ワイモバイルのeSIMを解説、デメリットや申し込み前の注意点は?

最終更新日:

ワイモバイルは2021年3月からeSIMを提供しています。当初は対応端末がAndroidのみでしたが、今ではiPhoneにも対応しています。当記事では、ワイモバイルのeSIMの概要や申し込み前に知っておきたい注意点、eSIMの設定方法などを解説しているので、ワイモバイルのeSIMが気になっている方は参考にしてください。

eSIMのメリットとデメリット

メリットとデメリット

SIMカードではなく、わざわざeSIMを選択するメリットとデメリットをそれぞれつらつらと列挙しようかと思いましたが、色々と考えた結果、eSIMのメリットとデメリットは、以下のことに集約されるとの結論に至りました..。

eSIMのメリット

・複数のSIMを一台の端末で利用できる。

eSIMのデメリット

・eSIMを再インストールするとき若干手間がかかる。場合によっては大きな手間がかかる。

eSIMのメリット

まずeSIMのメリットについては、スマホのデュアルSIM機能を活用できることがほぼすべてです。ワイモバイルのeSIMをスマホにインストールすれば、他社のSIMカードも同じスマホに挿入して利用できるため、一台のスマホでふたつのSIMを使い分けることが可能になります。例えば、仕事用とプライベート用に複数のSIMが必要なとき、eSIMを使わない手はありません。

eSIMを使うもう一つのメリットがあるとすれば、契約後すぐに使い始められることでしょうか。オンラインでSIMカードを契約すると、SIMカードが届くまでに数日かかりますが、eSIMなら約1時間ほどで使えるようになります。これも状況によっては、大きなメリットになると思います。

eSIMのデメリット

eSIMのデメリットは、eSIMを削除して同じスマホに再インストールするときや機種変更で別のスマホに再インストールするとき、若干の手間がかかることです。このこと自体は大きな手間ではないのですが、間違った手順で進めてしまうと、eSIMが使えなくなり、ワイモバイルショップで復活の手続きをしなくてはいけないことにもなりかねません。そうなると、実店舗での手続きには3,300円の手数料がかかるので、余計な出費が生まれてしまいます。

eSIM再発行時の注意点機種変更時の注意点は後述するので、とりあえず、eSIMを再インストールする際は注意が必要とだけ覚えておいてください。ネットやスマホに全く慣れていない方は、SIMカードをおススメします。

【公式】ワイモバイル eSIM特集ページ

ワイモバイルのeSIMの概要

eSIMの対応機種と動作確認機種

eSIM対応のスマホやタブレットが発売されるようになったのはここ数年のことです。まずは、お持ちの機種がeSIMに対応しているか確認する必要がります。

iPhoneのeSIM対応機種

・iPhone 13 / 13 mini / 13 Pro / 13 Pro Max
・iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max
・iPhone SE(第2世代)
・iPhone 11 / 11 Pro
・iPhone XS / XS Max / XR

iPadのeSIM対応機種

・11インチiPad Pro(第1世代以降)
・12.9インチiPad Pro(第3世代以降)
・iPad Air(第3世代と第4世代)
・iPad(第7世代以降)
・iPad mini(第5世代以降)

ワイモバイルは公式サイトに、eSIMの動作確認機種の一覧を掲載しています。スマホの他にiPadの動作確認も掲載しているので、ご利用予定の機種が含まれているかどうか、契約前に一度確認しておくことをおススメします。

【公式】eSIMの動作確認機種(ページの中ほど)

iPhoneでeSIMを利用する際の注意点

iPhoneでeSIMを利用する場合、ワイモバイルが提供する以下のオプションサービスは利用できません。

・みまもりマップ
・災害用伝言板/災害用音声お届けサービス

どちらも他の無料サービスで代用できるので(探すアプリやLINE)、影響を受ける方はほとんどいないと思いますが、利用する予定がある方は、SIMカードを契約するようにしてください。

eSIMの料金プラン

シンプル

eSIMを契約して加入できる料金プランは、SIMカードを契約する場合と変わりません。ワイモバイルのスマホ向け料金プランである「シンプルS/M/L」です。ワイモバイルの既存ユーザーで、旧プラン(スマホプラン、スマホベーシックプラン)に加入している方についても、eSIMに変更することができます。

