ワイモバイルのスマホベーシックプランを解説

最終更新日:
スマホベーシックプラン

数百社以上がひしめく格安SIM市場で、圧倒的な人気を誇るのがワイモバイルです。調査会社のMMD研究所が2020年11月に公表したレポートによると、ワイモバイルのシェアはドコモ(34.9%)、au(24.6%)、ソフトバンク(15.5%)に次ぐ第4位でシェアは7.2%。キャリアのサブブランドを除く格安SIM全体のシェアが12.3%なので、その人気ぶりは突出しています。

そんなワイモバイルの主要プランが、「スマホベーシックプラン」です。iPhoneやAndroidスマホでワイモバイルのSIMカードを利用する方は、ほぼ全員が同プランに加入することになります。

当記事では、スマホベーシックプランの内容をわかりやすく解説しているので、申し込み前の参考にしてください。

スマホベーシックプランの概要

まずは、スマホベーシックプランの全体像を把握するために、その特徴を項目別に挙げてみます。

■データ通信

・基本データ容量は月に3GB、10GB、14GBの3種類。

・最初の13カ月間は「データ増量オプション(月額500円)」が無料のため、実質的に月に4GB、13GB、17GB使える。

・当月に余ったデータ容量は翌月に繰り越せない。

・シェアプランに加入すれば、最大4枚のSIMカードでデータ容量のシェアが可能。

■音声通話

・1回10分以内の国内通話が何度でも無料。

・月額1,000円の「スーパーだれとでも定額」に加入すれば、回数・時間制限なしでかけ放題。

・他の格安SIMとは違い、発信時に専用アプリ(プレフィックス番号)が不要。

■速度

・ソフトバンクと同等。

・プランM/Rでは、容量を使い切った後でも1Mbps。プランSは300Kbps(0.3Mbps)。

■料金

・契約翌月から6カ月間は700円割引。

・いつ解約しても違約金なし。

■割引

・Y!mobileオンラインストアの事務手数料無料。

・SIM単体契約:PayPayボーナスライト最大14,000円分還元

・スマホ購入:PayPayボーナスライト最大8,555円還元

・家族割:2回線目以降、毎月500円割引

■特典

・多岐にわたるPayPay特典。

・月額462円のYahoo!プレミアムが無料。

・パケットマイレージ:ランクに応じてデータ容量が無料でもらえる。

スマホベーシックプランの料金体系

スマホベーシックプランは、10分かけ放題とデータ通信がセットになったプランで、基本データ容量によりプランS(3GB)、プランM(10GB)、プランR(14GB)の3つを提供しています。契約期間は無いので、いつ解約しても違約金が発生することはありません。

容量

プランS

プランM

プランR

基本容量

3GB

10GB

14GB

基本料金

2,680円

3,680円

4,680円

新規割

-700円(契約翌月から6カ月間)

月額料金

~7カ月目

1,980円

2,980円

3,980円

8カ月目以降

2,680円

3,680円

4,680円

スマホベーシックプランS/M/Rのどれが自分に適しているのかわからない方は、公式サイトのスマホプラン診断を受けてみてください。

【公式】スマホプラン診断

13カ月間は無料で増量

スマホベーシックプランの申し込み時に、「データ増量オプション(月額550円)」に加入すると、「データ増量無料キャンペーン2」の適用により、契約から13カ月間はオプション料金が無料になります。14カ月目以降は課金されるため、必要が無ければ13カ月目にオプションを解約するようにしましょう。

解約はMy Y!mobileの「契約・オプション管理」からいつでも可能です。

ワイモバイル、データ増量オプションの解説とオートチャージ(快適モード)の設定方法

データ増量オプション加入時のデータ容量

 

プランS

プランM

プランR

基本容量

3GB

10GB

14GB

データ増量
オプション

1GB

3GB

3GB

合計容量

4GB

13GB

17GB

月額1,000円の追加料金で時間制限無しのかけ放題が可能

スーパーだれとでも定額

スマホベーシックプランの大きな特徴の1つは、時間・回数無制限で国内通話ができる「スーパーだれとでも定額(月額1,000円)」に加入できることです。これが理由でワイモバイルを選ぶユーザーも多くいるほどです。

格安SIMでは、ほとんどの会社が5分または10分以内の通話を無料でできるかけ放題サービスを提供しています。しかし、時間制限の無い文字通りの「かけ放題」を提供しているのは、ワイモバイルとUQモバイルのみです。スマホベーシックプランは、追加料金を払わなくても10分以内の国内通話が無料ですが、10分では足りないという方には「スーパーだれとでも定額」はおススメです。

発信時にプレフィックス番号が不要

以前、格安SIM最大の弱点は、かけ放題サービスが無いことだとされてきましたが、今ではほとんどの格安SIMが時間制限付きではあるものの、かけ放題サービスを提供しています。

ただし、ワイモバイルとUQモバイルを除くほぼすべての格安SIMは、無料通話を行う際、各社が提供する専用の通話アプリから発信するか、相手先電話番号の先頭に「003768」などのプレフィックス番号と呼ばれる番号を追加して発信しなければなりません。これをせず、スマホ内蔵の電話アプリから発信すると、通常料金が発生してしまいます。さらに、固定電話にかけた際、相手に発信者番号が通知されないプレフィックス通話サービスも多くあります。

この点において、ワイモバイルとUQモバイルは、格安SIMでは別格です。携帯キャリアが直接・間接的に運営する格安SIMは様々な恩恵を受けることができるのです。

最大の弱点は容量の繰り越しができないこと

スマホベーシックプランは、当月に使い切れず余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができません。例えば、プランMを契約している場合、月に使える容量は10GBですが、もし当月に4GBしか使わなかったとしても、残りの6GBを翌月分に加算することはできません。

