

256GB

販売価格

96,480円

102,960円

116,640円

割引

・新規・他社から乗り換えの場合18,000円割引
※ソフトバンクからの番号移行とソフトバンクMVNOからのMNP除く

・機種変更の場合7,200円割引

割引後価格

新規・MNP

78,480円

84,960円

98,640円

機種変更

89,280円

95,760円

109,440円

Appleストアの価格

82,280円

87,780円

99,880円

3,000円分のPayPayボーナスを還元

ワイモバイルは3,000円分のPayPayボーナスを還元する「どこでももらえる特典」を実施しています。同特典は、ワイモバイルを申し込む前に専用ページからエントリーをする必要があります。申し込み後にエントリーをしても特典の対象外となるので注意してください。

なお、エントリーはY!mobileオンラインストア ヤフー店(ヤフーモバイル)の専用ページで行いますが、Y!mobileオンラインストア(本店)や実店舗でワイモバイルを契約しても、「どこでももらえる特典」は適用されます。

ワイモバイルの「どこでももらえる特典」を解説 他キャンペーンと併用可

Y!mobileオンラインストア ヤフー店で購入する場合

ワイモバイルはY!mobileオンラインストア(本店)のほか、Yahoo! JAPANのサイト内でもY!mobileオンラインストア ヤフー店(ヤフーモバイル)を運営しています。

ヤフーモバイルとワイモバイルの違い

Y!mobileオンラインストア ヤフー店からiPhone 12 / 12 miniを購入すると、PayPayボーナスによる還元額が多いため一見お得に見えますが、一方で新規・MNPの場合の割引額が本店より少なく、しかも事務手数料として3,300円かかります。PayPay還元額を含めて計算してもヤフー店のほうが95円安くなるだけですし、機種変更に至っては同額です。結論としては、現金支払い額が少なくて済む本店から購入するほうがお得だと思います。

iPhone 12とSEはどっちから購入すべき? - ヤフーモバイルとワイモバイルの違い

ドコモ・ソフトバンク・auとの比較

携帯キャリア3社とワイモバイルのiPhone 12 / 12 miniの機種代金(割引適用)を比較してみます。

iPhone 12の価格

 

 

64GB

128GB

256GB

ドコモ

MNP

79,376円

87,296円

101,552円

新規

79,376円

87,296円

101,552円

ソフトバンク

MNP

89,280円

95,040円

109,440円

新規

110,880円

116,640円

131,040円

au

MNP

81,430円

86,260円

100,435円

新規

92,430円

97,260円

111,435円

ワイモバイル

MNP

92,880円

98,640円

113,040円

新規

92,880円

98,640円

113,040円

iPhone 12 miniの価格

 

 

64GB

128GB

256GB

ドコモ

MNP

65,912円

73,832円

88,088円

新規

65,912円

73,832円

88,088円

ソフトバンク

MNP

74,880円

81,360円

95,040円

新規

96,480円

102,960円

116,640円

au

MNP

68,065円

73,240円

87,305円

新規

79,065円

84,240円

98,305円

ワイモバイル

MNP

78,480円

84,960円

98,640円

新規

78,480円

84,960円

98,640円

MNPにおけるワイモバイルの機種代金は、携帯キャリア3社と比較すると意外にも一番高く設定されています。ドコモやauより約1万円ほど高いです。ただしauの場合、オンラインショップでの購入にも事務手数料3,300円がかかるので、この金額も考慮する必要があります。ワイモバイル、ソフトバンク、ドコモについては、オンラインショップで購入すれば事務手数料はかかりません。

毎月の利用料金と2年間の総額

iPhone 12 / 12 miniの機種代金だけを比較してもあまり意味がないので、次に各社の料金プラン(通信料金)も比較してみます。まずは、ワイモバイルのスマホ向けプラン「シンプル」の料金体系をおさらいしておきます。

新料金プラン「シンプル」を解説

■ワイモバイルのスマホ向けプラン「シンプル」の料金体系

容量

シンプルS

シンプルM

シンプルL

基本容量

3GB

15GB

25GB

増量(1年無料)

