200kbps(速度制限時)でできること、できないこと

最終更新日:
200kbps

格安SIMでは、データ容量を使い切ったとき、高速から低速に切り替えたとき、直近3日間のデータ消費量が規定値を超えたときなどに、通信速度が200kbpsに制限されます。UQモバイルのように、低速時の速度が1Mbps(プランR)または300Kbps(プランS)の格安SIMも存在しますが、200Kbpsが一般的です。

UQモバイル節約モード時の速度比較、300Kbps vs 200Kbps

さて、通信速度が200kbps の世界とはどんなものでしょうか。何ができて、何ができないのか?色々と検証してみました。

高速 / 低速の切り替えが可能な格安SIM一覧

ウェブサイトの閲覧

閲覧するウェブサイトによって大きく変わりますが、200kbpsでウェブサイトを次々とみていくのは相当のストレスがたまります。Google検索などのテキストベースのものであれば、結構普通に閲覧できます。ある程度のサイズのあるサイトは、1ページや2ページを見る分にはなんとかなりますが、ウェブサーフィンをするのは事実上無理と言ってよいと思います。

LINE

・メッセージ
テキストやスタンプの送受信は普通にできます。高速通信時と全く同じです。しかし、写真を送るとなると、送信完了までの時間を表すアイコンが表示されます。長いものだと送信するのに10秒くらいかかります。とはいえ、メッセージのやりとりは問題なくできるレベルです。

ビデオ通話
今まで200kbpsでビデオ通話を使ったことがありませんでしたが、今回初めて試してみました。相手方がWi-Fi環境で、こちらがOCNモバイルONEのターボをオフにした状態(200kbps)。

通話に関していえば、とてもクリアに聞こえました。相手方はこちらの音声について、通常のLINE通話とさほど変わらないとコメント。200kbpsの速度で話していると伝えると、ビックリしていました。

映像の方は画質が悪く動きもカクカクでしたが、映像自体が見えなくなることはありませんでした。当初は全く期待していなかったビデオ通話ですが、200kbpsでもなんとかなるレベルのようです。

メール

メールの使用も普通にできますが、大きなファイルを送信する際は、当然それなりの時間を要します。例えば、200kbpsで10MBの写真を送るには、約400秒かかる計算になります。

Youtube

144pの画質であれば、途中で止まることなく視聴できます。ただし、動画が開始されるまでに結構時間がかかりますし、途中で広告が入る場合は止まります。あと、再生位置を変えると、画面が読み込み状態になりそのままエラーになってしまうこともあります。

200KbpsでもYouTube動画の視聴は可能ですが、より快適に視聴したいのなら、低速時の速度が300Kbps出るUQモバイルをおススメします。300Kbpsであれば240pの動画も視聴できますし、YouTubeを操作するうえでの快適度が全然違います。

UQモバイルの料金プラン「スマホプラン」を解説

マップ

表示させる地図がキャッシュされている場合は別ですが、地図の表示には時間がかかります。2~3分かかることもあります。よって、200kbpsでマップを使うのは厳しいです。

しかし、ナビは使えます。最初の地図の表示に時間がかかるものの、ナビが開始されれば、通常時とほぼ変わりません。車で走ってても、現在地の地図の表示が遅れることはありませんし、音声ナビもほぼ通常通りです。

アプリのダウンロード

アプリのダウンロードは可能です。猛烈に時間がかかりますが、普通のサイズのアプリなら途中でタイムアウトになることもありません。1GB近くあるアプリは低速モードでダウンロードしたことがないのでわかりません。

参考までに、App Storeでダウンロードした際にかかった時間を計測してみました。使ったSIMはmineo ドコモプラン、mineoスイッチ節約オンの状態(200kbps)。

My Softbankプラス(8.5MB)6分8秒。
radiko.jp(7MB)6分22秒
Skype(80.6MB)40分34秒

Apple Music

iOSの「設定」で「モバイルデータ通信で高音質」をオフにすれば、Apple Musicも問題なく聴けるレベルです。ただ、シングルの曲やアルバムで最初に聴く曲は、曲の序盤に何度か止まることが多いです。それ以外で止まることはほぼなく、1時間くらいかけっぱなしで聴いていられます。

関連記事

格安SIMの基礎知識

格安SIM メニュー



上へ戻る