ワイモバイルのシンプルプランを解説

SIMカードからeSIMに変更する場合

ワイモバイルのSIMカードを利用している方がeSIMに変更する場合、オンラインでは手続きができません。ワイモバイルショップに出向く必要があります。手数料3,300円。

eSIMも5Gに対応

ワイモバイルのeSIMは5Gに対応しています。iPhone 12などの5G対応端末でeSIMを利用する方は、5G対応エリアであれば5G通信が可能です。ちなみに、ワイモバイルはソフトバンクの通信回線を使用しているため、エリアはソフトバンクのそれと同じです。

【公式】5G対応エリア

ワイモバイルが販売する5G対応機種

5G対応スマホをお持ちでない方は、Y!mobileオンラインショップで購入することができます。ワイモバイルが販売している5G対応スマホは以下の通り。

・iPhone 12
・iPhone 12 mini
・Xperia 10 III
・OPPO Reno5 A
・Libero 5G

eSIMの設定方法

ワイモバイルのeSIMは、設定情報をまとめたプロファイルをスマホのQRコードなどで読み込むことで、利用できるようになります。詳しい手順と設定方法は以下の記事で解説しているので、参考にしてください。

ワイモバイル、eSIMの申し込みと設定方法

公式サイトでも設定方法の説明があります。

【公式】eSIMの設定方法

iPhoneではAPN設定不要

ワイモバイルのeSIMをiPhoneで利用する際、APN設定は必要ありません。eSIMのプロファイルをiPhoneにインストールするだけで、モバイルデータ通信が可能です。iPadでeSIMを利用する場合はAPN設定が必要です。

【公式】ワイモバイル回線の通信設定をする

eSIM再発行時の注意点

端末にインストールしたeSIMを削除して、もう一度eSIMを入れなおしたいときや別の端末でeSIMを利用したいときは、My Y!mobileから無料でeSIM(QRコード)を再発行することができます。

ただし、eSIMのQRコードを再発行する前に、端末からeSIMを削除してしまうと、再発行の申し込みをした後にeSIMの電話番号に届く3桁のセキュリティコードを受け取ることができません。このコードがないと本人確認ができないため、eSIMの再発行ページにアクセスすることができなくなってしまいます。

従って、eSIMを再発行する前に、インストール済みのeSIMを削除しないでください。

eSIM再発行の手順は以下の通り。

1. eSIM再発行手続きのボタンをクリック。

2. My Y!mobileにログイン。

3.「eSIM再発行手続き」ページが開くので、「申込する」をクリック。

4. 「以上の内容を確認しました。」にチェックを入れて、「申込」をクリック。

5. eSIMの電話番号に届く3桁のセキュリティコードを入力。

7. メールアドレスまたは電話番号に届く「eSIMプロファイル発行完了のお知らせ」に記載のURLにアクセスする。

6. ログインすると、eSIMプロファイルのQRコードが表示される。

7. 再発行したeSIMをインストールして回線の切り替えをした後、電話とネットが繋がることを確認したうえで、旧eSIMプロファイルを削除する。

【公式】eSIM再発行のお手続き方法

機種変更する場合

公式サイトの案内によると、ワイモバイルのeSIMプロファイルには、機種別に複数の種類があるそうです。従って、eSIMをインストールした機種から他の機種に変更したいときは、オンラインで完結するeSIMの再発行手続きではなく、実店舗のみで受け付けている機種変更手続きをする必要があります。実店舗での対応なので手数料が3,300円かかります。

しかし、筆者は頻繁にeSIMを再発行して、iPhone 12、12 Pro、11でeSIMを取っ替え引っ替えしています。少なくともこれら3機種においては、同じ種類のeSIMプロファイルが使われているので、わざわざ実店舗に足を運ぶ必要はありません。

試したことはないですが、iPhoneからAndroidへの機種変更などは、機種変更手続きが必要になるかもしれません。

【公式】Y!mobileオンラインストア

関連記事

最新情報

Y!mobile 最新記事

格安SIM比較 メニュー



上へ戻る