+1GB

+3GB

+3GB

基本料金

2,178円

3,278円

4,158円

家族割または
おうち割適用時

990円

2,090円

2,970円

低速時速度

300Kbps

1Mbps

1Mbps

通話料金

30秒につき22円

通話オプション

かけ放題:1,870円
10分かけ放題:770円

■各社3GBプランの月額と2年間総額を比較
ワイモバイルの最小容量プラン「シンプルS」に合わせて、各社3GBプラン(auは3GBがないため4GB)の料金を比較してみます。

 

月額料金

2年間総額

ドコモ
(5Gギガライト)

4,378円

105,072円

ソフトバンク
(ミニフィット+)

5,478円

131,472円

au
(ピタットプラン5G)

4,928円

118,272円

ワイモバイル
(シンプルS)

2,178円

52,272円

料金プランについては、ワイモバイルがぶっちぎりで安いです。2年間の総額でみると、最安のドコモより52,800円も安くなります。MNPで他社から乗り換える場合、ワイモバイルのiPhone 12 / 12 miniの機種代金はドコモより約10,000円高くなりますが、毎月の利用料金も含めて考えれば、やはりワイモバイルが圧倒的にお得です。

家族割引とインターネット割引

家族や自分一人で複数の回線を契約する場合や、自宅のインターネットもスマホと同一通信キャリアで契約する場合、各社とも月額料金から一定額を割引する特典を提供しています。ワイモバイルの場合、家族で複数の回線をシンプルプランにて契約すると、2回線目以降が毎月1,188円割引されます。また、ソフトバンク光(もしくはソフトバンクAir)とワイモバイルのシンプルプランの両方を契約すると、シンプルプランの月額料金が毎月1,188円割引されます。

■3GBプラン契約時の割引

 

家族割引

インターネット割引

ドコモ

みんなドコモ割
-550円(2回線)
-1,100円(3回線以上)

光セット割
-550円

ソフトバンク

-

おうち割光セット
-1,100円

au

家族割プラス
-550円(2回線)
-1,100円(3回線以上)

スマートバリュー
-550円

ワイモバイル

家族割引サービス
-1,188円
2回線目以降が割引

おうち割光セット(A)
-1,188円
家族割と併用不可

5Gについて

ワイモバイルは2021年2月より、5Gサービスを開始しています。新料金プラン「シンプル」を新規で申し込む方は、契約当初から5G対応エリアにおいて5G通信を利用できます。また、旧プランのスマホベーシックプランを契約している方も、順次5Gを利用できるようになりますし、優先受付申し込みをすれば、1週間から10日ほどで5G対応が完了します。

5G対応エリアは急速に拡大中

日本で商用5Gサービスが始まったのは2020年3月です。当初はびっくりするほど対応エリアが狭く、失望を禁じ得ない状況でした。しかし、あれから約1年が経過した今、大都市の中心部においては、かなりエリアに広がりが出てきました。ワイモバイルは、5G対応エリアをマップ上で公開しているので、お住まいの地域の対応状況を確認してみてください。ちなみに、ワイモバイルの通信回線はソフトバンクと同じなので、両サービスの対応エリアも同じです。

【公式】ワイモバイル5Gエリアマップ

UQモバイルは2021年夏に5G対応予定

ワイモバイルと長年ライバル関係にあるUQモバイルは、2021年夏頃に5Gサービスを開始する予定です。これまではワイモバイルが先に手を打ち、UQモバイルがすぐさま真似をするという流れでしたが、iPhone 12 / 12 miniの発売と5G対応については、UQモバイルが大きく遅れを取ることになりました。

SIMフリーのiPhone 12を受け取ることも可能

ワイモバイルが販売するiPhone 12 / 12 miniは、基本的にSIMロックがかかっています。しかし、以下のどちらかの条件を満たしている場合、SIMロック解除された状態でiPhoneを受け取ることが可能です。

・対象製品を一括払いで購入した場合。
・利用料金支払いをクレジットカード払いにした場合。

Y!mobileオンラインストア

SIMロック解除済みのiPhoneを受け取りたい方は、購入手続きの「SIMロック解除のお手続きについて」の項目で、[希望する]を選択して手続きを進めてください。

【公式】Y!mobileオンラインストア

なお、「希望しない」を選択した場合でも、My Y!mobileから簡単にSIMロック解除の手続きをすることができます。

ワイモバイル版iPhoneのSIMロック解除方法 全手順

関連記事

最新情報

Y!mobile 最新記事

格安SIM比較 メニュー



上へ戻る