ワイモバイルのスマホベーシックプランは最強クラスの料金プランだと思いますが、容量の繰り越しができないことだけは、欠点と言えると思います。もしこの点がどうしても気になるという方は、UQモバイルを検討してみてください。

楽天モバイル、UQモバイル、ワイモバイルを項目別に比較

ソフトバンクと同等の通信速度

格安SIM選びにおいて最も気になることの1つが、通信速度に関することではないでしょうか。格安SIMの中には、びっくりするほど遅いものがあるので、ユーザーが通信速度について心配するのは無理もないことでしょう。

しかし、ワイモバイルはこの点に関して、一切の心配は無用です。ほとんどの格安SIMが大きく速度を落とす平日昼休みの時間帯であっても、ワイモバイルはガンガン速度が出ます。本家ソフトバンクと比較しても全く遜色がありません。

当サイトは定期的に格安SIMの速度テストを実施しているので、詳しくは以下の記事で確認してください。

ワイモバイルとソフトバンクの速度比較

速度比較:ワイモバイル vs UQモバイル

どっちがお得?ワイモバイルとヤフーモバイル

オンラインでワイモバイルに申し込む際、窓口となる公式サイトは2つあります。ワイモバイルとヤフーモバイルです。どちらから申し込んでも商品や料金プラン、通信サービスは同じですが、実施しているキャンペーンや端末の販売価格が違うことがあります。ワイモバイルとヤフーモバイルの違いは、以下の記事で解説しています。

ワイモバイルとヤフーモバイルの違いとは?

PayPayによる還元がかなりお得

スマホベーシックプランの契約者は、ソフトバンクが運営に携わるPayPayにおいて、多岐にわたる優遇を享受することができます。例えば、Yahoo!ショッピングやPayPayモール、PayPayフリマでは対象金額の最大20%、Yahoo!トラベルでは最大9%がPayPay残高に還元されます(一部1%のTポイントを含む)。

また、ワイモバイルの利用料金をPayPay残高で支払ったり、「ワイモバイルまとめて支払い」からPayPayにチャージすることも可能です。

ワイモバイルとソフトバンクユーザーが優遇を受けるPayPayキャンペーン一覧

●QRコード決済のシェアはPayPayが断トツで1位
PayPayは数あるQRコード決済の中でも圧倒的なシェアを獲得しています。調査会社のMMD研究所が2019年10月に公表した資料によると、「現在メインで利用しているQRコード決済サービス」は、PayPay(44.2%)、楽天Pay(17.1%)、LINE Pay(13.6%)の順に多く、PayPayが2位以下を大きく引き離す結果となりました。

割引・還元キャンペーン

ワイモバイルとヤフーモバイルの双方で、割引・還元キャンペーンを実施しています。

ワイモバイルとヤフーモバイルの最新キャンペーン情報

●事務手数料が無料
Y!mobileオンラインストアから申し込むと、ヤフーモバイルや店舗で3,300円かかる契約事務手数料が無料。

●PayPayキャンペーン
Y!mobileオンラインストアからMNPでSIMカードを申し込み、スマホベーシックプランMまたはRに加入すると、6,000円分のPayPayボーナスを還元。ソフトバンクからの番号移行は対象外。新規契約でプランM/R、またはMNPでプランSに加入の場合は3,000円分のPayPayボーナスを還元。どこでももらえる特典(3,000円)、事務手数料無料(3,300円)と併用することで、最大12,300円オトク。

●「どこでももらえる特典」

店舗またはオンラインストアからスマホベーシックプランを契約すると、3,000円分のPayPayボーナスライトを還元。同特典は他のキャンペーンと併用が可能です。

ワイモバイル、「どこでももらえる特典」開始 3,000円分のPayPay還元

●SIMカードご契約特典
ヤフーモバイルから、MNPまたは新規でSIMカードを申し込みスマホベーシックプランに加入すると、3,300円分のPayPayボーナスライトを還元。スマホベーシックプランMまたはRの加入だと4.400円分追加。さらに、毎月5のつく日(5日、15日、25日)と日曜日にMNPで申し込むと3,300円分を上乗せ。「どこでももらえる特典」と合わせせると、還元額は最大14,000円分。

●スマホご契約特典
ヤフーモバイルから、毎月5のつく日(5日、15日、25日)と日曜日に新規・のりかえ(MNP)で対象機種を契約すると、5,555円分のPayPayボーナスライトを還元。番号移行・機種変更・契約変更の場合の還元額は2,555円分。iPhoneの契約も対象。「どこでももらえる特典」と合わせせると、還元額は最大8,555円。

●家族割引サービス
2回線目以降の月額料金が最大9回線まで500円割引。「家族割引サービス」は、住所が異なる家族や親戚(親等数の制限無し)でも対象になるうえに、同一住所の恋人であっても対象になります。

申し込み方法
家族の中にすでにワイモバイルを契約している方がいる場合、2回線目以降の申し込みはY!mobileオンラインストアからでも可能です。申し込み画面で「家族割引サービス」にチェックを入れて手続きを進めてください。

家族割引サービス

家族で複数のワイモバイル回線をすでに契約している場合、ワイモバイルショップなどの実店舗で手続きをしてください。オンラインストアでは、家族割引サービスのみの手続きはできません。

【公式】Y!mobileオンラインストア

関連記事

最新情報

Y!mobile 最新記事

格安SIM メニュー



上へ戻る